忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2020 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    06 2020/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    60
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、四谷三丁目まで散歩してでて、それで「雪梅花」というお店。



    オープンキッチンで天井高く、壁一つ無いワンボックススタイルのお店なんだけどその開放的な雰囲気が好きでたまに来たくなる。
    三連休の中日のコトで、お店に入ったときにはほとんど貸切状態。ところが後から大きなグループ客がやってきて、にぎやかになる。乾杯、乾杯とグラスを重ねる音が響いて、お店の空気がどんどん華やかになっていくのも気持ちいい。



    茹でピーナツにプーアール茶、それから紹興酒のオンザロックでのんびりしながら前菜的なる料理をふたつ。
    蒸した牡蠣を麻辣ダレに漬け込んだモノ。山椒がピリリとしびれて牡蠣の香りを引きしめて、しかも醤油の旨みと一緒に牡蠣の風味が口に広がるおいしさ。
    それからタケノコと青のりを油の中で炒め揚げした料理がドッサリ。
    塩で味を整えただけ。だからこそのそれぞれ食材の持ち味を楽しむことができてウレシイ。何よりタケノコの根っこや穂先と場所に応じて食感が、まるで違って感じるコトが、たのしくって食、進む。



    お正月には餃子を食べる。…、とはいえいつもは旧正月のコトなんだけどちょっと先取り。豚肉と小松菜使った水餃子っていうのがあって、それをたのんだ。
    上湯スープの中にプカプカ、コロンと丸い餃子が浮かんでる。
    ちょうどひと口。スープと一緒に口に含めるおいしさで、噛むとプチュリと中から肉の旨みがにじむ。
    仕上げ油のネギの香りと、むっちりとした皮の食感が、なんともおいしくスルンと喉の奥に飛び込む。そしてお腹をポカッと温め、顔もゆるんでシアワセになる。



    大きなエビを甘辛味に仕上げた料理。軽い酸味が酢豚のような風味になって、ムチュンとエビの食感もよし。
    何より一緒に炒めたレンコン。それから山芋。シャキシャキもっちり。サクサクねっとり。ソースと絡んでおいしくて、こりゃ、エビの料理というよりも山芋料理に違いない…、と思ったりした。オキニイリ。



    何度も通って、今日はなるべく今まで食べたことがなかった料理をたのもう。
    それでこういう料理を選んで組み合わせてみた。けれどやっぱり、これだけはたのまなくちゃぁと、それでこれ。
    陰干しにした鶏肉を半身丸ごと油で揚げた鳥料理。
    乾いた表面部分はまるでスルメのように硬くて、旨みが強烈で、その内側はフックラ、しっとり。胸肉なんてまるでハムのような食感。
    山椒塩をつけながら、手でつかみつつチュバチュバ食べて、指舐める。
    家に帰って、ちょっと仕事をいたしましょうか…、と思って歩く。寒い夜。


    関連ランキング:中華料理 | 四ツ谷駅麹町駅四谷三丁目駅

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    HK HOME アサトヒル
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]