忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝を自宅でつくって食べる。

    9f2153ea.jpeg飛石連休の最初の日。
    けれどもちょっとあれこれ仕事がいそがしくそれで午前中は自宅で仕事。
    まず腹ごしらえすることにする。

    まず、冷奴。
    絹ごし豆腐のおいしいのがあり、それを軽く水を切っとく。
    斜めに傾けさらしをひいたまな板に、豆腐をしばらくのっけて放置しておいた。
    水気を搾り出すのでなくて、自分の能力で余分な水気を吐き出させとく。
    豆腐の味がミッチリ、これで引き締まる。

    お皿に盛ってそこにタップリ釜上げしらす。
    他に何も加えなくとも、しらすの味で豆腐をおいしく食べられる。
    風味のために大葉を刻む。
    パラッとちらして、今日のメインディッシュの出来上がり。

    ひやっと朝の豆腐がおいしい。
    シットリとしたしらすが豆腐のツルンとハリのある、なめらかな食感ひきたてる。
    グシャグシャっとしてご飯にのせると、豆の香りがフワッとたってシラスのうま味も上等になる。
    ポン酢を少々。
    パシャッとかけて食べるとスキッとお腹も目を覚ます。

    8e5b72eb.jpeg玉子を焼きます。
    砂糖をいれて甘くする。
    卵焼き器でカッチリかたやき。
    細い芯をまずは作って、それをほんの少しずつ。
    くるくるくるくる、くっつけ巻いて太らせていく。
    だからスカッと噛むとカクカク、前歯が層を感じるほどに堅くって、けれどそれがおいしく感じる。
    こんがり焼けた玉子の甘い香りがゴチソウ。

    それからキャベツ。
    塩で軽くもみ、しその実、それから山椒と一緒に漬け込む。
    千切りニンジンやスライスオニオン。
    冷蔵庫の中のちょっとずつ残った野菜を使って風味と味をととのえ、ギュッと搾ってボウルに入れる。
    シャキシャキ、歯茎が痒くなるようなキャベツの歯ざわり。
    火の入り具合と形状で、これほど食感が変わる野菜はなかなか他に見つからぬ、しかもどの状態も好きというのがオモシロイ。
    サンドイッチで始める朝もいいけれど、ご飯を炊いてはじめる朝もまたいいものでござります。

    午前中、仕事をミッチリ…、気づけばなんともう2時も前。
    昼ごはんを食べなくちゃって、それで近所のグレースにくる。
    b4f17d0c.jpegワザワザ、目指してやってくるような店というわけじゃない。
    けれど近所にこうしたお店がある生活って、いいよなぁ…、ってしみじみウレシク思う、ありがたさに溢れたお店。
    朝もお昼も、お茶を飲むのも、それから軽い夕食もと、ファミリーレストランが一時期目指して、でもなりきれなかった「一日使えるご近所レストラン」ってこんなお店だったんだろう…、って思ったりする。

    カルボナーラをいただきますです。

    02d949c5.jpeg先日、念願のここの大盛りナポリタンをめでたく完食。
    まだその上には特盛りがある。
    いつかそれをと思いつつ、今日は並盛り。
    ココのカルボナーラはかなりコッテリ。
    しかもクリーミーななめらか系じゃなくってポソッと、玉子がパラパラしたタイプ。
    量、食べるにはかなりの難物。
    だからこのカルボナーラの大盛りを食べることができたら次はナポリタンの特盛りを…、って思ったりする。

    今日はなぜだか胡椒がタップリ。
    まるで本当に「炭小屋の中で灰をかぶって汚れた」ような姿で、食欲ガツンとそそる。
    ベーコンもちょっと多め。
    しかもガリガリ、かなりこんがり焼けていて風味豊かで脂も旨い。

    チーズをタップリ。
    タバスコ、バシャバシャ。
    本格的なイタリア料理のお店だったまず出来ない。
    味を台無しにするんじゃない…、って追い出されそうなやり方だけど、そんなコトくらいでここのカルボナーラの味は揺るがぬ。
    むしろコッテリ味にチーズのコクとタバスコの酸味がくわわりメリハリがつく。
    今日もたのしくめでたく完食。

    付き合ってもらった友人が食べたカレーをちょっと分け合う。

    caedfcd7.jpegここのカレーはかなり甘口。
    カレーに限らず、朝食につく野菜の煮物やマカロニサラダ。
    昼の定食の生姜焼きなんかも甘くできてて、もしかして、九州出身でらっしゃいますか?って、聞きたくなるほど。
    なかでもカレーは野菜の甘みがとてもやさしい。
    しかも野菜や肉がトロトロになるまで煮こまれていて、味が全部、溶け合っている。
    特にジャガイモ。
    崩れていくのを恐れず、クツクツ煮こんでだからルーがトロンとなめらか。
    ところどころにホツホツとした芋のかけらが混じってて、それが口でホロホロ壊れていくのがたのしい。
    チーズをトッピングしてもらったら、チーズを乗っけてオーブンの中で軽く焼いて出してくれる。
    トロンとなめらか。
    うま味にチーズが拍車をかける。

    それにしてもここの店。
    こまかなところがしっかりしてる。
    掃除がキチンとゆきわたってて、どれもキレイに使い込まれてる。
    新しいモノはほとんどなくて、けれどどれもがキラキラ。
    例えばカレーのコンディメントが入ってるケースのカバー。
    ステンレスの網状の籠なんだけど、こうしたモノが一番汚れて汚くなるのがここではピカピカ。
    気持いいなぁ…、って思ったりした、ごちそうさん。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    グロム、夜飯、それからGLEE HOME 冬の夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]