忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    午前中は、家の近所でうろうろする日。
    b3c346e0.jpeg昼は四ツ谷三丁目の小さなベトナム、「ティンフック」にて昼とする。
    厨房の中でベトナム生まれのおかぁさんが、一生懸命、腕をふるって料理を作るたのしいお店で、なにより料理がおいしくていい。
    ベトナムも南の方の家庭料理で、いくら食べてもお腹が重たくならない、魔法の料理をつくってくれる。
    ガツンが元気が出るけど、体に負担が少ない料理。

    特にランチは激安で、オールモストワンコインにて満足できる。
    近所の友人を誘い出し、2人で3品たのんで食べる。

    ba8264a5.jpegまずは鳥カレー。
    ここの押しも押されぬ名物で、運が悪いと売り切れちゃうほどの人気も料理。
    辛い。
    けれど辛すぎない。
    HOTというより、スパイシー。
    スープのうま味がしっかりして、にもかかわらずスキッと後口がいいスープ。
    トマトの酸味に野菜の甘みが混じって味はかなり濃厚で、けれどサラサラとしたスープ風の食感自体はとても軽やか。
    よく煮込まれて、スプーンで押すとホロッと崩れる鶏胸肉が具材のメイン。
    これに普通はご飯をあわせてカレーライスにして食べる。
    けれど今日はちょっとワガママお願いし、鳥ソーメンにして食べる。

    ベトナム風のお米でできた、断面がほぼまん丸の細いソーメン。
    スルスル、スベスベ、粘り気がなくけれどハリがシッカリしてる。
    それにライムをしぼって、酸味と風味を足してやりスープにトプっと浸して食べると…。
    まぁ、旨い。
    口の中で麺がクニュクニュあそびつつ、カレーのうま味をにじませていく。
    普通の鳥カレーにはニンジンとジャガイモが入ってる。
    けれどソーメンとしてたのむとジャガイモ抜きで出てくる。
    芋の食感がツルツルソーメンに合わぬからという心遣いで、代わりにハーブ野菜がタップリ。
    おいしすぎて無言になっちゃう…、笑っちゃう。

    baa56547.jpeg他の二品はチャーハン。
    それから、鶏の揚げ焼き。

    ココのチャーハンは素人臭くてそれが好き。
    油をあまり使わずに、パラパラ仕上げて味は塩味。
    ニンジン、玉ねぎ、ネギ、豚肉と細かく刻んだ具がタップリ。
    しかもニンジンがベリーレアにて、コツコツ歯ごたえ騒々しくてたのしくて、コレをさっきの鳥カレーと一緒に食べると、ほどよくおいしい。
    中華風では絶対にない「炒めご飯」って感じがステキ。
    家庭の味。

    皮付きの鶏もも肉を熱くねっした油をずっとかけまわしつつ、皮をパリッと仕上げた揚げ焼き。
    ネギを焦がして風味をつけた、塩ダレかけて軽く仕上げる。
    同じ鶏肉でも、胸肉ともも肉ってなんでこんなに違うんだろう。
    煮込んだ鶏と揚げ焼きした鶏ってまるで違った素材に思える、料理のたのしさ、オモシロサ。
    週末のココはいつもはノンビリ。
    けれど今日はボクら入ったあとからどんどんお客様がやってきて、ほぼ満席の大賑わい。
    厨房の中はてんやわんやで、けれど次々、すごいスピードで料理が出てくる、感心す。

    ところで、ちょっとびっくりしたのがこの画像。

    true-size-of-africa.jpgアフリカ大陸の大きさを、オモシロイ方法で表現したモノ。
    拡大していただくとよくわかるのだけど、アフリカの地図の中に、他の国を入れ込んで、ジグソーパズルみたいにしたモノ。
    アフリカ大陸の中に、なんとアメリカ合衆国に中国、インド、ヨーロッパ。
    それに日本がスッポリ入ってしまうんだ…、って。
    あまりの大きさに今更ながら、感心します。
    大きいと思っていた、中国や、アメリカでさえ、そんな程度の大きなんだ…って、逆にビックリ。

    オリジナルの画像をココに貼っときます。
    マダガスカル島が英国とほぼ同じ大きさ…、っていうのも新発見。
    人間が生まれた場所をこうして見ると、まるで地球そのものを生んだ場所のように見えたりさえする、このステキ。
    統計データって、表現の仕方次第でこんなに雄弁で分かりやすくなるものなんだ…、って目からウロコな感じです。

    それにしても、この大きな大陸が貧困と乾燥に悩んでる。
    そう思ったら、胸がなんだか切なくなります。
    21世紀に入って10年間でこのアフリカからなくなってしまった耕地や緑地のサイズって、この表し方だとどうなるんだろう?
    なやましい。
    なやましいと思うばかりで、自分がアクション起こせるかって、非力をしたたか恥じたくなってしまいます。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    近頃パソコンの前にいられる体調になったばかりで、久しぶりに拝見いたしました。ツイッターもフォローしたいのですが、御迷惑でなければ教えて頂けますか?
    monikuraさん / 2010/10/16(Sat) / URL
    おひさしぶりです
    > monikuraさん
    お体ご自愛くださいね。
    twitterのアカウントは、「@shinguma」。
    あるいは、shinichiro sakakiで検索をかけていただけるといると思います。
    よろしくお願いします。
    サカキシンイチロウさん / 2010/10/16(Sat) /
    無題
    さっそくありがとうございます!
    monikuraさん / 2010/10/16(Sat) / URL
    よろしく
    > monikuraさん
    早速、フォローありがとうございます。
    ボクもフォローさせていただきました。
    これからもよろしくお願いいたします。
    サカキシンイチロウさん / 2010/10/16(Sat) /
    無題
    ベトナム料理はタイ料理よりも優しい感じですよね。

    ベトナムは2回ほど行ったことがあるのですが、また行きたい国です。お洋服のオーダーメイドが最高なんです♪
    キョーコさん / 2010/10/17(Sun) / URL
    ベトナム
    > キョーコさん
    タイ料理から辛味と酸味をひいて、うま味を足してあげるとベトナム料理になるような感じですよね。
    オーダーメイドのアオザイはちょっとでも体型が変わるとシルエットが崩れてしまう、かなり危険なドレスですよね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/10/17(Sun) /
    冷麦の朝 HOME World Food Programme Day
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]