忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    「いきなりステーキ」というチェーンが次々、お店を増やして来ておりまして、立ってナイフ・フォークを操らなくちゃならない店には行くもんか…、と思っていたけど、経験しなくちゃ話になんないような雰囲気。それで今日。



    新宿で用事をすまして家に帰る途中の二丁目。よくもこんなところに出店したよなぁ…、と思うようなひなびた場所の小さなお店。
    中に入ると、本当に椅子のひとつもなくて、立ち食いなのね。
    今どき、立ち食いそばの店でも立ち食いとは名のみで椅子をおいていたりするのにココは本当に立ち食い。
    いまさらながらビックリします。



    とは言え通路が案外広くて、椅子を置いても十分じゃないかと思うのだけど、食べたらすぐに追い出したいのか。それとも話題を作るためにか、椅子もおかずにずっと食べるワケです。
    カウンターに置かれた番号札をもち、お店の奥のカウンターに行き、好みの肉を好みの厚さに切ってもらう。それを直火で焼きあげるのだけど、「ちょっと時間がかかります」って最初に一言エクスキューズ。
    肉をおいしく焼くには焼いて休ませまた焼いてと、たしかに時間がかかるもの。



    お店の謳い文句が「ダイエット&パワフル」で、たしかに立って待つのはダイエットに良く、パワーがなくちゃこの店にこれないんだなぁ…、と勘違い(笑)。
    ちなみにこの肉。リブロース。
    400g位で切ってくださいってお願いしたら、なんと500g以上に切れちゃった。そのくらいは食べられそうで、いいよ、それでと言ったけれど、ダメって言ったらどうなんったんだろう。
    カット台にハカリを仕込んで塊肉の重量はかり、指定重量が何センチくらいになるのか計算してから切る…、ってそんな工夫をなんでしないのかしら。お金に苦労をしている会社じゃなかろうに。



    ちなみに肉はかなりおいしい。
    厚切り肉は見事にジューシー。肉汁をしっかり蓄えた健康的でたくましい肉。
    もっと旨みがあってもいいかと思いもしたけど、500gほどを食べきるためにはほどよき旨みがありがたくもある。
    なにより分厚さ。噛むたのしさや、スパッと歯切れる心地よさ。肉を征服する感覚が、これ一番のごちそう感。
    塩に醤油、ステーキダレが用意されてて肉の上にはバターとニンニク。途中で飽きたら調味料で味を変えてという趣向。



    グリーンサラダを追加でたのみ、ノードレッシングでシャキシャキ食べる。
    ご飯のかわりにたのんだガーリックライスに、かなりの量の牛すじ肉がはいっててガーリックライスというより牛すじライスのような感じがしてビックリ。
    鉄板ででてくるのだけれど、あんまりジュウジュウさせてなくだから玉ねぎがシャキシャキ、半分生な感じがちと苦手。
    ただとうもろこしはおいしかったなぁ…、サクサクしてて甘くて旨い。



    1g当たり5.5円のリブロースを都合531g。脂は少な目。スジが若干残ってたけど、鉄板の上に残った肉は20gもなかったかなぁ…。
    それで税込み3100円ちょっとというのは見事な値段。
    悪くはないなぁ…、悪くない。
    とは言えやっぱり座りたくなる。忙しいだろうランチタイムはしょうがないとしてディーナータイムには椅子の用意があってもいいんじゃないかと思う。
    そのうちココに椅子が登場した頃に、戻ってきましょうと思う今日。


    関連ランキング:ステーキ | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅



    ところでボクにとって「いきなり」といえばステーキじゃなくて、団子の方。
    熊本県の郷土料理のひとつで、蒸したさつまいもをあんこでくるみ、薄餅で包んで蒸して仕上げたお菓子。さつまいものバッサリとした乾いた食感が好きじゃないので、せいぜい1個が限界のお菓子ではある。
    動画検索をかけたら地元のお菓子屋さんのこんなCM。



    かっこつけたなぁ…、団子をいきなりパクリとやるさま。最初みたとき、徳永英明かと思っちゃった。狙ってる?(笑)。
    タイトルも「夕日のいきなり団子編」。
    それにしても、ここまでおいしくなるっていうけど、どこまでおいしくなるんだろうって、一度夕日の前で食べてみたくなっちゃう。オモシロイ。

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    お肉~
    サカキサン
    こんにちは~


    お肉ボリュームがありますネ
    翼も分厚いお肉食べてみたくなっちゃいました♪


    いきなりだんご
    翼は大好きです
    種類によってよりパサつきが強いのもありますょネ(笑)
    つんつんさん / 2015/04/06(Mon) /
    歯ごたえ
    > つんつんさん
    ステーキの歯ごたえはうれしんですけど、甘いお菓子に歯ごたえはあんまりうれしくないなぁ…、って思うわがままおじさんです(笑)。
    特にさつまいもの歯ごたえ。
    うーん、やっぱり好きになれない。スイートポテトならなんとか食べられるんですけれど。
    サカキシンイチロウさん / 2015/04/06(Mon) /
    空飛ぶサメにキョンシー、それから5つ星 HOME ロッポンギ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]