忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    喫茶店のルノアールにて、朝を迎える今日のコト。

    2fe33aad.jpg歩くと手が冷たくなってしまう冬。
    あったかでふんわりとしたタオル生地のおしぼりの、ありがたくってウレシイこと。
    それを包んだ半透明の袋に白くルノアール。
    ロゴが刷られているのを毎度たしかめて、まだ、大丈夫…、ココは安泰って安心します。
    そのあったかで、かじかんだ手をあたためながらメニューを見ると、モーニングプレートなるモノを発見。
    新商品。
    迷わずそれをたのんで試す。

    四角く大きなお皿の上に、スープにサラダ。
    ハンバーガー状のサンドイッチにヨーグルトと言うかなり気合いの入った一品。
    その分ちょっと時間もかかる。
    今までココの朝食と言えばサンドイッチか厚切りトースト。
    いわゆる典型的なる喫茶店の朝食セットだったのだけど、これはカフェ的。
    ビックリします。
    あらたな客層開拓ってところでしょうか…、でもその客層ってどんな客層…、もしかしたらば女性客?って思ったりする、どうなんだろう。

    96c88af5.jpgボクの周りを見回したらば、パーフェクトなほどおじさんばかり。
    昔からある朝食セットの脇についてるゆで卵を、ニコニコしながら殻を剥き塩をパラパラふりつつカプリ…、後ろ姿が板東英二にみえちゃうステキ。
    フォカッチャなんて似合わない。
    人の嗜好は驚くほどに変わらない。
    嗜好以上に一旦お店に染み付いたイメージって奴もそんなに急にかわりはしない…、残酷だけど、オモシロイ。
    さて、どの順番で、どう食べようかってちと迷う。
    まずはメインを観察します。

    バンズの中を覗いてみると、パテとチーズととてもシンプル。
    レタスとトマトをはさんでどうぞ…、ってダイナースタイルのハンバーガー的提案か?って思いもした。
    けれどサラダはベッタリ、ドレッシングに溺れててパンを台無しにしてしまいそう、それでまずはサンドイッチだけ食べてみる。

    ローズマリーをくわえたフォカッチャ。
    フッカリしていてこれはおいしい。
    つぶした豆を使ったパテも、ほどよい塩味に豆の風味がたのしくて、これはこのまま食べればいいのネ…、って独り合点でそう食べる。
    プレート料理がはやっているけど、ひとつのプレートに乗った料理をどう食べるのか?
    その判断は難しく、たとえばこれもサラダだけ小さな器に入れてお皿にのせていたらば迷わずすんだのに…。
    おじさんたちは特に迷うの苦手だから、ちょっとハードル高いかなぁ…、って勝手に心配してしまう。
    カフェなご飯に慣れてる人には多分たのしいお料理で、けれど女性のお腹にはオーバーサイズ…、朝食よりも軽いランチにピッタリかなぁって思ったりした。

    a56246bb.jpg豆乳で作ったというポタージュスープ。
    若干サラッとした飲み心地。
    スッキリとした後味がよく、うま味は十分。
    甘みを加えて、まるでコーンポタージュみたいな味にしている。
    寒い朝に温かいスープがお腹に入ってくるって、なんだかそれだけでうれしく感じる。
    もともとココの朝食セットにはコンソメスープがついてくるんだけどそれよりずっとスープらしくてありがたさが増す。
    ヨーグルトの中には柚子のシロップ煮。
    ココの隠れたヒットメニューにゆず茶があってそれ用のシロップを使ったモノでしょう。
    ガラナや昆布茶。
    ココならではの地味だけれども時になぜだか魔が差したよに飲みたくなっちゃう不思議ドリンクの応用編…、なんて賢い、感心します。
    真ん中の折り目のところがホチキスで留められ用意されている日経新聞を読んでユックリしていたら、「ごゆっくり」って言葉と一緒にお茶がストンとやってくる。
    あぁ、ルノワール…、やっぱりこうして変わらずずっと昭和な感じでいてほしい。
    おじさん、仕事に向かいます。
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    キッチン南海、カレーの日 HOME ワンヴィジョン
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]