忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ひさしぶりにぼんやり一日過ごすつもりの日曜日。家の近所でバフェ、食べる。



    JALシティーホテルが別のホテルに名前を変えて、レストランもリニューアル。それまではホテルのレストラン然とした外から目立たぬお行儀のよい雰囲気だった。
    それが一転。
    ビストロWって名前を変えて、店の雰囲気もちょっと色っぽく、外から見ても「入ってみようか」って思わせるように衣替え。
    ランチはサラダバーが売り物で、かなりにぎやか。宿泊客ではない人たちが外から続々、やってきていた。



    以前はフルメニューのバイキング。2500円ほどの値段でやっていて、今は1800円とちょっと気軽な値段になった。
    けれどメインディッシュをつけると2500円くらいにはなってしまうからおんなじコトではあるのだけれど、「食べ放題」より「サラダバー」の方が気軽で健康的に思えるのでしょう。人の心理はオモシロイ。

    ニンジンの千切りをみるとどうにも気持ちが動いてしまう。それをメインにネギの焼いたの、ポテトサラダにインゲン、かぼちゃのマリネを並べる。スイートコーンの甘みを借りて、ノードレッシングでムシャムシャ味わう。



    メインディッシュをつけることにして、ポークロースのペッパーステーキとサーモングリル。
    どちらも佇まいがクラシック。
    昔のホテルのコーヒーショップ。あるいは客船系のレストランで出てくるような端正なさま。味はきっちり、ほどよく旨い。
    なによりマッシュポテトのなめらかなること。キャロットグラッセの甘くてシットリしているコトに優雅を感じる。味わい深し。



    サラダバーにはパンがあり、メインディッシュをたのむとご飯を一緒にもってきてくれる。
    ご飯にブロッコリとベーコンのチーズ炒めをあわせてもって、トロンとなめらかなホテル仕様のスクランブルエッグをのっけて即席オムライス的な一皿にする。
    ケチャップたっぷりのっけると、おこちゃま味にニッコリします。
    クロワッサンと野菜スープでお腹の隙間をほどよく満たす。

    デザートにケーキもあった。けれどフルーツ。



    スイカがとてもおいしげで、それでスイカをタップリ山盛り。オレンジ添えてお腹の中を潤し食べる。
    今年はスイカを沢山食べた。
    実は小学生の頃、肥満児で痩せぬと若年性の成人病になっちゃうよ…、ってそれで食事の前にスイカを食べてお腹を膨らすダイエット。それでずっとスイカが嫌いになっていた。ところが今年はスイカジュースの当たり年。それに惹かれてスイカのおいしさ思い出す。
    エスプレッソをゴクリと飲んで、のんびり、家に戻ります。


    関連ランキング:ビストロ | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    いしやん HOME デリーのカレーで家の夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]