忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    四谷三丁目の「グーバーグ」にて昼。

    gb.jpgここで生まれてジックリ育って、阿佐谷にとうとう2号店が出来るに至った、ハンバーグの専門店。
    大企業が外食に打って出ると、一気にまとめていくつもの店を続けざまに出店しちゃう。
    誰かが真似て競合相手になる前に…、っていう強迫観念にも似たスピード展開をするのが常なんだけど、ココはユックリ。
    いろんなコトを検証してからでないと本格的に動かない。
    ホームページすら作ってもらえず、まるでただただ一生懸命、ひのき舞台に上がるまで精進続ける芸人みたいなそんな状態。
    慎重で賢明なイトーヨーカドーって会社のこれが仕方なんだろう…、ってそんなコトを思ったりする。
    さて、お昼。

    鬼おろしバーグとピリ辛チキンの盛り合わせ。
    最初はハンバーグ「しか」ない専門店が、今ではハンバーグ以外の料理が結構増えた。
    中でもこのフライドチキン。
    ピリ辛味を含ませた鶏の切り身にかなりポッテリ、衣をつけてガリッと揚げたかなり独特な一品で、フックラとしてジューシーなハンバーグとの相性抜群。
    相変わらずほとばしりでる肉汁と、シャキシャキとした鬼おろし。
    ビリッと辛いコチュジャンが、ご飯を美味しくしてくれる。
    ただどうかなぁ…、個人的にはご飯のおかずとしてのこうしたハンバーグというブームも終わりつつあるみたい。
    やっぱり肉は顎にガツンとおいしいカタマリがいい…、って思ったりする、ワガママに。

    夕方、新宿の街をちょっとぶらつく用事があって、伊勢丹に行く。
    そこでひとつお買い物。

    anagozusi.jpg実は先週末、伊勢丹の地下の催事コーナーに、なつかしい売り場を見つけた。
    加古川にある「下村商店」という穴子専門店の実演販売コーナーがしつらえられていたのであります。

    昔、伊勢丹のデパ地下が改装する前。
    ずっと常設売り場があって穴子の蒲焼きやお寿司を作って売っていた。
    3年くらい前までのコトだったかなぁ…。
    改装をして見場ばっかりがよくなって、半分ほどがスイーツショップになっちゃった今と違って、当時のココは欲しいモノがしっかりあった。
    この店の穴子の太巻きもまさにそんな商品で、それも今日まで。
    それで急いで買いに来た。

    昔の売り場にたってたおばさん。
    福々してく笑顔のキレイなおたふく顔のおばさんと、ただただひたすら真摯な顔で太巻きを巻くおじさんが、昔の通りの姿、仕草で接客をする。
    おひさしぶりです…、って言ったらニッコリ。
    旦那さんもお久しぶりでと言ってくれたのがとてもうれしい。
    ボクの他にもやって来る人の殆どが、あら、なつかしいと立ち止まっては買っていく。
    なんだかほんわか、シアワセになる。

    家に帰って太巻き、食べる。
    キチッと固めに巻かれた一本。
    中には穴子の蒲焼きと、玉子焼きに煮込んだ椎茸。
    キュウリがシャキッと食感くわえ、噛むとジュワッと穴子のうま味がにじんでく。
    大葉がスキッと香りをそえる角張ったところがひとつもない、慣れた寿司酢がとてもやさしくなつかしい味。

