忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝をホテルのバフェにする。



    さすがに昨日は夜中までずっと食べてて、お腹はそんなにすいてない。
    とは言え部屋についてた朝食券を、使わないのももったいないからと、コーヒーだけでもいいやと思ってレストラン。
    想像以上にしっかりとしたバフェの内容。
    玉子は好みに焼いてくれるし、ベーコンなんてカリカリだし。ベーカリーもチーズもフルーツもかなり上等。なんだかお腹がなったような気がしたのです(笑)。



    料理をあれこれ、ちょっとづつ。
    燻製サムギョプサルをメインにおいて、焼いた韓国かぼちゃと茄子にキムチ。マグロのマリネをキレイに飾り、メインにクッパ。
    ユッケジャンスープとご飯があったので、それを使って即席風。
    韓国にきてたった2日で、口の中が刺激的なる辛味と酸味を求める不思議。このハイインパクトにもう何日かすれば飽きてしまうのだけど、飽きる前に旅立つ今朝がちょっとさみしく、ハフっと食べる。



    シリアルコーナーに大好きなライスパフのチョコレート味。それに珍しいカラーリングが置かれてて、コーンフレークスと一緒に思わずとっちゃった。
    ミルクをかけて、しんなりする前にシャクシャクカリカリ。
    前歯をくすぐるたのしさ味わう。
    異国バージョンのヤクルトに、スイカジュースで喉を潤し、飛行場に向けゆっくり移動をいたします。

    海外に来るたび日本の鉄道システムのすばらしいコトに感心します。特に首都圏の地下鉄を中心としたネットワークの緻密で正確、エレガントですらあるステキ。
    切符を買うのに難儀をしたり、乗り換えのたび上がって下がって曲がって下がるを何度も何度も繰り返さなくちゃならない今日が、呪わしくって、それも食べ過ぎたボクへの配慮と思って歩く。



    飛行場にてタップリ時間。昼食時をのがした今日の、昼のお腹に最後の韓国料理をと、フードコートにやってきた。
    メニューをみながらレジで料理をたのんで支払い。伝票もらって番号呼ばれて取りに行く。典型的なる韓国のフードコートの注文システム。
    お店は5軒。韓国料理が2軒、日本料理にイタリア料理、中国料理とあるのだけれど、カウンターの内側はひとつの厨房。調理人が注文に合わせて行き来しながら料理を作る。
    みてると人気の料理が一目瞭然で、韓国料理ばかりに人が集中していた。

    旅のはじめの景気付け。旅の最後の名残惜しさのどちらを満たすのも韓国料理ということなのでありましょう。



    ちなみにボクはまず中国料理。酢豚をたのむ。
    とは言え韓国風の中国料理で、細切りにした豚肉をふっくら揚げて、シナモンまぶす。そこに透明な甘酢をかけてまとわせ食べるという料理。
    酸味よりも甘みが強くて、ご飯のおかずというよりおやつ。
    だからあくまで単品。ご飯と一緒のセット売りにはされてないのがその証拠。これを食べると、あぁ、韓国だ…、って頭の中が変換される。

    それから冷麺。考えてみれば今度の滞在で食べ忘れていた料理のひとつ。



    スープをシャリシャリのシャーベット状に凍らせて、冷たく冷やした器に流す。細い麺を泳がせ食べる水冷麺に、辛子味噌をくわえた「辛口水冷麺」。
    冷たくしても。
    こんなに真っ赤に辛くしようと、スープの旨みが揺るぎなく、しかも口の中でサラッと溶けるとドッシリ、牛骨風味が蘇る。
    甘酢につけた薄切り大根もシャリシャリおいしく、ネロンと歯茎にまとわりつくような麺の食感ひきたてる。
    気が済みました…、そろそろ搭乗。夜には日本のご飯です。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    Going back to Tokyo HOME チヂミにラーメン、今日の〆
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]