忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今日一日の食べる勉強の〆にと「うおや一丁」にくる。
    外食産業の業態論的に分類すれば、居酒屋ってコトになるんだろうけど、すわり心地の良いブース席がかなり多めに配置されてて、そこに座るとまるで和風ファミリーレストランのような雰囲気。
    実際、ボクらの隣のおばさまたちは、熱いお茶をお供にお寿司や天ぷらを食べてお腹を満たしてた。ファミレス料理は嫌だけど、日本料理の専門店では堅苦しいって人にとってはココは気軽なレストラン。



    料理はシッカリしています。
    鯖の塩焼きは、自分の脂で皮がバリッとアバタのように揚がって仕上がる。バリバリとした皮までおいしく、分厚い肉もしっとり程よい。
    北海道の郷土料理のザンギも味わいドッシリとして、酒のつまみには当然のことコレでご飯を食べたら旨いに違いないって思って味わう。
    つぶ貝とにんにくの芽をバターで炒めたアイディア料理もおいしくて、しかも一皿のボリュームが居酒屋的じゃなくて、多めのレストラン的。少人数より3人、4人と人数増えるともっとたのしく味わえるだろうって思ったりもする。



    それにしても箸置きがある。
    大衆居酒屋やちょっとした和食の店でも最近、こういうコトをはしょって当然なお店が増えた。
    持っていかれることもあるでしょう。これも洗わなきゃいけないモノで、だからどんどんなくなっていく。でも箸置きがあるだけで、お行儀よく食べなくちゃって背筋が伸びるような気がする。
    だからできればあってほしいモノだなぁ…、って今日はしみじみ再認識。



    刺身がおいしいがもともと売りの居酒屋で、だから握りに力を入れる。
    12貫の盛り合わせをたのむと長い板皿の上に、一列キレイに並んで揃う。ネタのひとつひとつもシッカリしていて、何よりシャリがシャキッと旨い。
    刺身よりも寿司が好き。
    刺身で飲む酒もおいしけれど、寿司をお供に飲む酒の方が、悪酔いせぬような気がしてだからこうして寿司がシッカリしているお店はうれしい。
    大長茄子の天ぷらをたのむとこれが想像以上に大きくて、それを濃い目の天つゆにとっぷりつけて、揚げ出し状にして食べる。あっという間にペロリと完食。



    テーブルの上にはランチのメニューも置かれてて、ペラっと見ると、これが立派な和食レストランのメニューのようで、しかも値段がこなれてる。
    もしこの人達が、夜にも定食を売り始めたら、どんなコトになるんだろう…、って思いもしました。どうだろう。

    ところでたのんだはずのカニが待てど暮らせどやってこず、聞いてみたらば忘れていたと…。大きな店ではたまにあること。しょうがないなぁと思いつつ、その誤り方が見事で誠意に溢れてて、だから許して歩いて帰る。
    雨の気配の空気が涼しい。今日は早めにおやすみしましょう…、また明日。

    ところで。
    Cinematic Table Flips…、つまり、映画の中のちゃぶ台返しとでも訳しますか。今晩のような食事をしたときに、見るとストレス吹っ飛ぶような動画でござる。

    Cinematic Table Flips from Roman Holiday on Vimeo.


    38秒くらいから始まる「自虐の詩」のちゃぶ台返しは、さすが日本のちゃぶ台返し。テーブルが小さいからこそ見事に、しかもバリエーション豊かにひっくり返っていく様…、見ていて爽快。
    昭和世代のおじさん的には、星一徹のちゃぶ台返しを乗っけて頂戴!って思ったりした。オモシロイ。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    お寿司はシャリ。エヘッ
    サカキサン
    ザンギ好きです
    デパートで北海道物産展がある時は
    いつも、ザンギ買っちゃいます

    つぶ貝も大好きです
    美味しそう~


    お寿司はシャリで決まりますょネ~
    生意気ですネ。エヘッ

    翼、シャリがベトッてしてると
    ガックリしちゃいますネ


    なすのもお寿司カナ~って
    違ったのですネ
    つんつんさん / 2014/06/04(Wed) /
    地方のお寿司
    > つんつんさん
    日本全国にお寿司がありますけれど、それぞれのお寿司を特徴付けているのはしゃりの味。
    お寿司って、しゃりがおいしいからこそおいしいって思いますね。
    サカキシンイチロウさん / 2014/06/05(Thu) /
    ご飯を炒める朝の今日 HOME 甘くて冷たい午後のこと
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]