忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ちょっと近所で打ち合わせ…、モスバーガーで軽く食事をしながらします。

    95accaaf.jpeg食べたかったモノがあって。
    ナンタコス。
    モスバーガーの夏告げ商品。
    まもなく夏がやってくる。
    今の時期に毎年、季節限定で売り出される定番料理。
    ナン状の生地にタコミート。
    サラダ野菜にコーンチップ、それからチーズという組み合わせ。
    メキシコ料理のタコスの皮をナンに変え、お腹いっぱいにたのしくなっていただきましょう…、というココのオリジナル。

    最初は「ナンカレードッグ」って名前で開発されたモノ。
    今よりもっと短めでフックラとしたナン生地に、カレーソースにソーセージ。
    酢漬けオニオンをアクセントにした、それはそれはおいしく夏だけじゃなく定番商品にして頂戴…、って人気を博した商品だった。
    けれどそのナン。
    製造パテントやコストなどで折り合いつかなくなっちゃっていつしかなくなり、リニューアルして今に至ったという次第。
    年々、生地が薄くなる。
    特に今年のナンの薄さはココロ寂しくなるほどで、ユニクロのダウンジャケットが薄くなるのはウレシイけれど、ナンは薄くなってほしくはなかったなぁ…。
    もっちり感がかなり痩せ、しかも味の決め手になるタコミートの量まで減った。

    しかも野菜をかざるチェダーチーズがとてもチープな味のモノにかわっちゃってる。
    ab951f4c.jpeg野菜を食べているはずなのに、安っぽいチーズの風味しかしないかなしさ…、何がどうなりこうなったのか…、大人の事情がいろいろあるに違いないけど、本当にさみしい。
    ボクの好きな食べ物が、今日またひとつ、なくなっちゃった。
    安く売りつつ利益を出すって、大変なのだろうと思うのだけど、味を勝手に変えてまで安くしなくちゃいけない理由があるとしたらばボクら食べ手のせいでもあって、そうだとしたら、本当に哀しく耐え切れない。
    コーンポタージュの上に浮かんだクルトンを、ひとつひとつスプーンですくって味わいながら、お前らだけは、ずっとこうしてココにプカプカ浮かんでるんだよ…、っていいつつしんみり、涙する。

    スパゲティーを作ります。

    horensopasta.jpgほうれん草がタップリあった。
    芯が細くて、葉っぱやわらか。
    サラダ用のほうれん草って売られてて、ひと口試しに食べてみたら甘くてシャリッと食物繊維がたのしく潰れる。
    青い香りは爽やかで、これが主役のパスタにしよう。

    スパゲティーニを固めに茹でる。
    塩を多めにくわえたお湯で、麺に下味シッカリいれる。
    フライパンにオリーブオイル。
    そこに潰したニンニクと、赤唐辛子を入れて弱火で油の温度を揚げていく。
    おいしい香りがフライパンから立ち上がってきて、白肌ニンニクがこんがり茶色に色づいてくる。
    そこに大きく切った薄切りベーコンを入れて焼きつつ脂をとかしてく。

    ほうれん草を網にいれ、グツグツ沸いたパスタを茹でてる鍋の中にいれ軽く茹で、すぐに引き上げ塩と胡椒とオリーブオイルでドレスして、あとはパスタが茹で上がるのを待つばかり。

    ピピッとタイマーがなる直前に、フライパンの油を沸騰寸前にまで温めてそこにパスタとほうれん草を入れて茹で汁くわえてタプンタプンをあおってトロミをつけていく。
    お皿に盛って食べると、グーッ。
    パスタにベーコンの脂の旨味と茹で汁の塩、焦げたニンニク、赤唐辛子の辛味が入って食欲そそる自分ながらも見事な出来栄え。
    調理する前、山のようにあった緑のほうれん草がお腹の中に全部楽しく収まった。

    MACARONI.jpg食べた後で、今日のパスタをスパゲティーじゃなくマカロニで作ったら「マカロニほうれん荘」になったのに…、ってちょっと思った。
    1977年から2年間、少年チャンピオンで連載されたギャグマンガ。
    不条理で絶えず暴走している、物語としては破綻しっぱなしの内容でけれど毎週、続きが読みたくてしょうがなかった不思議な作品。
    ランナウェイズのチェリーボムや、レッド・ツェッペリンなどの当時はやった洋楽のアーティストや曲がモチーフになってたりして、それがまたまたおもしろかった。



