忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ひさしぶりにぐーばーぐ。四谷三丁目の角近くにあるハンバーグレストラン。



    間口小さく、奥に深くつながっている細長い店。入り口を入ってすぐのところに厨房。だからどこのテーブルに行くにもまず厨房の前を通る造りになってる。
    ガラスで仕切られた中にハンバーグを焼くためのグリドルやストーブがあって、一人席とか二人席はその前にある。
    一人で食事をしていてもさみしくないのがありがたい。



    イトーヨーカドーがやってるお店。このお店が一号店で、それから何店かお店を出しているけれど、なかなか方向性が定まらない。
    ハンバーグがメインではあるけれど、提供方法が変わったり他の商品を導入したりと、専門店からデニーズ化への道をたどったときもあった。
    モノを売ることが上手な人に限って、飲食店を繁盛させるコトが苦手だったりするんだよね…、って思ったりする。
    鉄板でジュウジュウさせながらやってくるのは昔ながらのココのスタイル。



    紙の輪っかでグルっと囲んで、そこにソースをササッと注ぐと湯気がジュワッとあがってく。その紙の覆い全体がぼんやり光って、キャンドルみたいに見えたりするのもおいしげでいい。
    湯気が落ち着いた頃合いで覆いをとると、鉄板の上でグチュグチュ、ソースがまだ沸騰しているところもまがオゴチソウ。
    ハンバーグとカットステーキのコンビネーションにエビフライを追加した。
    サラッとした醤油ベースのソースで中にタップリガーリックチップが入っているので、風味がかなり大人味。
    ハンバーグは食べるたび、メッシュが細かくなってく。昔は歯ごたえ系だったのに今では肉汁系に変わったようで、それもココの試行錯誤のひとつの結果。



    「有頭海老のフライ」っていうのが売り物のこのエビフライ。確かに頭のついたエビだったけど、小さな頭の小さなエビで、これなら頭がついてなくてもいいから全部食べるコトができるエビの方がよかったよなぁ…、って思ったりする(笑)。
    カットステーキは一切れが二口分ほどの大きさで、だからナイフで必ずカットしなくちゃいけなくできてる。
    サイコロステーキはサイコロ状。一口ステーキは一口分。カットステーキはカットしなくちゃいけないステーキ…、って、そういう意味じゃないよなぁって思ってちょっと笑っちゃう(笑)。


    関連ランキング:ハンバーグ | 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ドトールコーヒ HOME 日曜日
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]