忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    さて弁天庵…、四谷三丁目の駅近くにありかつてはとても頻繁に使っていたけど最近いささかのご無沙汰な店。



    イトーヨーカドーの創始者がそばが大好き。オレがおいしいと思うそばをヨーカドー価格で売ったらどんな店ができるのか…、と鶴の一声的にできたというお店。
    だからか最初はとても正直で、愚直なほどに昔ながらの商品づくり。
    セルフサービスというスタイルだけが今様で、贔屓にしたい店だった。
    けれどすっかりビジネスモデルが出来上がり「趣味から商売」に路線変更したのでしょうネ…、商品がチェーン店的に変質しちゃった。



    まずくなったというわけじゃなく、ちょっとズルい味付けとでもいいますか。科学の力を感じる味。
    細かなところにセブンイレブン的な工夫があったりもして、やっぱり企業というのは得意なところに活路を見出す生き物なんだ…、と思ったりする。
    なんだかボクが贔屓にしなくて、十分、生きていける生き物になっちゃったんだと思いもするのが、最近、ご無沙汰している理由。
    とは言えたのしい料理もあって、例えば今日の「七福そば」。



    弁天庵の名前の由来の七福神を模した多彩な具材の盛り合わせ…、ワカメにかき揚げ、お揚げにかまぼこ、出汁巻き玉子に刻んだネギ。
    これで6種の具材が揃い、もう一種類、別がけカレーがついて七福。
    天ぷらは必ず揚げたてというのにこだわるこの店だから、注文するとカラコロ、天ぷらが揚がる音がしてくるところに気持ちがあがる。
    途中まで普通のそばとして食べて、途中でカレーをかけて味を変えてくださいなという、最近流行りの「ちょい足しレシピ」のような提案がオモシロイ。



    ココのカレーはスッキリ辛くて、出汁の旨みがかなり強烈。だからほんの少々かけただけで、味がスキッとカレー南蛮味になる。
    このカレーを出汁に混ぜるのもおいしいけれど、かき揚げに直接かけて衣にタップリ吸い込ませ、それをぱくりと食べると一層、カレーの味と香りが口に直接やってくるのが旨い。
    ひとつの料理をいろんな味でたのしめる…、食べ手の自由で創意工夫ができる料理はたのしい料理。オキニイリ。
    わさびを中にタップリ混ぜたおいなりさんでキュイーンと鼻をつねりつつ、七味で辛味をくわえてゴクリと出汁を飲み干し、夜とした。


    関連ランキング:そば(蕎麦) | 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅



    この動画…、スゴいです。

    Verschleif from Laurin Döpfner on Vimeo.


    研磨機で木やコンセント、デジカメ、胡桃といろんなモノをちょっとづつ削りながら撮影をする。それをつないだストップモーションムービーなんだけど、まるでモノが化石化していくような感じにも見えて圧巻。
    オモシロイです、オキニイリ。

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    くるみ!!
    サカキさん、おかえりなさいませ。
    面白い動画ですね。
    自然の生きていた木は、削って年輪が露わになることで生命の経過を追っているかのようですが、電化製品のような無機質なものはただ破壊されて剥き出しの裸にされててなんだか痛々しいと思いましたが、音楽に乗って新たな息を、存在意義を与えられたかのようで面白く拝見しました。
    その中でもくるみ!
    途中から中の実がいなくなるのは削っている最中に香ばしくて食べちゃったんじゃないかって疑惑!!笑
    殻付きのくるみやアーモンドのあの官能的な香りと歯触り。。。やはりヴェールに包まれたソレを剥ぐひと手間は美味しいものを味わうには必要な一つの手段ですよね。笑
    うきさん / 2014/07/10(Thu) /
    生きている!
    > うきさん
    無機質のモノと、有機質のモノのイメージの違いにびっくりしますよね。
    胡桃なんて、一瞬、脳をスライスしているように見えたりして、生きているんだなぁ…、って思いました。
    サカキシンイチロウさん / 2014/07/10(Thu) /
    CCカレーで朝とする HOME ブラームス
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]