忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、どうにもこうにももやしが食べたくなってしまって、それを炒めて夜にする。

    744d481c.jpeg何故なんだろう。
    口の中がもやしのシャクシャクとした食感で一杯にするイメージが、頭の中にこびりつきどうにもこうにも離れなくなる。
    昼、フカヒレご飯を食べながら、そのなめらかの真逆のモノを欲した結果、思い浮かんだモノがモヤシで早速作る。
    フライパンにごま油。
    刻んだハムを入れて炒めて風味を出して、そこに洗ったモヤシをジャジャっと放りこみ鍋を軽く揺すりながら火をくわえてく。
    塩とチキンストックで味をつけ、固めに戻した春雨をそこにくわえて余分な水気を吸い取らせる。

    胡椒で香りと風味をくわえる。
    最後に軽くレモンをしぼって酸味を足してお皿にうつしてできあがり。
    野菜の炒め物を、家庭の火力でカラッと仕上げるのってむつかしい。
    どうしても火が入る前に野菜の水気がでてしまい、ベチャっとなってしまいがち。
    けれどこうして春雨入れると、その春雨が水気を吸ってキレイに仕上がる。
    春雨自体もおいしくなるし、一石二鳥。
    今日、炒めた大豆もやし。
    コツコツとした豆の食感。
    シャキシャキとした茎の歯ごたえ。
    前歯、奥歯にたのしくて、騒々しいのが食欲さそっていい感じ。

    eb68a90d.jpeg田舎から母がおかずを送ってくれた。
    今日の夕方、届いたおかずの中からいくつかえらんで夜のお供に仕立てて食べる。

    野菜の煮付け。
    レンコン、ゴボウ、ニンジン、お豆。
    分厚いシイタケの出汁を使ってやさしく煮たの。
    昔、母の煮物は濃い味だった。
    なのに最近、やさしい味になってきた。
    体を気づかってのコトなんでしょう…、素材の味がシッカリしてて今日みたいな疲れた日にはありがたい。
    一緒に甘いさつま揚げ。
    鹿児島から送って来たっていうモノで、甘さでシットリ、濡れた感じが残ってる。
    噛むとクチャっと潰れて口に甘みが広がる。
    ご飯のおかずというよりも、大人のおやつのような味わい。
    コレも今日のお腹にピッタリ。
    鮭の切り身を焼いたモノ。
    脂が強くて、こんがり焼いたらまるで揚げたみたいになった。
    ユックリお腹が元に戻り始めてる…、そんな気がしてちょっとウレシイ、今夜はお風呂にユックリ浸かって体あたため休みましょ。

    ところで、クラシックに使われるアコースティックな楽器をつかって、ポップス、ロックなどの曲を演奏するって趣向。
    特に美麗な女子ユニットが洋の東西を問わず生まれては消え、消えては再びやってくる。
    特にバイオリンをかきならしながら髪ふりみだしたり仰け反ったりと、ビジュアル重視のバンドがメインのようであります。
    けれど男性。
    しかも楽器がチェロという地味の相乗効果のような、けれど見事な作品一品。
    マイケル・ジャクソンの「スムーズクリミナル」を二台のチェロで演奏したというショートフィルムで、あまりに見事、ウットリです。



    まるで音と音とが戦ってるようなダイナミックなパフォーマンス。
    弦楽器って、打楽器でもあり歌うたうようでもあるという多彩な音色に表現性。
    弓に張った弦がブチブチ切れていくのもかまわずに、熱い気持ちをぶつけていくようなエネルギッシュに胸が熱くなってくる。
    特に後半のさびの部分直前の、よじれるような音の切なさ、色っぽさにやられてしまう。
    ココロが涙ながすよう。
    それにしてもマイケル・ジャクソンの曲って普遍的な名曲だなってつくづく思う、こうしてチェロで演奏するとまるでピアゾラ…、ラテン的。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    格闘技のような
    すごいですね!
    こんなチェロ、初めてです。
    激しくて、色っぽくて、ステキです。
    眠っていた感情を底のほうから起こされるような・・・

    今年も楽しみに読ませていただきます。
    遅ればせばがらお誕生日おめでとうございます!
    みっちさん / 2011/01/29(Sat) /
    ありがとうございます。
    > みっちさん
    圧倒的な迫力。
    クラシックがお上品でおとなしいものなんて思っていた、大間違いっていう好例だと思いました。

    お祝いの言葉。
    どうもありがとうございます。
    これからもよろしくお願いいたします。
    サカキシンイチロウさん / 2011/01/29(Sat) /
    とっくみあいの
    けんかのような。
    すごい!気持ちがうねります。
    大人になって弦楽器を始めるならチェロがいいと聞いたことがあります。
    久しぶりに楽器いじってみたくなりました。
    あーたさん / 2011/01/30(Sun) /
    弦楽器
    > あーたさん
    ボクは生まれつき、右腕がちょっと曲がっていことがあって、弦楽器に向かない体…、って小さい頃に言われたコトがありました。
    それがなければ、チェロをやってみたかった。
    コレをみて、これからでも…、なんて思いました。
    スゴイですよね。
    サカキシンイチロウさん / 2011/01/30(Sun) /
    すごい!
    すごい動画、ありがとうございました。音楽家のはしくれとして、音楽の教育者として、新鮮でした。この2人、カッコイイだけでなく上手い!
    ルスルスさん / 2011/01/30(Sun) / URL
    表現者
    > ルスルスさん
    すばらしい表現力、しかもテクニックですよね。
    音楽家であると同時に、表現者でもある。
    観ていてココロ奪われるパフォーマンスってこういうコトを言うのでしょうね。
    サカキシンイチロウさん / 2011/01/30(Sun) /
    無題
    おはようございます。
    いつも楽しく読ませていただいてます。
    この動画偶然同じころに見てました。
    良いですよね。
    mizuさん / 2011/01/31(Mon) /
    ありがとうございます。
    > mizuさん
    コメント、ありがとうございます。
    この動画。
    本当にスゴイですよね。
    勢いと情熱、なにか熱いものが体の奥から込み上げてくるような気がします。
    サカキシンイチロウさん / 2011/01/31(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    甘いゴチソウ、プリキュアの朝 HOME ジョーズシャンハイ女子ランチ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]