忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    午前中、家でずっと仕事をしてて、午後から外出。その前に、ランチをとっておこうと近所の「パザパ」を選ぶ。



    プリフィックススタイルの気軽なフレンチビストロの、はしりのお店のひとつがココ。銀座でもなく赤坂でもなく、新宿でもなく四谷三丁目という街だからこそ、安い家賃でその分、気軽な値段でおいしいモノを楽しむことができる。
    だからお店のしつらえも、最低限の居心地良さがあればいい。
    そういう考えのお店がココをお手本に次々できて、今ではすっかり老舗になった。
    バゲットを温め出してくる気配りや、前菜料理には手間をかけずに、スピーディーに出るものばかりを選ぶやりかた。昔ながらでホッとする。



    ただ、かつての輝きはなくなっちゃった…。
    テリーヌはドッシリとした肉の旨味をしっかり感じる、素朴だけれどよき出来だけどサイドの野菜はモサモサしてて、鮮度管理が簡単なサラダ菜つかってそれでよしって感じがさみしい。
    ニース風のサラダも葉っぱはモサモサ系で、しかもキリッと冷えてないのね。
    何よりお皿の縁に他の料理のソースがついてやってくる。提供する前、ちょっと確認すればこういうところはわかるはずなんだけど、勿体ないなぁ…。



    シェフが一人でやってるからか、メニューの数も少なくなった。
    今日は前菜が4種類。メインは3つという品揃え。
    ココが昔から得意にしている、牛頬肉の赤ワイン煮はさすがに見事な出来栄えでフォークの背中でホロッとほぐれる。
    ゼラチン質がクチャっと歯茎にねばりつき、肉の繊維がパラリとほどける煮込み加減はすばらしい。ソースもドッシリ。奥行きのある味わいで、キャロットグラッセのおいしいことにはもうウットリ。



    一緒にテーブルを囲んだひとりがたのんで料理は「豚の尾っぽ」という名前。
    その名の通り、豚の尻尾をコトコト煮込み、その旨味とトロミで煮た豆を味わう趣向。
    始末な料理とでもいいますか。安い素材に手間をかけおいしい料理に仕立てるというビストロ料理の真骨頂…、ではあるのだけれど、ご婦人方が多いお店に軽い悲鳴が響き渡っていたりするのにクスッと笑う。
    煮込み料理が多くなるのも、厨房の中の都合を感じたりする。



    デザートのガトーショコラは味わい深く、ブランマンジェもポッテリ上等。
    けれどなんだかさみしいなぁ…。
    「パザパ」といえば「一歩一歩」という意味で、かつてのココは無理をせず、一歩一歩ちょっとづつお客様と一緒に前に進んでいるような感じがあった。
    けれど今では一歩づつ、階段を降りているような…。
    それも悪くはないのかなぁと、思いもします。仕事する。


    関連ランキング:フレンチ | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    一歩一歩降りる
    それも悪くはないのかも、と思いもする。

    最初に読んだ時は軽い衝撃を受けましたが、
    人もお店も年齢を重ねるといろいろある、ということでしょうか。
    悩ましいと取るか、自然の摂理の一つと取るか。
    私は悩ましくなっちゃいます、まだ上手いこと自分の中でかみくだけなくて。
    ひろさん / 2015/06/12(Fri) /
    ひとりではじめて、ひとりで終える
    > ひろさん
    よきお店がずっと時代を超えて、その繁盛が受け継がれる。
    そうあってほしいとボクも思います。
    けれど、それを潔いとしない人もいるのだろうなぁ…、と思います。
    一人ではじめて、一人で終える。
    終えるまでは出きる限りのコトをする。
    それもまたよし。
    ボクも年をとって、そう思えるようになりました。
    サカキシンイチロウさん / 2015/06/13(Sat) /
    小法師 HOME スパム
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]