忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼を近所の「の弥七」で。ずっと気になり来たかったんだけど、土曜日の昼に限っていつも何かの用事があって、それで本当にひさしぶり。



    開店とほとんど同時にやってきて、案内されたテーブル以外にはすでにテーブルセッティング。
    今日はこの席以外、予約でふさがっておりまして…、って。
    夜にお店の前を通っても、いつもにぎやか。開店早々、お客様がついてくれているって、なんてシアワセ。繁盛しているお店は空気も明るくたのしい。



    お昼の定食以外にも、お弁当があるというのでそれをたのんだ。
    まずはお餅がやってくる。
    小ぶりの四角いお餅がこんがり、焼かれてお皿にのっかる。「間もなくお正月でもありますし…」と、前菜代わりのこの一品。



    真ん中でスパッと切られた焼けた餅。中にオレンジ色の何かが挟まっていて、きけがこれが自家製からすみ。
    日本酒で洗って作るからすみを、うちは中国料理屋さんだからと中国の酒、パイチューを使っているんです…、と、食べると確かにどこか中国料理的なる風味があって、ムッチリネットリ。餅と一緒に口の中でとろけてく。
    最初のひと品にこういう料理が出てくると、思わずお酒!とたのんじゃう。



    赤い塗りの弁当箱。蓋をあけると中は四つ割り。
    ココの名物の麻婆豆腐を中心に、前菜料理に刺身に点心。
    蓋を開ける前からフワリと漂っていた柚子の香り。どこからそんな匂いがやってくるんだろう…、と目を凝らしたら、刺身のサイドに大根おろし。上にチョコンとすりおろした柚子、ラー油で和えた白髪ネギのあしらいがある。
    そこから香りがやってくる。魚はブリで、それをポン酢で食べるという。



    吹き寄せ風に料理が詰まったお皿の中には、醤油で煮込んだつぶ貝に、自家製チャーシュー。
    鶏の出汁で作っただし巻き卵は、ココのスペシャリテのひとつになった感すらあって、食べるたびに滋養に満ちたおいしさ感じる。
    丹波の黒豆をシナモン風味にしたてたかき揚げ。さつまいもの飴炊きもありと多彩な味わい。この入念には頭が下がる。
    エビの餃子に、エビ焼売。玉ねぎを刻んで入れた豚肉焼売と点心類も味わいぶかくご飯を食べるコトも忘れて、味わいたのしむ。



    赤こんにゃくに、煮崩し仕込んだ牛すじ肉がネットリ旨い麻婆豆腐。
    ビリッと辛く、痛快なほどに山椒の痺れがたのしい味で、これでご飯をもりもり食べる。
    キュウリのしば漬け、薄切り大根の浅漬とご飯のお供に事欠かず、あおさの海苔で作ったスープもやさしいおいしさ。
    こういう料理でお腹を満たすことこそシアワセ…、ってウットリします。



    食後の甘味は杏仁豆腐。スベスベしたのと、ムッチリしたのを一緒に味わい、甘さに慣れた舌にフルーツ、晩白柚。
    シャキシャキとした歯ざわりに、軽い苦味にやさしい酸味。
    シアワセなる昼…、オゴチソウ。


    関連ランキング:中華料理 | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    昨日、伺いました。
    今日なら遭遇出来たんですね~(残念)
    紫蘇が苦手なので初めて伺った時お魚の炒めものに紫蘇が入っているとは思わず、びっくりでしたけど、
    コンスタントに通ってます。
    毎回紫蘇抜きでてってお願いするのですが、
    毎回紫蘇あえのお漬物が添えてあったりして、
    ある種初々しさかな?と思っています。
    waimeaさん / 2014/12/20(Sat) /
    若々しい店
    > waimeaさん
    確かに若々しくてらっしゃる。
    特にサービスがもっと洗練されてくれると、会食や接待にも使えるお店になるのになぁ…、と思うことはあります。
    けれどそれも、これから熟していくたのしみが残されていると思うといとおしくなっちゃいます。
    期待し続けたいお店のひとつですよね。
    サカキシンイチロウさん / 2014/12/20(Sat) /
    ひさしぶりなり、幸永の夜 HOME アサンドイッチ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]