忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝の寝ぼけ眼に、スキッと一本。
    イリーブランドの缶コーヒー。

    7e89ea84.jpeg発売されたことは知ってはいたけど、その実物に遭遇する機会がまるでなくって、でも昨夜。
    たまたま入った近所のセブンイレブンで発見せしめる。
    それで買う。
    エスプレッソに少量のミルクをのっけたマキアート。
    機能性健康ドリンクが入っている的な独特のボトルのデザイン。
    ボクは当たり前のコーヒーじゃないんだよ…、ってメッセージを強烈に発散していて、ちと、お洒落。

    味はかなりサラっとしてる。
    ミルク濃度がかなり高くて大人味のコーヒー牛乳みたいな感じ。
    甘味、ほのかでけれどエスプレッソの風味と苦みはしっかりしてる。
    だからゴクゴク飲めるおいしさ。
    なのに量は少なめ。
    飲み終わった瞬間に、ああ、もう一本、飲みたいなぁ!って思わせるよなそんな1本。
    オキニイリ。

    そうして今朝もサンドイッチ。

    482afe8a.jpegトースト。
    キュウリ。
    ハムにそれから目玉焼き。
    この組み合わせのサンドイッチが多分、ボクは、一番、好み。
    キュウリのシャキシャキ、緑の香り。
    ハムの味わい。
    目玉焼きの焦げた白身のサクサクと、プチュンと歯切れるまったりとした黄身の味わい。
    どれが欠けても、この味わいにはなってくれない。
    朝のサンドイッチにあるとウレシイ食感が、全部もれなく含まれている。
    過不足なき朝の贅沢。
    今日はそれに、昨日使い残したルッコラを足し、贅沢以上に贅沢にする。
    日曜の朝。
    食欲満点。

    昼は近所の主水。
    島根料理の専門店で、まずは蕎麦。

    ランチ用の割子蕎麦をたのんで食べる。

    cf615d78.jpeg平日の忙しいランチと違って、週末。
    それもお店が開店してまもない時間は厨房の中もとてものんびり。
    すべての料理が注文を受けてから仕込み、調理とちょっと提供時間がかかってしまう。
    まぁ、それもよし。
    先を急ぐ食事でもなし。
    待った分、ツヤツヤ、プルプル。
    麺を小分けに盛りつけたお椀に直接タレをかけ、千切り海苔にネギに紅葉おろしでズズッとたぐる。
    江戸の蕎麦にはわさびだけれど、出雲そばには紅葉おろし。
    お椀に直接、口をつけるようにしてタレも一緒にすすりこみ、モグモグすれば蕎麦の風味がドッシリ、口を満たして消える。
    素朴でしかも生命力に溢れた食べ物。
    いい感じ。

    メインは穴子の柳川仕立て。

    2e9ecf0e.jpeg正真正銘、注文してから穴子をタレ焼きしてから刻む。
    それをささがきごぼうと一緒にタップリの出汁でクツクツ煮込んで、玉子を落とす。
    グツグツコトコト。
    深めの小鍋の中で煮込まれ揺れ動く熱々を、そのまま固形燃料の上にそっと置きやってくるのでずっとグツグツ。
    ちょっと旅館の宴会料理のようなめでたさ。
    ふうふう、ハフハフ、ご飯にのっけて丼のようにして食べる。

    ここの料理はお出汁の料理。
    昆布がメインのドッシリとした濃厚な出汁の旨味が味の柱で、甘味を最小限に抑えてる。
    最初の一口はちょっと物足りなくは感じるけれど、食べ続けるとどんどんおいしさが際立ってくる。
    飽きぬ味。
    しかも素材の持ち味がシッカリ活きてて、例えばこれは焼いた穴子の風味と旨味がそのまま直接やってくる。
    ボクの口に合った料理を作ってくれる、気軽な店が近所にあること。
    とてもシアワセ。
    間もなくスタンプカードが一杯になる。
    ちょっとワクワク。
    またきましょう。

    今日は家にて書き仕事。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    今日で二度目のハンデジヤ HOME 母、来たる。
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]