    tfs.jpg味噌汁作ってサイドにします。
    白菜を炊き甘味を出して、そこに豆腐。
    片手で軽く潰すようにしてそっと入れ、コトコト煮込んで味を含める。
    そこに味噌。
    白味噌といて、最後に三つ葉をちぎって散らす。
    不思議なコトに味噌汁炊くと、なんだか気持ちがおだやかになる。
    目分量で作りつつ、ときおり味をそっとみる。
    ピタッと自分好みの味に決まると、ふっと笑顔が浮かぶ。
    今日のお汁はちょっと濃い目の仕上がりで、豆腐にしっかり味がうつって豆腐の煮物のようでもあって…。
    ススッと豆腐を舌にのっけて、ハフッと息を吸い込みながら豆の風味をしっかり味わう。
    ゴクンと飲むと、喉を伝ってお腹に向けて、熱々の道が一筋できる。
    お腹にポワンと灯が灯るよう。
    雨がシトシト、昨日の暑さがなんだか嘘のような夜。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    懐かしい
    下村商店、懐かしいですね。
    懐かしいものが全ていいものだとは言えないけれど、お気に入りが身近から離れていくのは寂しいです。
    まりおさん / 2010/04/20(Tue) /
    昔のまんま
    > まりおさん
    あのおばさんも、あのおじさんも昔のまんま。
    不思議なほどに年をとってらっしゃらないように見受けました。
    またちょくちょく、ココにもこれると思います…、って言っていました。
    忘れ難きモノがこうして身近に感じられること。
    この上もなきしあわせですね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/04/20(Tue) /
    ニアミスでした
    今日は午後から子供と伊勢丹へ行っていたのです!子供は3階クローバーのアフタヌーンティーセットが大好きで、私もお相伴にあずかりながら「サカキさんも新宿伊勢丹はお好きだと、どこかで読んだような?もしかしたら近くにいらっしゃるのかもw」と、一人で考えていたのです。もっと地下をウロウロするんでした~~~。

    日本の首都の、美しい面を集めたデパートよねぇ…と新宿伊勢丹へ行くたびにうっとりしています。太巻きも抑えた色調なのに、食べたら絶対美味しいに違いないと、目より口の中が写真に反応してしまいます。その美味しさが、いつでもあそこにあったのですね…。
    牡蠣羊羹さん / 2010/04/20(Tue) /
    残念!
    下村のあなご、大好きでした。
    私のなかでは「ドライ系のあなご」という位置付けです。
    さっぱりと食べられる感じで。
    次回の催事の際は、ぜひ!
    みっちさん / 2010/04/20(Tue) /
    豊かの殿堂
    > 牡蠣羊羹さん
    特別買いたいものがなくても、ここに来ると気持ちが豊かになるのですよね…、伊勢丹。
    ただ、最近はただ「贅沢」とは違った「上等」がちょっとづつ減りはじめているような、そんな気がして残念だなぁ…、って思うことがおおいのですね。
    特にデパ地下。
    品揃えがどんどん絞り込まれているような。
    とは言えやはり、ボクにとってなくてはならない場所である。
    クローバーのアフタヌーンティー。
    ステキですよね。
    ボクはかつてここにあった、バビントンティールームが大好きでした。
    サカキシンイチロウさん / 2010/04/21(Wed) /
    ドライ系
    > みっちさん
    たしかにココの穴子はガリッとしてます。
    にもかかわらず、口に入れて噛んだ途端にフワッとしてくる。
    口の中で焼き立てがよみがえるんですよね。
    次に見つけたらすぐにここでレポートさせていただきます。
    サカキシンイチロウさん / 2010/04/21(Wed) /
    下村商店
    勤めていた頃は定期があるのをいいことに殆ど毎日のように途中下車して
    伊勢丹の地下に寄ってまして・・・
    下村商店の前を通るたびに、売れてるかなぁ、ってひそかに心配してたのを
    なつかしく思い出しました。
    ふわっとやわらかい穴子に慣れていたので、ここの香ばしさは新鮮でした。
    改装してきれいになりすぎて食材などはありきたりな品揃えになっちゃって、
    ちょっと残念だなと思うのです。
    今私と子供のブームは魚沼倶楽部の半熟煮玉子のおにぎりです(笑)。
    あーたさん / 2010/04/22(Thu) /
    素朴なゴチソウ
    > あーたさん
    いろんな料理がやわらかく、ジューシーになっていく中で、こうして素朴な味わいのモノが今でもしっかり生き残っていること。
    いいなぁ…、って思いますね。
    魚沼倶楽部。
    最近、スッカリご無沙汰しています。
    サカキシンイチロウさん / 2010/04/22(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    サンドイッチなドトールの朝 HOME ドトールドッグで朝のコト
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]