忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼を近所ですませるコトにいたします。
    6239656c.jpg妻家房の四谷本店。
    平日のココは、近所に韓国大使館の一部機能が移ったというコトもあり、大使館関係の人達が社員食堂のように使っているココも、休日の昼。
    韓流マダムがメインの客層。
    それから近所のファミリー客でありましょうか…、小さな子供連れのグループ客がかなり続々、やってくる。
    ファミリーで一緒に韓国料理という、一昔前なら考えられないこうした現象。
    今の韓国料理って、かつての中国料理のような気軽な料理になったのかなぁ…、って思ったりする、どうだろう。

    スンドゥブチゲを定食にする。

    5ac76688.jpgここのランチの定食は、石焼ビビンパとチヂミが名物。
    それまで焼肉レストランの〆やサイドの一品として、ついでに食べられる存在だったその両方を、それを食べるためワザワザやってくる価値のある、メイン料理的に扱い、評判とった店。
    それがココでありますからして。
    石焼ビビンパとチヂミのセットなんて料理も用意されてて、かなりの人がそれをとってる。
    他にもプルコギ。
    ソルロンタンと魅力的なる料理があって、けれど今日。
    ちょっと風邪気味。
    朝御飯を食べてから、急に席が止まらない。
    しかも鼻水がズルズル出てきて、こりゃ、なにか体を中から温めるモノを食べてしのがなくっちゃ…、と。
    それでスンドゥブチゲにした。

    スンドゥブチゲにはいろんな流儀があってお店によってかなり出来栄え違ったりする。
    特に食感。
    ポッテリとしたポタージュタイプ。
    まるで麻婆豆腐のようなトロトロとした食感のモノがその一方。
    サラッと濃度がそれほどはない。
    コンソメのようなスープで豆腐や具材が焚かれてるという、サラサラタイプがもう一方。
    ココのお店のは後者の代表…、だから今日の疲れたお腹や喉にサッパリ、おいしいかなぁと思って選んで食べたのでした。

    74b343cd.jpgサラッと食感やさしくて、けれど味わいドッシリしてる。
    お腹に負担にならない感じ。
    イカゲソ、アサリ、それから小さなむきえびとうま味を持った海の具材がタップリ入る。
    スープのベースは牛肉スープ。
    肉のうま味と海のうま味が混じり合う。
    奥行き、深み、しかも飲んだ瞬間のパーンッと爆発するような味がおりなす複雑な味。
    辛味はスパッと抜けがよく、決してヒーハーすることはない。
    けれど食べてるうちにどんどん、体が中からあったまる。
    生の玉子を落としてそのままもってくるのが一般的な日本のお店の作り方。
    けれどココは煮込む途中で玉子を落とす。
    だから出来上がったときには既に、玉子に熱が通ってる。
    チリチリとした白身がムッチリ、舌を撫でて喉をスルンと滑っておちる。
    豆腐の食感とよく似てて、けれど豆腐にはないハリある舌触りがとても独特…、韓国的でこれも良し。

    それにしてもココの店。
    キムチがやっぱりおいしくていい。
    もともとキムチを作って販売していたお店。
    韓国料理のキムチというモノ…、漬物でもあり、料理の一部をなす食材でもある。
    それと同時に料理の味付けをする調味料でもある大切なモノ…、それがおいしいというコトは料理がおいしいというコトでもあったりします。
    韓国海苔がタップリつくのも韓国的で、それをちぎってチゲに投入。
    海のうま味をなお濃厚にしてハフハフと、ご飯をお腹におさめて味わう…、ココロもみちるオゴチソウ。

    ところで妻家房の看板の脇に「ダイマス」っていう黄色い小さな看板がちょこっと顔をのぞかせている…、そのフルバージョンがこれであります。

    skbdaimasu.jpg大増っていう不動産屋さんの袖看板なのだけれど、お店の前にはフルバージョン。
    店の端から端まで使った大きな看板がコレであります。

    「ダイマスノスマイダ」。
    大増の住まいだ!という威勢のよいキャッチフレーズでありますけれど。
    前から読んでもダイマスノスマイダ。
    後ろから読んでもダイマスノスマイダという見事な回文。

    もしかしたら、このキャッチフレーズを使いたかったから、お店の名前を大増にしたのかなぁ…、って思ってしまうほどに痛快。
    四谷三丁目に住む前に何度かこの看板を見る機会がありまして、もしこの街に住むことになったら、この大増さんに住まいをお世話してもらおうか…、と思っていたりもしたほどに一回見たら忘れられないハイインパクト。
    今日は青空、ダイマスノスマイダって大きな声で音読しつつ、家に帰ります、月曜日。



    関連ランキング:韓国料理 | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅


     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    うっかり・・・
    月曜日
    今日は会社に行かなかったんだ~ なんて読んでましたが、今日は祭日でしたね
    全く最近、曜日感覚がありません
    koutagawaさん / 2011/10/10(Mon) / URL
    そうなんですよねぇ
    > koutagawaさん
    一週間という単位がまるで頭の中にない状態。
    わかります。
    明日に向けての準備を家でじんわりしております。
    サカキシンイチロウさん / 2011/10/10(Mon) /
    無題
    昔々、焼き肉屋さんで〆のメニュー、冷麺とかビビンバが好きで、肉で満腹の状態で食べてもこれだけ美味しいのだから、空腹で食べたらどんな味なんだろう。これだけ注文してもいいようなレストランはなぜないのかと、焼き肉を食べるたびに思っていました。
    今、当たり前にあるような焼き肉屋以外の韓国料理屋を普及させてくれた人は偉い!きっとこのお店もその一端を担ってくれたんだろうなと読んでいて思いました。

    さとこさん / 2011/10/11(Tue) /
    〆じゃない料理
    > さとこさん
    〆じゃない冷麺とか、〆じゃないビビンパとか。
    東京ではちょっとづつそうした料理がたのしめるようになりはじめています。
    例えば海外にいって、うどんを食べたいだけなのに、コース料理の〆じゃないとうどんはダメ…、って言われたら、かなりガッカリしますものね。
    ある意味、日本の韓国料理はずっと焼肉料理だったのかもしれないなぁ…、って思ったりも。
    多様な食文化、もっと気軽にたのしみたいですね。
    サカキシンイチロウさん / 2011/10/11(Tue) /
    ディープフライドオレオクッキー HOME 昨夜のパンと今朝の飯
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]