忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜に入って少々、喉の調子がおかしくなった。
    咳が止まらず、いやぁな汗もやってくる…、また風邪がぶり返しているのかなぁってそれで栄養つける。

    682f70cd.jpeg玉子を焼きます。
    ボウルの中に玉子を溶いてそこにネギをタップリいれる。
    それからツナ缶。
    タプタプタプタプ混ぜあわせ、油をひいたフライパンでこんがりと焼く。
    オープンオムレツみたいな感じでひっくり返し、またひっくり返し。
    油をタップリ吸わせつつ。
    卵自体からも含んだツナの缶詰のつけた油がにじみ出てくる。
    それでブスブス、穴があく。
    白身の部分がサクッとなってとっても軽い仕上がりだった。
    元気をつけよう!って思ったときに、思い浮かぶのが玉子焼き。
    やさしい滋養をもらえる感じで、しかも手軽でありがたい。

    それから、炊き込みご飯をつくってみます。

    f6aeed69.jpeg具材を準備。
    ニンジン、シイタケ、ゴボウに油揚げ。
    全部はまずは油で炒める。
    そして砂糖と醤油で味を整え、きんぴら風にして冷まして味を含ませる。
    お米を洗い、水をタップリ含ませて、一旦、ざるに取っておく。
    土鍋に水を適量はります。
    そこにお米。
    具材をそっと表面に置き、讃岐の鎌田の出汁醤油。
    それだけ入れて火にかける。

    はじめチョロチョロ、中パッパ、腹が泣いても蓋とるな(笑)。
    とほぼ炊き上げて、蒸らしに入る寸前にかなりの強火でバチバチ音がなるほど焼いた。
    それでしばらく蒸らして完成。
    キレイなおこげがタップリできる。
    蒸らして仕上げたおこげのためにシットリしてる。
    ぬれ煎みたいな食感、風味で歯に貼りつかないのがうれしいところ。
    醤油の味の素朴なご飯。
    田舎の味にホッとする。
    一緒に小蕪の塩もみ。
    葉のついたままの小さな蕪を両手につけた塩でこすってジップロックにしばらく保管。
    水気が出たらキレイに洗って、ぎゅぎゅっと搾って胡麻にポン酢でカリコリ食べる。
    蕪独特の軽い苦味がビリッと爽快。
    胡麻がプチプチ、はじけて甘い香りを発する。
    塩でしまってクニュッと表面がなめらかになる、その食感もやさしくていい。

    ca8c51e0.jpeg汁の代わりにおでんを食べる。
    セブンイレブンで買ってきたモノ。
    ここのおでんは出汁がおいしい。
    だから具沢山のお汁と思えば、重宝します。
    いつもはギッシリ、おでん鍋の中に具材がならんでいるのに今日はかなりスカスカ。
    何を食べようと選んだタネは、しらたき、つみれ、大根、玉子。
    どれも食感に特徴あるもの。
    ザクザクバサバサ、口の中で暴れてなかなか消えていかないしらたき。
    プチュンと出汁を吐き出す大根。
    ふんわりとしたつみれと、それからむっちりとしたゆで卵…、って思い食べつつ、ここでも玉子を選んじゃった。
    体が玉子を求めていたんだ…、ってそういうコトにいたしましょう。

    原稿書きがまだ終わらない。
    お風呂に入って、体と頭をあっためてもう一頑張りいたしましょうと…、そんな夜。

    ところで、世界最大の映画大国、インドで公開されているSF映画のトレーラー。
    スンゴイことになっちゃてるんで、是非、ご紹介。
    予告編ではあるのだけれど、なんと10分を越える長さがあってちょっとした短編映画くらいのボリューム、しかも中身がギッシリで胸焼けクラスの満腹気分を味わえます。



    感情を持ったロボットを作りました。
    そしたら彼が失恋して、暴走しちゃってもう大暴れ。
    壊してやろうとするのだけれど、大変なことになっちゃいました…、って話自体は単純なんだけど、CG技術フル動員でインド映画独特の人海戦術的なる世界を作りだしてる。
    こうしたイメージって、アメリカ人にも日本人にも多分、思い浮かばないんだろうなぁって思う。
    代表的なる多神教である、ヒンズー教の国だから…、ってコトもあるんでしょうか。
    目が覚めました…、さて、仕事。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    腹が泣いても蓋とるな。
    赤子ではなく腹。
    サカキさんらしくて、ぷっと笑ってしまいました(笑)

    私はおでんの具の中で、玉子が一番好きです!
    というか、玉子がなければおでんではありません(笑)
    lovekuma69さん / 2011/02/06(Sun) /
    そのとおり
    > lovekuma69さん
    赤子は家にはおりませんので(笑)。
    おでんの玉子はゴチソウですよね。
    玉子、しらたき、竹輪、玉子、牛筋、玉子、大根、魚河岸、玉子で仕上げ…、とそんな具合に大人食いをしてみたいと思う今日この頃でございます!
    サカキシンイチロウさん / 2011/02/06(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    朝ジョナサン HOME スタバに海老天
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]