忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    先日、家から新宿三丁目に向かう途中に見つけたお店。四谷四丁目の交差点の角にありずっとカフェのようなお店があった場所にいきなり大きな看板。
    「八幡浜ちゃんぽん」という言葉にしたたか反応し、それで昨日の〆にココ。



    細長く天井の高いシューボックスのような空間。半分吹き抜け、半分2階を設えてオープンキッチンというかなり作りこまれたお店になっていた。
    お店のサイズに比べればかなり充実した厨房で、中にはコックコートも凛々しいスタッフがキビキビ働く。
    それにしてもかなり本気の改装で、何しろ真っ白なカウンター。一体成型でこのスペースにあわせて作られたのでしょう…、継ぎ目もなくてツルンとなめらか。



    お店の中に「莢(サヤ)」って文字があるように、近所のお好み焼きの名店「莢」の三号店という位置づけらしい。
    そのオーナーが八幡浜出身というコトで、こういうお店になったんです…、と。
    愛媛の元気な温州みかんを搾ってワインと混ぜて作った「莢グリア」をまずはもらって「じゃこカツ」食べる。
    南予名物じゃこ天の種にパン粉を付けて揚げたもの。
    いやはや、旨い。骨も一緒に小魚をすり身にしたとこに、ネギやニンジンを刻んでまとめたその食感に旨味がフワッと鼻をくすぐり、カサッと壊れる。おみやげにして何枚かまとめて家に持って帰りたいって思ったりする。オキニイリ。



    そして目当てのちゃんぽん食べる。全部で4種。スープちゃんぽんと焼きちゃんぽんの2種類があり、それぞれ普通のと海鮮ちゃんぽんの用意がある。
    今日は普通のちゃんぽんの、焼いたの、炊いたの2種類ためす。
    まず焼きちゃんぽん。
    中太麺でストレート。魚の旨味がドッシリとした出汁と伊予の甘い醤油で炒めて仕上げる。具材は豚肉、じゃこ天にもやし、ニンジン、タップリのネギ。
    上海風の焼きそばみたいな味わいで、しっとりしてる。じゃこ天の表面がこげて香ばしくなりこれでお酒が飲めそうなシッカリとした味にウットリ。



    それからちゃんぽん。長崎風のちゃんぽんとまるで違って、魚のスープ。イリコの香りと軽いエグみに醤油の甘みが風味を添える。
    具材は焼きちゃんぽんとおんなじで、炒めた野菜の旨味と甘味がスープのコクになっている。これがゴクゴク飲めるおいしさ。今日のようなお酒を飲んだあとの〆にはピッタリで、これはなかなかオゴチソウ。
    夜になると真っ暗になり、さみしい景色のこの交差点。そこにこうして灯りがついた。長く続けばうれしいのになぁ…、って思ったりした。また来よう。


    八幡浜ちゃんぽん莢(SAYA) 新宿四谷本店
    八幡浜ちゃんぽん莢(SAYA) 新宿四谷本店
    ジャンル:ちゃんぽん専門店
    アクセス:地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅 徒歩5分
    住所:〒160-0004 東京都新宿区四谷4-9 グゥビル1F(地図
    姉妹店:鉄板焼・お好み焼 莢(SAYA) 新宿内藤町本店鉄板DINING 莢
    周辺のお店:ぐるなびぐるなび 四ツ谷/四谷
    情報掲載日:2014年6月6日


    さて土曜日の朝のサンドイッチの今朝であります。
    パンはトロワグロのフカフカのパン。無理を言って10枚切りにしてもらい焼かずにそのまま。それに合わせて具材を選ぶ。



    玉ねぎ、ピーマンを刻んで玉子と一緒にいため、ふっかりさせてパンに乗っける。そこに茹でたエビをギッシリ。隙間のないように乗っけたらケチャップぷちゅりと味をととのえ、パンで蓋してザックリ切ります。
    今日も断面うつくしく、食欲そそる、朝の一品。
    玉子はふっくら。パンのふっくら、口どけがよく、エビのムチュムチュした食感を際立ておいしくしてくれる。よく出来ました、オゴチソウ。

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    パリのワイン食堂 HOME 雨の金曜、あれやこれ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]