忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ずっと前から気になっていて機会がなかったお店…、「肉屋の正直な食堂」という店にくる。



    この店名の「正直な」という部分がどう正直なのか?
    食堂っていうのはそもそも正直じゃないから、正直な食堂っていう名に価値があると思っているのか。それとも肉屋が正直であるということに価値があると思って正直を名乗っているのか。
    どちらにしても随分、思い切った名前だなぁ…、ってそれが長らく気にかかっていた理由のひとつ。



    お店に入ると、カウンターだけ。券売機がありそこで食券を買い前払い。
    肉屋の食堂をうたうだけあって料理は肉モノ。
    カウンターにはIHヒーターが埋め込まれていて、そこで肉を焼いたり炊いたりして食べる。肉の種類は豚・鶏・牛と多彩でボクはすき焼き選ぶ。

    深めの鍋に、野菜に肉、割り下などがあらかじめ入ったものに定食セット。



    ご飯に味噌汁。同じサラダが2つあるのは、すき焼きを浸して食べる生卵が苦手で「抜きで」とお願いしたら、せっかくですからと、代わりにサラダがふたつ来た。
    気が利いてるといえるかどうか、微妙なサービス(笑)。
    けれど野菜不足もこれで一気に解消か…、と、モシャモシャムシャムシャ、一生懸命顎を動かしサラダを食べて、鍋ができるのをまつ所存。



    蓋したままでスイッチオン。あとは出来上がるのを待つばかり…、といけばいいんだけど、一手間かかる。
    テーブルの上においしく食べるコツというのが置いてあり、それをみると砂時計の砂が落ちたら一旦、蓋開け、鍋の中をヒックリ返して再び蓋してください…、と。
    確かに最初に蓋をあけたら肉はまだ赤。具材もしんなりしてただけ。
    ヒックリ返して、蓋に水蒸気がビッシリついたところで再び、蓋取るとほどよく熱が入ってそろそろ食べどきでした。



    この一手間を必要とするところが、もしかしたらお店が増えない理由かなぁ…。
    こういうお店の主要な客層のおじさんたちって、手間を掛けずにお腹いっぱいになりたがるもの。
    味は決して悪くない。白菜、ネギに豆腐に春雨と具材もタップリ。ボリューム感も満点なのに、勿体無いなぁって、玉子を使わぬ代わりにご飯の上にのっけて牛丼風にしてハフハフと食べつつ周りをみていたら、隣のおじさん。
    同じくすき焼きを作りつつ、溶いた玉子を鍋に落として卵とじにして食べていた。そのやり方があったのかとこれも勉強。目からウロコで店を出る。



    関連ランキング:定食・食堂 | 新宿御苑前駅新宿三丁目駅新宿駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    アリだ!
    私もスキヤキ生卵はノーセンキュー派です。
    同じくその手があったか…!と思いました(笑)。

    ところで、どの辺が正直だったのか、わかりましたか?
    RHEIAさん / 2015/01/09(Fri) /
    期待させない正直さ?
    > RHEIAさん
    生卵が肉にドロンと絡みつくところをみるだけで気持ち悪くなってしまうので、イマジネーションを発動させることもなく生卵いりませんと言ってしまいました。
    どこが正直か?というと、多分、過大な期待をさせない店作りと値段設定にあるんじゃないかと思います。
    その程度の正直をわざわざアピールしないといけないほど、チェーンストアは信任を集めることができていないのかなぁ…、とさみしくなっちゃいましたが。
    サカキシンイチロウさん / 2015/01/10(Sat) /
    生卵、苦手
    私も、すき焼きに生卵は苦手です。ドロンドロンしたあの感じが‼なので、生卵をつけたがる夫との折衷案で、家では卵とじにしちゃいます。途中まで読んで、とじればいいのにって思いましたよ。
    何かで読んで試したのが、ちょっと面倒ですが卵をよくよく泡立ててムースにしたもの。よろしければお試しを。

    面白いコンセプトのお店ですけど、ファストフードでもなく、レストランや居酒屋や定食屋でもないようなというジャンルなんでしょうか?
    あびさん / 2015/01/10(Sat) /
    どっちつかずの不思議な業態
    > あびさん
    卵の白身がどう一生懸命溶いても黄身と混ざらずドゥルンドゥルン粘るところが苦手なんです。
    だからボクも卵は泡立ててから使います。大変なんですけどね。
    それから家ですき焼きを食べるときには、卵をくぐらせる代わりに温めた出汁にくぐらせたり、とろろをつけたりしてみます。
    あるいは山椒の粉をちょっと振ると甘辛味が和らいだりするんですよね。

    ちなみにこの業態。食堂でも居酒屋でもないどっちつかずの業態で、そのわかりにくさが不人気の理由かなぁ…、って思ったりもします。
    サカキシンイチロウさん / 2015/01/10(Sat) /
    霜ばしら HOME Jinjin
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]