忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    出発前の腹ごしらえ…、と言ってもお腹が取り立てて空いていたわけじゃないんだけれど、食べ残したモノがあってそれで飛行場のセルフサービスのお店で食べる。



    牛肉麺でございます。
    牛肉麺と書いて「ニューローメン」と読むのだけれど、台湾に来たらまずそれを食べなくっちゃ気がすまないほどのオキニイリ。
    牛すじ肉を筋がトロトロになるまで煮込む。煮込むスープは八角風味の醤油ダレ。
    タレの味が肉に入ると同時に、肉の旨味がタレに移ってどちらかと言えばタレがおいしくなるのですネ。
    丁寧にとった塩味スープに、その牛肉の味が移ったタレを加えて仕上げる。



    麺は断面まんまるの芯までムッチリとした麺でツルツルするには表面ゴツゴツ。その分、スープをたぐりよせモグモグ噛んでスープと一緒に味わう感じ。

    湯通しにしたチンゲンサイは、さすがにシャキッと歯ごたえよくてしかも甘くて野菜を食べてる…、って実感が湧く。
    牛すじ肉は筋はムッチリ、肉の部分はバサッとほぐれてネットリ舌にからみつく。
    八角風味のスープをごくり。



    山椒がビリッときいていて、舌がビリッとするのもなんだか台湾的にて、オキニイリ。
    あぁ、台湾に今いるんだなぁ…、としんみりします。
    とはいえ、あと小一時間で旅立つボク。
    そんなボクに後ろ髪をひかせるような味わいで、サイドについてやってくる塩とスープで和えた枝豆がコツコツ、奥歯を叩く食感もまたオゴチソウ。

    そしていよいよ帰りの飛行機。



    行きとおんなじエアバス社。行きとおんなじ機材なんだけど仕様が違っているんでしょう。液晶モニタもちょっと大きく高級で、しかもびっくり。
    空調ダクトか水蒸気が霧になって吹き降りてくる。
    機内が乾燥しないようにというコトなんでしょう…、ミスト効果で涼しくもある。
    けれどなんだかスーパーの野菜売り場の棚に並んだ野菜のように自分が思えて、笑っちゃいます。これって普通のコトなのかしら。オモシロイ。

    さあさあ夜の機内食…、選択肢はまた2つ。ひとつはチキンライス、もうひとつはポークライスということで、チキンライスを選んでたのむ。



    メインディッシュのお皿を覆った蓋をめくると、なんとそこには鶏のから揚げの甘酢煮がのっているではございませんか(笑)。
    たしかにこれもチキンライス。彼らは一切、日本的なるケチャップ味のチキンライスとは言わなかったから、これもひとつのチキンライス。
    ただ「そうきたか〜」とやられた感が漂う切なさ。
    なによりご飯の上に置かれた紅しょうがと胡麻のちらかるやっつけ感に、トホホとなった。ポークライスにすればいいかと、実は思ったのだけれど…。



    ボクの隣の人がたのんだポークライス。
    ご飯の上にピンク色したハンバーグでも、ハムでもなければ、豚ひき肉を蒸したモノにおそらく違いないのだけれど、まるでスポンジ。
    たのんだ人は蓋をあけ、この物体を目にした瞬間、見ちゃいけないものを見ちゃったって思わず蓋してしまったよ…、って。
    たしかにそんな謎の物体。味を観ますかと言われたけれど、ボクも自分の料理をどう片付けようかと頭がそれで一杯で辞退しました。ごめんなちゃい(笑)。



    チキンライスは半分ほど食べ見切りをつけて、パンにナイフで切り目を入れて、そこにマカロニサラダを突っ込む。マカロニサラダのサイドにあったローストチキンをせせったものを、一緒に挟み、サンドイッチのようにしてパクリと食べるとこれが結構、いけたりします。
    一緒にトニックウォーターもらい、ブクブク泡と苦味をたのしみ、口の中をスッキリさせる。
    お茶のお供にとパイナップルケーキがついていたのがさすがと思う。ホロホロ崩れる儚い生地で、パイナップルの甘煮を包んだ台湾名物の干菓子のひとつで、異国のお菓子のはずなのに、なぜかどこかなつかしい。やさしい甘みと酸味にウットリしました。空の旅。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    チャイナエア
    こんにちは。
    先月のハワイ行きはチャイナエアだったのですが、機内食が泣きそうなくらい寂しかったです。帰りのビジネスで唯一美味しかったのは、ハーゲンダッツのコーヒーアイスクリームです。
    五香粉風味のマトウダイのソテーという代物にはびっくりしました。私が家でこれを出したら、きっと間髪入れずに追い出されます。
    美味しい台湾料理を出すには、チケット代が安すぎるのでしょうかねえ。
    うりさん / 2014/07/03(Thu) /
    一発勝負でも
    > うりさん
    台湾の麺線や牛肉麺だけでもいいんですよね。
    機内食っぽいものを出そうとするから、寂しくなっちゃう。屋台料理を提供してくれればお腹もココロもたのしくなります。
    それにしてもハーゲンダッツが一番おいしかったとは…、わかるような気がします。
    サカキシンイチロウさん / 2014/07/03(Thu) /
    東京の朝 HOME 鼎泰豊
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]