忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    古奈屋。

    konaya.jpgカレーうどんの専門店。
    今ではいろんなところに支店やフランチャイズの店を出してはいるけれど、もともと巣鴨に一店だけ。
    そばの文化の東京で、うどんのお店。
    それもちょっと他に類をみないようなカレーうどんがおいしいお店と評判で、何度か食べにきたことがある。
    巣鴨の街がおばあちゃんの原宿って呼ばれる前。
    ボクにとって巣鴨はカレーうどんの街であったような、そんな気がする。
    とげぬき地蔵尊のほど近く。
    カウンターだけの小さな店で、古くからあったワケじゃないのにどことなく古ぼけた感じのあった佇まい。
    ちとなつかしい。

    今日はその巣鴨の本店じゃなく、東京駅前、丸の内のアオゾって商業施設の中のお店に来ます。

    カレーうどん。

    ef5d1f90.jpegクリーミーで、ミルクの香りがするような独特のスープが旨い。
    やさしい味わい。
    ポッテリとしたとろみが唇、なでるようななめらかさ。
    出汁の風味にカレースパイスの尖った香りが混じってなんとも爽快で、初めて食べたときにはビックリしたもの。
    細くて不思議なハリを持った麺といい、カレーといいつつ酸味も苦みもほとんどもたぬ、ただただおいしくやわらかな味。
    今まで食べたどのうどん。
    今まで食べたどのカレーとも違った味に、かなりはまった。

    しかも当時、一番の売りというのが、エビ天うどんに揚げ餅のっけ、というモノで、今日もそれをたのんで食べる。
    四角い盆にうどんに天ぷら。
    別添えにしてやってきて、発芽玄米のご飯までつく。

    サクサク天ぷらをサクサクのまま食べるのも良いのだろうけど、こうしてドサっとうどんにのっけて食べるのがいい。

    a5f44014.jpegカレースープを衣が吸い取る。
    衣がシットリ。
    カレーに衣の油が移って、出汁の風味が濃厚になる。
    揚げた角餅。
    実はお餅はあんまり得意じゃないのだけれど、ここのカレースープに餅のトロトロンとした食感がとても会うのが面白く、昔からここに来たらば必ずたのむ。
    うどんに絡んだスープとおんなじスープがなんで、こんなにトロンと濃くなるのかなぁ…、って。
    不思議に思ってスベスベ食べる。

    うどんを全部食べ終えて、発芽玄米入れてホツホツ、スープと一緒に食べ上げる。
    昔とちょっと違ったところもちょびっとあって、例えばエビ天。
    最近はやりのブリブリっとした食感の冷凍焼けしたエビが、ちょっと残念、勿体ない。
    コストのこともあるんでしょうか?…、どうなんだろう。
    とはいえ、相も変わらず癖になる味。
    堪能す。

    食事を終えてスタバによった。

    414fde77.jpegお店に入ってレジを見る。
    そこにとてもステキな笑顔をひとつ発見。
    レジに立ってる女性スタッフと、目が合った瞬間にニコッと笑顔を飛ばしてくれて、それをキャッチしてボクの顔にも笑顔がともる。
    なんだかウレシイ。

    ドリップで、アイスショートを一杯ください。

    思わずそう言い、小銭を財布に探しながらメニューをみたら秋の商品。
    クレムドブリュレのラッテがはじまってるのにやっと気がつく。
    それでもまあいい。
    レジの笑顔の主から直接、はいっ、って手渡されるドリップアイスが今は飲みたい。
    カップのシレーンも笑顔に見える。
    やわらかい。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    高梨ミルクの味
    13年前たまたま店の風情に魅かれて入店し女性ばかりのお客様に囲まれて頂いたら、確かその当時は、手鍋にTakanashiの牛乳をカレールーに注ぎ入れて、仕上げていらっしゃった、定かではありません、もしかしたら明治牛乳かも。
    オアゾのこのお店、吹き抜けに面した窓際の席、椅子も機能的で座り心地もよく、丸善の帰りに本を開くのに中々の場所でしたね。もう3年ぶりになっちゃいますが。
    ジッサさん / 2009/09/04(Fri) /
    眺めの良い席
    > ジッサさん
    まさにその眺めの良い席でいただきました。
    芳醇なミルクの香り。
    なるほど、高梨さんちの…、って思うとまたありがたみがくわわりますね。
    幽霊退治が終わると、台湾もそろそろ秋の始まり。
    お体、壊されませぬよう…。
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/04(Fri) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    朝バーキンにシニアコーヒー HOME 原宿バンブー、試食の仕事
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]