忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    午前中、麹町から新宿界隈を打ち合わせかね移動して、それでお昼を壁の穴。

    ka.jpgいつもと違った、ちょっと変わったものを注文。
    というのも、今月のテーマを「寄り道」とした。
    事務所を変わって環境かわり、今までずっと身に付いていた習慣、なじみを再構築する。
    予定調和を壊しながら、新しい発見を探して歩こう…、と。
    例えば昨日。
    「秋刀魚」を朝のご飯のお供に選んで食べた。
    今日は今日にて、来慣れた店で初めての料理を取ろうと思った。

    メニューを見る。
    壁の穴のメニューブックをキチンとみるのが久しぶり。
    いつも食べてる魚卵モノ。
    この前食べたミートソースや、アサリ、しめじといった醤油味モノは今まで何度も試食済み。
    はじめてのって何があるかなぁ…って、しげしげ眺めて一つ見つける。

    梅しそ味。

    94f92268.jpegよっしゃ、これ!って、試してみます。
    朝も梅のおむすび食べた。
    今日は梅がテーマの日!

    梅しそスパゲティーに椎茸のせて。
    肉厚の椎茸を醤油風味をきかせてフライパンでシットリ焼いたのが全部で5枚。
    油をまといツヤツヤしたのが、山なすパスタに寄り添う姿が、なんだかとてもジャパネスク。
    練り梅のようなペースト状のソースがかかっているかと、予想してたけどまるで違って麺の上には大葉だけ。
    どんな味?って、思って食べるとこれが梅味。
    梅の酸味を含んだ何かを醤油ダレと一緒にじゃじゃっと炒めて麺にからめてあるのでしょう。
    結構、これが酸っぱくて、梅干しの果肉ペーストって感じじゃないのね。
    梅干しを漬けている汁にちょっとだけニンニク醤油をたらして炒めた。
    そんな感覚。
    お腹がキュキュっと引き締まる。

    タバスコをバシャっ。
    辛味を足すと酸味が引っ込む。
    むしろ梅の風味が引き立って、柑橘っぽい酸味を甘みと弱った舌が勘違いする。
    おもしろい。

    アイスコーヒーをカランと飲んで、喉のヒーヒー、おさめて食べる。

    8e578f01.jpegそれにしても炒めた椎茸のおいしいこと。
    その表面を貫こうとする前歯をはじいて抵抗する。
    逃げようとする、それを奥歯でガッチリつかみ、顎にひときわ力を入れるとスパッと歯切れる。
    一旦、とっかかりができてしまうと自らちぎれて裂けてゆくのがまた潔く、一緒にジュワッと旨味にまみれたジュースを吐き出す。
    ああ、旨し。
    噛み続けると食感かわって、舌や口の粘膜にピトっと貼り付くようなしたたかさ。
    マッタリとした歯ごたえとともに、ずっと旨味が持続する。
    喉に手渡し、口の中からなくしてしまうのが勿体なくなる、そんな味わい。

    そういえば。
    昔、台湾への出張がよくあったとき。
    現地の人にもっていって、一番よろこばれたお土産が「どんこ椎茸」。
    旨味をタップリ蓄える、歯ごたえたのしい素材が好きな台湾の人。
    アワビなんかより分厚い椎茸の方がおいしい…、なんて人すらいたくらい。
    行きのスーツケースの中にはギッシリ、乾燥椎茸。
    それを配って、代わりにもらったウーロン茶葉をタップリ詰めて帰っていくのが、3泊4日のボクの台湾出張だった気がする。
    なつかしい。

    新宿の昼、堪能す。


    ところでニコンのデジカメが、とんでもないことになってくようです。

    e2df92f1.jpegCOOLPIX S1000pjっていう9月発売の新商品。
    カメラ本体に二つのレンズ。
    右手にあるのは撮影用のカメラレンズで、ならば真ん中にあるレンズは何?っていうと、これが画像投影用のレンズなんだというのです。
    つまり「プロジェクターが内蔵されたデジカメ」というコト。
    世界初!
    投影距離を2メートルにするとなんと40インチ相当の大きさにカメラ内の画像を投影することができるというモノ。
    おもしろい。

    メーカーでは旅先で撮ったモノをホテルの壁に映し出しみんなで眺める…、なんて使い方を想定しているようなんだけど、これ多分。
    スゴいビジネスツールになるんじゃないかと思う。
    だって、PCで作ったプレゼンシートをJPEGに書き出して、これで映しながらプレゼンする。
    汐留界隈のD通さんやH堂さんなんかがしちゃいそう…。
    そのうち3D画像を投影できるデジカメなんてでてくるかもしれないです。
    映画の世界がまた一歩、現実向けて近づいた。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    お固く見えて。
    たまにnikonって変なの作るんですよねぇ。
    これとか↓
    http://www.upxup.jp/
    でも確かに、みんなで写真見たいけど、いつもテレビ接続ケーブル持ち歩くわけにもいかないですし、楽しいといえば楽しいかも。
    というか、日本より海外の大きいおうち向けって感じもします。
    キザキさん / 2009/08/05(Wed) /
    優等生もたまにはこうして…。
    > キザキさん
    カメラらしいカメラ作りが好きな会社なのに、たしかに昔からたまにへんてこりんな工夫をしますよね。
    かつてスイヴェルレンズを得意としていたように。
    面白いですよね。
    これ日本では家庭用じゃなくて業務用でうれそうな感じです。
    サカキシンイチロウさん / 2009/08/05(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    フレッシュネスになか卯のあいがけ HOME ハズレなしの朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]