忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    野菜が足りない…、たしかにブログを見てると最近、肉・炭水化物・肉みたいな生活。
    野菜を食べよう、場所は新宿南口。
    そうだ、あそこに行ってみよう…、と高島屋の上にある食堂街にやってくる。

    04ed5903.jpgシーザーサラダのおいしいお店があったのです。
    あったのだけど、今日きてみたらなくなっていて、他のお店になっちゃっていた。
    あぁ、どうしよう。
    そう思って、そこに入ったレストランを次々回る。
    和食、洋食、アジア料理とどこを見ても野菜がメインのランチはなくって、あぁ、残念。
    そこに一軒。
    「新宿ローズ邸」って言う高島屋さんがやってるお店。
    かつての「デパート大食堂」が姿をかえて上等になり生き残ってるところがあった。
    いろんな料理が揃ってて、ファミレスみたいな使い勝手がありそうで、それで飛び込みメニューをみたら、なんと「トルコライス」があるではないの。

    長崎生まれの郷土料理というプレートモノ。
    カレー味のピラフ、それにナポリタン。
    隣合わせに盛りつけて、そこにポークカツレツをのせ上からデミソースをトロンとかけるという料理。
    大人のお子様ランチのようなサービス精神旺盛を感じる料理。
    実は一度も食べたことがない…、それでためしてみましょうと。
    大きな楕円形のお皿でやってきたのにちょっとウットリ、そこに五穀米の上にのっけたドライカレーとナポリタン、間にカツレツ、デミソースかけというモノでござった。

    a7aaae07.jpg違うんだろうなぁ…、本物とは。
    それぞれ料理が混じり合わないように、空間作って盛っている。
    何回か見たご当地モノの記憶をたぐると、全部が渾然一体となるまるでオペラのような食べ物。
    これじゃぁ、交響曲じゃない!って。
    高島屋という暖簾をしょったお店ですから下世話な料理は出せぬのでしょう。

    ナポリタンは水っぽく、一口おきに「もっとケチャップを」とゲーテのような気持ちになるし、カレーは甘くておこちゃま風。
    ほんの少しの五穀米というのもなんだかケチくさく、ポークカツレツがザクリと二つに切られているのも気持ちが下がる。
    ナイフにフォーク、スプーンがついてくるのです。
    大きなカツをナイフで切って召し上がれ!
    …、ってことなのでしょうけどこうした料理はスプーンとフォークで食べきれる。
    それが粋と言うモノで、そうじゃなくてはたのしくはない。

    サイドのサラダは立派でした。
    パリパリとしたレタスにキュウリ、トマトも赤く熟して甘い。
    なによりキュウリの皮に細工をほどこした、職人魂にちょっとウットリ、うつくしい。
    B級グルメと呼ばれるモノを、上等にアレンジするとろくなことはないって典型的な事例でござる…、野菜がおいしく食べられたから、良いとしましょう、そんな店。



    関連ランキング:洋食 | 新宿駅代々木駅新宿三丁目駅



    量も少なく気持ちもあまり盛り上がらない。
    そんなお昼の料理を食べて、それでは次の仕事に向かう元気がでない。

    dntl.jpgアイスクリームを食べました。
    ドナテロウズというお店。
    目黒に一号店ができたとき。
    まさにバブルの真っ只中で、ワザワザ車を走らせ行ったものであります。
    当時はまだ、アイスクリームと言えばアメリカ。
    ハーゲンダッツやホブソンズなんて、黒船ブランドに行列できていた時代。

    ジェラートなんてまだまだ珍しい時代のコトで、そのなめらかとフレッシュ感にビックリしました。
    乳脂肪分が命のアメリカアイスクリームに比べてジェラート。
    口溶け感がやさしくて、口の中でジュースやフルーツに戻っていくようなそのやさしさにかなりハマった。
    特にこの店。
    エスプレッソのジェラートがおいしくだから、食後に無性に食べたくなった。
    その思い出をカップにつめて。

    エスプレッソのジェラートに、いちごミルク。
    それからフランボワーズを小さなカップに詰め込む、これで390円。
    バブルの頃はもっと高くてビックリしてた思い出がある。
    エスプレッソの苦味と甘みに、フランボワーズの酸味がくわわりケーキのような味わいになり舌でとろける。
    いちごミルクはとてもミルクキー…、イチゴに練乳かけて潰して食べた後に、お皿に残ったピンク色したジュースを飲んだような気がするそんな味わい。
    体がやさしく癒されて、さてさて仕事といたします。



    関連ランキング:アイスクリーム | 新宿駅代々木駅新宿三丁目駅

     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    長崎ではトルコライスはフツーにコンビニ弁当にもあるぐらいメジャーなもので、どこにでもあるものと思ってました…。
    色んなトルコライスをこちらで見ることできますよ。
    http://turkishrice-maniax.ks-depots.com/
    もりめさん / 2011/12/27(Tue) /
    野菜といえば
    私のなかで野菜を美味しく食べさせるお店の代表格は浅草橋にある『味農家』ってお店です。野菜という素材自体にこだわってるお店は多いですが、ここは野菜料理がとても美味しくて、野菜を食べなくちゃではなく野菜が食べたいと思わせるお店なんです。小さくて、いつも繁盛してるので、行きたい時になかなか伺えないのが悔しいんですけどね。
    ひでさん / 2011/12/27(Tue) /
    トルコライス
    > もりめさん
    いろんな流儀があるんですね。
    個人的にはドライカレーじゃなくてチャーハンを使ったのがおいしそう…。
    こうした地域に根ざした料理って、そこから遠くなるに従ってどんどん変な方向に進化していくことがあるんですよね。
    長崎…、行きたい!
    サカキシンイチロウさん / 2011/12/27(Tue) /
    料理としての野菜
    > ひでさん
    素材としての野菜ではなく、料理としての野菜。
    ステキすぎます。
    サラダバーではどんなに食べても、野菜を食べたと心が満足してくれないんですよね。
    ステキな情報ありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2011/12/27(Tue) /
    おしゃれトルコライスですね。
    長崎で出されるトルコライスは、確かにピラフや炒飯とパスタがくっつけておいてあるし、そのてっぺんにとんかつ乗っけてありましたね。
    これは東京仕様にきれいに盛り付けてあるかんじ。
    おしゃれさん。
    長崎でも、いろんなお店でそれぞれ特徴のあるトルコライス出してるので、そんな厳密に考えなくても大丈夫ですよきっと。

    私は子供のころ近所の喫茶店にあった、炒飯とナポリタンととんかつの上にカレーがかかったのが好きでした。
    長崎出身東京在住さん / 2011/12/27(Tue) /
    喫茶店のトルコライス
    > 長崎出身東京在住さん
    多分、長崎のホテルのコーヒーショップのようなおしゃれなところでトルコライスを注文すると、こんなモノがでてくるのかなぁ…、って。
    そんな風に思いました。
    喫茶店のトルコライス。
    それですよね…、それ。
    やっぱり本場に行かなくちゃです。
    サカキシンイチロウさん / 2011/12/27(Tue) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    シアワセ指数を上げましょう! HOME ゴチソウビスクの朝のコト
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]