忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ご飯とおかずの晩ご飯を気軽に食べたい…、とそう思う。

    5e8ee7de.jpegそうなったらば、たよるお店はまずこのお店。
    まいどおおきに食堂となる。
    場所は新宿御苑の近く。
    「新宿一丁目食堂」という名前の通り新宿がはじまる地番、一丁目。
    街のはずれでもありまして、夜になると周りはとっぷり、真っ暗になる。

    にもかかわらず、いつもコンスタントにお客様が入ってて、特に今日。
    晩ご飯どきにちょうどさしかかる時間だったからでもありましょう。
    ショーケースの中には溢れんがばかりの数のお皿が並ぶ。

    食べたいものだけ選んで食べる食堂スタイル。
    不思議なコトに、料理が沢山あるにもかかわらず、食べたいものが最初にググッと視野にやってくる。
    カウンターに並ぶ料理の最初の部分は野菜の料理。
    奥へ奥へと向かっていくと、魚や肉と徐々に重たい料理になってく。
    最近ココに来るたびに、野菜や惣菜料理ばかりが目について、そうしたモノに気持ちが飢えてうるのだろうなぁ…、と食生活を自己分析。

    9fb2763f.jpeg今日のメインは鮭の塩焼き。
    分厚い切り身。
    塩をほどこしガリッと表面、香ばしく焼く。
    炭火ではない。
    ガスのグリラー。
    だから、煙の香ばしさはない。
    けれどその分、身はシットリと焼きあがってて箸を当てるとホロッとほぐれる。

    鮭の脂の風味がドッシリ。
    脂がのってて、口の中でフワッとほぐれておいしい脂がヒヤッとにじむ。
    ご飯においしい魚だなぁ…、と。
    ニッコリしながらご飯をかきこむ。

    おかずは4つ。
    高野豆腐の卵とじ。
    これは最近、ココでみかけるとかならずとっちゃう、オキニイリ。
    自分で高野豆腐ってあまり炊かない。
    出汁をキチンととりさえすれば、あとは簡単にできてしまうモノってわかってる。
    けれど、自分で炊くとなんだかありがたみがなくなっちゃうような気がしてそれで。
    こうしてお店で見つけると迷わず食べる。
    舌に乗っけてしばらく重たさたのしんで、そしておもむろに上顎に押し付け出汁がジュワつと滲んでほとばしり出るのを味わうたのしさ…、格別なり、でございます。
    97e8025a.jpegひじきの煮つけ。
    これも自分じゃ作らぬゴチソウ。
    太くてシッカリはりがあり、噛むとゴツゴツした食感。
    食物繊維を食べてるんだと、そんな気持ちが一層おいしく感じさせてる。
    オクラのおかか汚しがシャキッと。
    最初はザクザク、軽く歯ぎれる。
    それがゆっくり、トロミに変わりほんの少しのエグ味をもって粘って消える。
    滋養を感じる、よきゴチソウ。

    c61ef110.jpegそれから大きな梅干し一個。
    これが不思議と旨いのです。
    ポッテリしててふくよかで、みずみずしくてシッカリ酸っぱい。
    酸っぱいだけじゃなくてキチンとうま味もあって、これ一個にて十分、お茶碗一杯分のご飯が平らげられそうな味わい深き、たのしい一品。
    熱々ご飯の上にのっけて、しばらく蒸らして食べると一層、酸味にうま味が引き立ってご飯に移る梅干し色もゴチソウ感をかきたてる。

    ご飯はいつものミニサイズ。
    大中小とかつては3つのサイズがあった…、ところが去年のはじめから「ミニサイズ」っていうのが登場、普通のご飯茶碗に軽く一杯分という分量。
    お外ご飯で出てくるご飯はたしかにみんな大盛りで、こうしたサービスがあってもいいなと、感心します…、今のボクにはこんなサイズがありがたい。
    それから豚汁でひとそろえ。
    お願いすると深鍋でコトコト炊いてた汁の中にお玉を沈めて、具だけをすくってタップリお椀に盛り付ける。
    最後に汁をそっと添え、具だくさんにしてくれるのがうれしいはからい。
    特別おいしいわけではないけど、とても便利でありがたく、こんなスタイルのお店がもっとできてもいいのにと今日も思ってあとにする。


    関連ランキング:和食(その他) | 新宿御苑前駅四谷三丁目駅千駄ケ谷駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    春のBUN HOME 新宿御苑のおやつどき
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]