忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ちょっと小腹が空いたので、茶巾寿司を買おうと思って「八竹」を覗く。



    そしたらお店の中は大忙し。おつかいものの包がカウンターからテーブルの上に山積みで、注文したら小一時間ほどお時間頂戴いたします…、と。
    スゴいですね…、って言ったら、今日はお盆の入りと日曜が一緒になって大変なんですと。
    あぁ、そういう季節でござんした。それなら後で参りますからと注文だけして外にでる。さぁ、どうしよう。家に帰って待ってもいいけどせっかくだから何かお腹に収めて帰ろうと、それで隣の喜多方ラーメン小法師にいく。



    最近、ときどき急な休業札がお店の前に貼られるコトがある。多分、従業員が揃わず開店できないときがあるんだろうと思うんだけど、こういうコトって、これから他の店でも増えてくるかもしれないなぁ…。
    飲食店は人がいなくちゃできない産業。日本における最大級の雇用産業なわけだから、もっと優遇されてもいいのにって思ったりする。

    まぁ、ぼやいてもしょうがない。オーソドックスな喜多方ラーメンと炙りチャーシュー丼のセットをたのんでランチとします。
    スープ自体にドッシリとした旨みがあって、脂は控えめ。とてもやさしい、昔ながらのラーメン的な味がするのがオキニイリ。



    ペロペロ、唇の間をすべりこんでくる、なめらかにして肉感的な食感がとてもたのしく軽い食感。
    胡椒をタップリかけて食べるとスープの風味も引き立ち甘みが増してくる。
    刻んだ白ネギ、チャーシューと具材はシンプル。だからその分、気持ちが麺とスープに注力できるところがありがたくもある。
    脂がスッキリしているからでしょう…、お年寄りのお客様が結構多くて、ボクの隣にもシニアご夫妻。ナツカシイねぇ、こんな味。ココのは全部食べられるのよねといいつつ食べてた。こういう個性もいい個性。



    炙りチャーシューはかなり濃い味。理由はラーメン用のチャーシューに照り焼きダレを塗っているから。このタレが炙ったような香りを持ってて、それだけ食べるとおいしんだけど、チャーシュー自体に味が事前に入っているので、当然、味は濃くなっていく。ひとかじり分で、ご飯がモリモリ食べられるのがいいという人もいるのでしょうね。
    これをどうしてもたのみたくなるのが、これに煮玉子がついてくるから。半分分は麺の上、残り半分はご飯の上に乗っけてムニュンと味わい食べる。軽くお腹が満たされて、体もあったか…、オキニイリ。


    関連ランキング:ラーメン | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅



    一旦部屋に戻ってぼんやりし、時間がきたので寿司、取りに行く。



    お届け物の折り詰めと一緒に一個、小腹満たし用にとたのんだ茶巾寿司。
    普段使いにと、これだけ包装紙でくるんと包んでわたしてくれる。定価よりもこれでちょっとお得になるというのがステキなココのシステム。
    それにしても、きれいな包み。贈答用でなくてただの普段使いがこんなにキチンと包装されてる。日本の美学でござんしょう。



    包みをといてお皿に乗せた茶巾寿司も、同じようにキレイで丁寧。
    空気を含んでふっくら出来た薄焼き卵でキチッと寿司を包んで最後に、茹でたかいわれ大根でギュギュッと結わえて出来上がり。
    箸を入れると、ズブリと玉子の包みが避けて、中からゴロリと具材が外にこぼれ出す。細かく刻んだしいたけや海苔やでんぶに混じって酢蓮、それから焼いた穴子がズッシリ、酢飯に混じって包まれている。
    酢飯はキチッとちょっと強めにむすばれて、箸でもっても散らかることがないように、キレイに口に運べるステキ。一口ごとに口がシットリするやさしさに、午後の気持ちが明るくなるよなオキニイリ。


    関連ランキング:寿司 | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    そして夜 HOME 2日続けて朝のバフェ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]