忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ひさしぶりに会う友人が、おいしい肉を食べたいという。それでこれまたひさしぶりのレストランMにやってくる。



    牛込柳町という大江戸線ができるまで、陸の孤島のような場所にある小さなお店。
    メインの通りに面している。けれど不思議な隠れ家感を持ったお店で、知らずに歩くと多分見過ごす。
    小さな潜戸みたいな入り口をくぐるとオープンキッチンにカウンター。座り心地の良いテーブルが並んで、どこに座ってもおいしい料理の気配がしてくる。



    ウェルカムシャンペンを飲みながら、まず最初の料理。
    細焼きのバゲットをトーストしたのにイベリコ豚のリエット。それからオリーブオイル。
    これが樹齢100年以上のオリーブをしぼって作ったというモノで、透き通っていて緑の香りがなんとも爽やか。
    ネットリとしたリエットとサックリとしたパンの対局にある食感が口の中でひとつにとろけて、お腹の準備ができていく。



    冷たい前菜を2種類いただく。
    一口大に切り分けられた帆立の上にトリュフのソース。コンソメジュレと軽い酸味のソースを合わせて、ネットリとした貝独特の歯ざわりたのしむ。
    それに続いて真鴨のフォアグラ。生の赤えびと一緒に味わう。ムチュンと歯切れるエビの甘さに、ネットリとしたフォアグラの渋みが混じってなんとも旨い。
    世の贅沢の中でボクはこのフォアグラが一番好きで、だから気持ちが盛り上がる。



    熱い前菜にグラタンが来る。
    ズワイのほぐし身にトマトを合わせたグラタンで、小さなお皿にこんもり、タップリ。軽いベシャメルソースにチーズ。カニの旨みジュースがとろけて、グラタンなのにみずみずしい。
    スープの一滴残さずパンに染ませて、しっとり食べる。さぁ、メイン。



    栃木県のさくら市で育てられた梅山豚のヒレのロースト。
    芯が見事なロゼ色で、ネットリ歯茎にからみつくような、入念にして絶妙なる焼き加減。
    肉汁に詰めたソースに胡椒。塩を強めにほどこして、肉そのものの味をたのしむ。ミルキー。そして繊細ではざわりなめらか。肉感的なるオゴチソウ。



    友人がたのんだ薩摩の正真正銘の黒豚ロース。肉の繊維が頑丈で、噛むとジャキッと前歯においしい。
    そして脂の旨みが口に広がって、焦げた肉の香りも濃密。ヒレが女性的なるふくよかで、ロースは男性的にたくましい。
    一年熟成させたジャガイモのローストも、肉の脂を吸い込み旨い。



    そして〆の帆立のリゾット。
    ゴルゴンゾーラチーズの風味で味わうという。海のモノとゴルゴンゾーラって相性いいのか?と、たのんだときには思ったけれど、これがなかなか。
    青カビチーズの渋みと帆立の甘みの相性抜群でホツホツ、アルデンテなるお米の歯ざわりもにぎやかでいい。お腹満足、堪能す。



    デザートになさいますか?
    それともチーズと言われてデザートはなんですか?…、焼いたリンゴとアイスクリームの盛り合わせと言われて、ガツンと別腹発動。
    水分をギリギリ飛ばして仕上げたリンゴが酸味を程よく保ったまんま。シナモン風味のアイスクリームはトロリととろける絶妙加減で、冷たいアップルパイを食べてるみたいな感じにウットリします。
    コーヒーもらってお腹を温め、クリスマス用のローストチキンをたのんで帰る。
    今どきピースサインがこれほど似合う中年男子が他にいようか…、と笑って1枚。三宅シェフとのツーショット。またご一緒に食事をしましょうと、家に向かって帰ります。


    関連ランキング:フレンチ | 牛込柳町駅若松河田駅曙橋駅

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    わぉんとりんご HOME ノエルティー
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]