忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼間、実家からおかずが届く…、それを使って夜とする。

    45efdf9e.jpeg実は昨日、デパ地下の魚売り場で茹でダコ買おうかちょっと迷った。
    ひさしぶりにタコの足をシットリ煮込んだ煮物を食べたい。
    そう、思ったのネ。
    けれど近くに置かれてたマテ貝の方に気持ちがいって、それで我慢したのだけれど、なぜだか今日の荷物の中に、タコの煮物が入ってた。

    以心伝心とでもいいますか。
    食べたいなぁ…、と思ったモノが、特別そう言ってるわけでも無いのに送られてくるコトが結構、多い。
    気持ちがどこかで繋がっている。
    互いが互いを思っていると、こうしたコトがおこったりするのでありましょう。
    なんだかウレシイ、ありがたい。
    ツルンとしたタコ。
    みためにスベスベ、口に運ぶとムチュンと奥歯を包みこむ。
    なめらかなのにハリがあり、歯を押し返すしたたかな弾力に満ちた海のゴチソウ。
    甘辛に煮た煮汁がジュワッと吹き出して、コリコリ、吸盤が舌なぜる。
    ほうれん草を茹でてしぼって、醤油であえて、胡麻をちらしてサイドに添える。
    おだやかな味。
    田舎のゴチソウ…、みたいな感じ。

    710e5e54.jpegそれから牛肉。
    脂の少ない牛もも肉。
    それをほんの少しの砂糖をくわえた醤油でただただ煮込んだモノ。
    ボクが脂が少ない、赤身の肉が好きなのは多分、母の影響でしょう。
    せっかくもらった上等の霜降りの肉も、みんな脂をとってから調理するのが母の流儀。

    今日の肉の塊も、キレイに脂が削ぎ落とされてて、見事なほどに赤身だけ。
    ガッシリとした歯ごたえで、噛むとボロッと一口分が壊れて口に入ってくる。
    アメリカのデリででてくるコーンビーフのようにボソボソ。
    ほとんど肉には水気がなくて、だから肉のうま味がギシッと凝縮されてる。
    かなり顎に力を入れなきゃ壊れてくれぬ肉。
    けれど噛めば噛むほど肉のうま味が滲んで、口の中がおいしくなってく。
    まるでカツオのなまり節を醤油につけたの食べてるみたいな、なつかしさ。
    時間をかけてユックリ食べる。

    ad949fb6.jpegエビの料理をふたつほど。
    一つはエビのすり身を揚げたフライもの。
    中に茹でたエビがゴロゴロはいってて、ムッチュンとしたすり身のエビと、プリプリのそのままのエビの食感が一度にたのしく味わえる。
    そのまま食べてもまぁ、おいしい。
    けれど何か一味足りず、どうして食べればいいだろう…。
    ちょっと思案して、そうだ、コレ。
    冷蔵庫の中に眠ってた、スイートチリソースを取り出して、それとマヨネーズをあわせてソースにすることにした。

    タイの料理にエビのさつま揚げフライってのがあって、それにちょっと食感、味わい、近かった。
    タイのフライはスイートチリをタップリつけて、レタスで包んで食べる食べ方。
    酸っぱく甘くて、しかもほんのり辛味もあって、なによりガーリッキーでエキゾチックな香りがおいしい。
    お酒がすすむ料理になった。

    それからもひとつ…、讃岐の海老天。
    東京で海老天といえば、エビに衣をつけて揚げた普通の天ぷら。
    ただ讃岐、あるいは瀬戸内で海老天といえば、エビのすり身を揚げた練り物。
    小エビを殻ごとすっていて、だからホジホジ、細かなプチプチが歯茎をなぜる。
    その食感がかなり独特。
    練り物っていうよりも、エビを丸ごと食べてるみたいなそんな感じがするのがステキ。
    田舎ご飯で、土曜の夜がおだやかになる…、ごちそうさま。

    DVDや録画しといた映画をいくつかみながらの夜。
    ホラーやアニメ、良作、駄作それぞれで映画版の「大奥」の出来の悪さにこれってもしかしてコメディーなの?って思ったりする昨日、今日(笑)。
    ちょっとステキで気になったのが「宇宙ショーへようこそ」って言うアニメ映画。
    去年、ひっそりと公開された少年少女アドベンチャーものって感じの映画で、背筋がシャンと伸びるような勇気がもらえる物語り。



    子供たちがちょっとした出来事を通して、大人になっていく。
    そういう映画って結構あります。
    しかもそれが、友人と共に過ごした夏休みの出来事がキッカケだったっていう物語りには名作が多かったりする…、その一つ。
    漠然とした夢が、冒険を通しながら具体的な夢に徐々に変わってく。
    多分、そうした過程で「子供が大人になっていく」んでしょう。
    子供の頃の情熱と、希望と夢を持った大人が、そのうち夢を無くしてしまって「ただの大人」になりはてる。
    どんなコトがあっても夢はなくしちゃいけない…、そんなコトを感じるステキな映画でござった、オキニイリ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    同じく
    ウチも四国の実家から本日、卵が詰まったイイダコ&じゃこ天が届きました~
    いくつになっても母親からしてみれば子供なんでしょうね~
    モリシーさん / 2011/02/27(Sun) /
    イイダコ
    > モリシーさん
    ギッシリ卵の詰まったイイダコ。
    今の季節のオゴチソウですね。
    もういい年のオジサンなのに、母にとっては小さな子供。
    ありがたく甘えさせていただくという親孝行をたのしませていただいています。
    サカキシンイチロウさん / 2011/02/27(Sun) /
    ニノのかつら姿
    ああ~やっぱり「大奥」はダメですか~(笑)
    原作マンガが大好きなだけに
    あの貧相なかつら姿をTVで見た時は
    がっかりしました…
    原作の含みというか余韻というか、無言の芝居が上手そうな役者さんも出ていないかんじですけど、
    どうですか?(笑)
    99さん / 2011/02/27(Sun) /
    ニノのではなく…。
    > 99さん
    ニノ主演の漫画原作の男女逆転劇のではなく、フジテレビでやっていたTVシリーズの映画化の奴なんです。
    好いた惚れたのエピソードが薄っぺらで、かなりお金をかけたんだろうなぁ…、と思いはしましたけれど、中身はかなり残念でした。
    ご指摘の大奥はまだ見てないんです。
    機会があればと思います。
    サカキシンイチロウさん / 2011/02/27(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    トリオサンドにコーンポタージュ、日曜日 HOME 蜀郷香
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]