忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝、冷やし中華を作って食べた。

    r.jpg冷蔵庫の中にあったモノ。
    キュウリに玉子、それからハムの切り落とし。
    これで出来るモノと言ったら、ずっとボクの中では朝のサンドイッチというコトだった。
    そうしようかなぁ…、と思いもした。
    けれど何故だか今朝の気分は冷やし中華でござった次第。

    キュウリを薄く切ってから、千切りにしてキリリと冷やしてシャッキリさせる。
    薄焼き玉子を焼きあげて、千切りキュウリとおんなじ太さに錦糸に作る。
    ハムもおんなじ。
    細かく刻んでそれからそうだ、エノキがあった。
    それを軽くごま油にてソテしておいて、麺をゆがいてタレ作る。
    チキンスープをベースにし、お酢と醤油とほんの少しのオイスターソース。
    黒酢でコクある風味と追加して、ラー油と軽くすりつぶした胡麻をタップリまぜておく。
    麺を硬めに仕上げたら冷たい水でギュギュッと〆て、ざるに押し付け水を切り、器に盛って具材をキレイに並べておいた。
    タレを回りにかけまわし、さて出来上がり。

    写真を撮ったら具材と麺をガシガシかきまぜズルッと食べる。
    あぁ、おいしい。
    プルプルした麺、シャキシャキきゅうり。
    フンワリとした玉子にハムに、エノキがトロンと噛むとユックリ粘り気をだす。
    サラダのごとき具だくさんにて、朝の体が軽くなる。
    それにしてもサンドイッチに挟む具材と、冷やし中華にのっける具材がほぼおんなじという新事実。
    薄切り、細切り、形状違いで出来る料理が違うというのがなんだかとても面白い。

    ところで間もなく開催される、ワールドカップ。

    worldcup2010.jpgボクの中にある愛国者的情熱を、決して注ぐ気にはならぬ世界のイベント。
    ボクの回りにサッカー好きがいないコトも無関心に拍車を注ぐ結果になってる。
    遠く離れた南アフリカというトコロでの出来事でもある。
    果たしてどれほど盛り上がるのか?

    ちなみに2022年に日本に誘致しようっていう計画があるのだそうで、なんでまた…、って思ってしまう。
    世界的なスポーツイベントの中でオリンピックはもうそれそのものがドラマであって、誰が勝とうが負けようが人それぞれに共感と感動を探し出すことができる場所。
    同じように注目されるワールドカップは、一方、勝たなきゃ意味がない。
    優勝する可能性がおそらく未来永劫ないであろう国が誘致をする意味って本当にあるの?って思ってしまう。
    サッカーファンには申し訳ないけどその予算と努力を使ってやっぱり絶対オリンピック。
    そんな気持ちをボクの中では確実なモノにしてくれた、誘致プロモーションのビデオを発見。
    格好悪すぎて笑っちゃいます…、さぁ、どうぞ。



    自動翻訳機やら、一人一人の個人情報がタグ付けされたIDカードやら、もうこれはワールドカップの誘致じゃなくてメイドインジャパンテクノロジのロードマップの如き内容。
    3Dホログラムが走り回る競技場とか、そもそも本当に12年後に実現できるって思っているのか心配にすらなる。
    電脳コイルじゃないんだから(笑)。
    子供を出しときゃなんとかなるでしょって安いキャストに素人感が丸出しの演技もかなり恥ずかしい。
    唯一の取り柄と言えば、やっぱりサッカー世界の共通語はフランス語なんだってコトを教えてくれる…、そんな程度の空虚なフィルム。
    どの代理店がどれだけこれで稼いだんだろう…、ってそんなコトを思ってしまう。
    是非、仕訳。
    強烈キボンヌ蓮舫さま(って、MacのFEP「かわせみ」がれんほうを一発で正しく変換したのにビックリ、もうメジャー)。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ストイコビッチ登場の動画ならコレです!
    どもです。
    ご紹介の動画、私は笑いを通り越して怒りすら感じてしまいました。でも勉強になりました!
    ストイコビッチなら、URLに貼った映像の方が、百倍イイと思います!何より笑えるし!!

    こんなことプロモーション活動や、設備などに多額の予算を費やしてしまうことにガッカリ。
    しかも、いつもいつもこんな感じで代理店や官庁関係者の口車に乗るスポーツ界。

    なぜ、今のサッカー日本代表がどうしようもないのか?
    お家芸である野球でさえスタジアムに観客を動員するのに四苦八苦、TV中継も削られる。
    もっとマイナーな競技だと、目も当てられない。

    強い選手と作ることと、そこまでの過程をしっかり広く見せて広報しない。
    体育=軍隊な学校体育教育が抜けないために、生涯スポーツとして普段の生活にスポーツを入れることに拒絶を起こす風土。
    そして偶発的に出たスター個人に、寄ってたかって個人に大量スポンサーが付き、しかもスポーツに関係ないPRばかりさせて失墜させる。
    どうせなら、スターを育てたクラブとかチームにも援助してくれればいいのに・・・。
    その方が良いドラマも生まれると思うのですが。

    スポーツを楽しむことで生まれる笑顔を、長く広く実現するためにワールドカップのような世界規模の大会を誘致するのではないのか?
    それに子供だけでなく、子供から育成、運営、広報、そして応援には幅広い年代が必要だと思います。
    育成体制やアマチュア・プロそれぞれのチーム畝運営メソッド、それと競技を楽しむ様々な側面を紹介する広報、その活性の起爆剤に東京オリンピックやワールドカップの誘致に繋がるといいのですが。

    今の東京、さらに日本にはワールドカップを誘致する資格はないと思います。
    まずは内部から改革していきたいです。私の関わっている競技はマイナーなのですが(笑)。
    長々と失礼しました!!
    CIANさん / 2010/05/31(Mon) / URL
    スポーツのみならず
    > CIANさん
    今の日本は、人に対する愛着と公平さをまるでなくしてしまっているように思います。
    有名な人たち。
    あるいは組織的な背景をもった人たちばかりが優遇される。
    一部の人たちがすべてを独り占めしてしまう嫌らしさが、人が人に対して払うべき尊敬とか関心を奪い取ってしまっているような気がするのです。
    そしてそれはスポーツだけでなく、芸能や飲食の世界でも同じ問題になってしまっているような。
    なやましくてしょうがないです。
    なんとかしなくちゃいけないなぁ…、って思いますよね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/05/31(Mon) /
    技術
    情報タグはセカイカメラで実現していますし透明液晶は試作段階。
    裸眼3Dはもうすぐ商品化ですのでフルコートに巨大化する技術と低コスト化が課題ですね。
    ただスタジアム上から下までの360度方向から3Dになるのかと言う問題とそれができたら別に日本でやる必要ないじゃん・・・・
    って言うのが問題です(大笑

    個人的には自動翻訳機が一番実現が難しそうな気がします。
    れきさん / 2010/05/31(Mon) /
    確かに
    > れきさん
    たしかにこんなホログラムが可能なんだったら、世界中で同時開催なんてことができるのですよね。
    それを開催と呼べるかどうかは別として。
    自動翻訳機が実は一番実現してほしいと思いつつ、確かに一番むつかしそうで、なかなかうまくいかぬものだなぁ…、って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/05/31(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    幡ヶ谷カレー「カリヒオ」の昼 HOME カラクリ舞子な焼売の夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]