忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜に紅とん。ひさしぶり。



    チェーン店ではあるけれど、人がそれほど頻繁に変わらないのがうれしい店で、ひさしぶりに来た今日も馴染みの人に挨拶される。
    飲食店は人と人とのつながりでできてるんだなぁ…、って思ったりする。
    それにしても金曜の夜というのに今日は、しんみり静か。お盆休みに遊びすぎたからなんでしょうか…、ボクらを含めて4組程度。
    その分、料理がテキパキでます。ありがたい。



    まずはおつまみ。野菜の料理を中心に。
    セロリの浅漬はシャキシャキ、前歯がくすぐったくなるような繊維の食感おもしろく、ネギはクシュッと奥歯で潰れる。
    ビリリと辛くて、そこに塩ダレ。ごま油。かつお節の風味が混じって一口ごとに食欲が出る。
    マカロニサラダに七味をかけて、大人味にしてムチュンと食べる。手間をかけたわけじゃないけど、気がきいていてたのしく会話をはずませるのにはこれで十分。



    それから串物。ココで絶対外せないのは赤ウィンナさん。切り目を入れて串に刺し炭で炙っただけなんだけど、不思議とコレがおいしいのです。
    塩と胡椒をたっぷりふって焼いていて、炭焼小屋風とでもいいましょうか。カルボナーラウィンナーなんて言ってもいいか…、なんて思った。
    ムチュンムチュンと味わいながら、生のキャベツをシャクシャク食べる。
    豚バラ肉のねぎまは脂がヒヤッとおいしく、煙の香りがまた旨い。
    うずら卵のフライは衣がカサカサ散らかり、プチュンと黄身がとろけるおいしさ。



    玉子メンチって新商品があってそれをたのんで試す。
    見た目は普通のメンチカツ。
    箸で真ん中からパカッと割ると、中から黄身がトロリとでてくる。断面見ると挽き肉を平べったくして上に目玉焼きをのっけてパン粉をまとわせる。
    それをカラッと揚げただけで、けれどこれが不思議とおいしい。
    ひき肉のムッチリとした食感に、ムチュンと歯切れる白身の食感。そこにトロリと黄身が混じって、これはたのしい。アイディア料理。



    ちなみにソースはブルドッグソース。
    おばぁちゃんもお母さんもソースはブルドッグ…、とラベルに書いてあるけれど、田舎にいた頃はソースはイカリソースだったなぁ。
    しかも大抵ウスターソース。
    だから今でも家で使うソースはウスター。とんかつソースや中濃ソースの使い勝手が欲しい時には、ケチャップ混ぜて使ったりする。
    場所が変わればソースも変わる。日本の食の多彩な豊かを感じます。


    関連ランキング:焼きとん | 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅



    ところでこれ、世界のいろんな国でビールを乾杯するやり方をまとめたビデオ。



    ドイツでは目を合わせながマグをカチンと鳴らすのだけど、ハンガリーではグラスは当てず音を点てない。
    アルメニアでは最後の一滴を注がれた人が次のビールをおごるというし、ブラジルでは大きな瓶をみんなで分ける。そうすればいつも冷たいビールが飲めるからというのが理由。
    中国では主賓より高い位置にグラスを当てちゃいけないという。これは日本のクラブなんかでも同じですな。
    日本人は互いにお酌をしあい、アイルランド人はテーブルを囲むみんなの分を誰かがおごる。次の一杯は別の誰かがみんなにおごる。
    アメリカ人は主催者が乾杯の音頭をとる…、というのだけれどボクの乾杯はアメリカ的かなぁ。どうなんだろう、オモシロイ。

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    乾杯も・・・
    色んな流儀があるんですね♪
    どぶりんさん / 2015/08/23(Sun) / URL
    お国柄
    > どぶりんさん
    ビックリしますよね。
    こういうコトがわかった上で、海外にいくと余計たのしくなりそうですね。
    サカキシンイチロウさん / 2015/08/23(Sun) /
    ひさしぶりなり、キッチンたかで肉喰らう HOME アサソバヒルスパ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]