    特によく出てきたのが、クイーンでなぜだか描きやすいはずのフレディー・マーキュリーじゃなくて、ブライアン・メイが良く出ていたのが不思議な思い出。
    物語の中でそのブライアン・メイらしき外人が、ほうれん荘の管理人の娘さんが経営している喫茶店「アップルハウス」にやってきて、リクエストした曲が、クイーンの「華麗なるレース」でそのあるバルムの中で一番好きな曲が、「Somebody to Love」。
    それで上に貼っときました。
    これを聞くたび、そしてフレディー・マーキュリーの歌う姿を見るたびなぜか、クマ先生のコトを思ってしまう…、ボクの青春の一頁。
     

    拍手[8回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    同じく青春
    本日3本目です。サラダホウレンソウのパスタはザックリ混ぜ合わせとヘルシー派です。同時代を生きた者どうしとくれば そりゃあ ジミーページ派でした。懐かしや。
    ゆかさん / 2012/05/27(Sun) /
    プログレ
    > ゆかさん
    プログレッシブロックからヘビメタへと移行する、ロック世界の大転換期。
    レッド・ツェッペリンの存在は偉大すぎます。
    コーダなんて、いまだに聞くと体中が震えるようですよね。
    ほうれん草のサラダは昔、好きすぎてお医者様から注意されことがあります。
    サカキシンイチロウさん / 2012/05/27(Sun) /
    運動会で
    昨日は娘の小学校の運動会でした。2年生のかわいこちゃんたちがフィンガー5の学園天国で踊り、娘たち高学年はクイーンのメドレーに合わせて組体操を披露してくれました。
    私の母も見に来てくれていたのですが「懐かしい!」と大喜び。世代を越えても、良い物は良いですね。

    ちなみに応援団の応援合戦では少女時代の曲で踊った娘(笑)ちょっとセクシー風味の面白い振付、それを野太い男子団員も一所懸命踊っちゃうのがまた微笑ましく笑いを誘ってました。
    運動会の選曲も、時代と共に変わるんですね~。
    Nimamepandaさん / 2012/05/27(Sun) /
    ステキよーお客さん!
    って言うキンドーさんが忘れられませんねー。
    ノせられた後のクマ先生の
    「ノォッッ!」の嘆きも♪
    勢いがあって、大好きな漫画でしたー
    99さん / 2012/05/27(Sun) /
    運動会で!
    > Nimamepandaさん
    運動会でクイーンのメドレーとは…!
    バイシクルレイスとかは確かに運動に合いそうな感じもしますけれど、時代も変わったものですね。
    もしかしたら選曲する先生たちがナツカシイと思う曲がその時代の曲なのかもしれないですね。
    サカキシンイチロウさん / 2012/05/27(Sun) /
    うっほうっほ!
    > 99さん
    ナンセンスの極みなんですけれど、なんだかたのしいんですよね。
    内股の乙女走りで逃げていくクマ先生の姿に、今となっては不思議な親近感を感じたりもして(笑)。
    なんだか見返したくなっちゃいました。
    サカキシンイチロウさん / 2012/05/27(Sun) /
    お兄さんの漫画
    クイーンの動画、どうもありがとうございました。姉の影響で、幼稚園児の頃から聞いております。。
    ところで、マカロニほうれんそうは、幼なじみのお兄さんが読んでいて、当時の私にはわからない世界でした。こんな漫画を読むお兄さんに、ちょっと尊敬の念を抱いていました!
    ルスルスさん / 2012/05/28(Mon) /
    ボクの妹も
    > ルスルスさん
    ボクの影響でしょうか…、ボクの妹は「としちゃんみたいな人と結婚したい」と言っていた時期がありました。
    罪なコトをしてしまったと思っています。
    サカキシンイチロウさん / 2012/05/28(Mon) /
    マカロニほうれん荘!
    パスタも美味しそうだし、QUEENの映像も凄いけど、
    何と言ってもとしちゃんとキンドーさんにクマ先生!
    中学生の頃のボクは、この作品が連載されてた頃(70年代後半)の
    チャンピオンが大好きで!
    マカロニ以外にも、エコエコアザラクとか、ドカベンとかガキデカとか。
    マカロニほうれん荘は、去年久しぶりに読んだら
    これまた凄くってびっくりしました。いや、今でも新しいんですよね、もろもろ。
    一話の中に凝縮されたギャグが山盛り入っていて、
    この人の頭の中どうなってるんだろう?って首傾げるぐらい。
    部屋の整理でどっか行っちゃったけど、
    そのうち見つけて今度お持ちしますね、コミックス。
    まりおさん / 2012/05/29(Tue) /
    わーい!
    > まりおさん
    うれしいです。
    今、この年になって、果たしてあのコミックをどう感じるのか。
    たのしみです。
    サカキシンイチロウさん / 2012/05/29(Tue) /
    月曜の朝、ドトールの朝 HOME イエアサゴハンに妻家房
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]