忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    食事を終えて、ちょっと話をしませんか…、とそれで移動してフレッシュネス。
    曙橋の駅の近くにある店にくる。

    d188ba58.jpegこの店。
    フレッシュネスバーガーのお店の中でかなり古くからある店のひとつ。
    東京で展開を始めた最初の場所が渋谷の外れの一軒家。
    たしか二号店が、この店だったように記憶する。
    業界の人はビックリしました。
    何しろ表通りに面してなくて、探していかなきゃいけない場所。
    しかも半地下、中二階とスキップフロアーになっていて、当時のファストフードの店として出しちゃいけない、しちゃいけない。
    掟破りのお店でなのに、流行ってた。
    もうこのコロからフレッシュネスはファストーフードというよりも、カフェの方に気持ちが向かっていたんでしょう。

    今日もまるで喫茶店のような気持ちで使う午後。
    食後のお茶をフレンチフライとオニオンリングで盛り上げる。
    ボクらの他にも仲間が集まりたのしい時間を…、って感じのグループの人たちがワイワイしてた。
    年齢層もちょっと上。
    マクドナルドとはまるで違った落ち着いた雰囲気がある、気持ちいい。
    それにしてもココのオニオンリングスはなんでこんなにおいしんだろう…、食べ始めると止まらぬおいしさ、会話も止まらず盛り上がる。

    そして夜…、鍋を食べます。

    1caa9d07.jpegそろそろ春で、鍋も仕納め?…、ってそんな感じで鍋を焚く。
    メインは豆腐。
    鍋用のおいしい豆腐を見つけまして…。
    木綿豆腐ではあるのだけれど、鍋でコトコト煮込んでいくと、おどろくほどにやわらかになる。
    なめらか。
    お湯を含んでスベスベになり、絹ごし豆腐と木綿豆腐のちょうど真ん中みたいな食感。
    フルンと食べると、豆の香りが強めにただよい、まさに豆腐。
    ただただお湯で炊いてもおいしい。
    せっかくだから、もっとおいしくと出汁をひき、ちょっと醤油で風味をつけてそこでコトコト、煮込んで食べた。

    タレに少々、一工夫。
    麺つゆを豆腐を炊いた出汁でうすめて、そこに生姜と天かす落とす。
    天かすの油の風味がタレにうつって、かなり濃厚。
    豆腐にコクとうま味がのっかる。
    湯豆腐というとサッパリとして食欲のないときスペシャルみたいな料理。
    それが一気に、味わい豊かでドッシリとした料理になってく。
    他の具材はシンプルに。
    茹でて搾った白菜と、エノキの二つでクツクツコトコト。

    d63420c5.jpeg薩摩黒豚のしゃぶしゃぶ用のばら肉が、状態よくて安かった。
    それでしゃぶしゃぶ。
    豆腐の脇で熱を通して、天かすまみれのタレで味わう。
    豆腐の横にヒラヒラとした豚肉そわすと、東京居酒屋の定番料理。
    肉豆腐のようにみえてオモシロイ。
    いい黒豚の肉っていいのが、しゃぶしゃぶしてもアクがでないこと。
    肉の脂のうま味が出汁に混じってどんどん豆腐に味がうつってく。
    ヒラヒラチリチリ、タレをタップリたぐりよせ、オモシロイほどおいしく感じる。
    肉はクチャっとやさしくつぶれる。
    脂がなによりゴチソウで、スルンと滑って甘味を口に広げて消える。
    お供に買ったかっぱ巻き。
    シャキシャキシャクシャク、冷たいキュウリのみずみずしさが口をたのしくひやしてきえる。
    お腹もほどよく満たされて、土曜の夜のオゴチソウ。

    ところで最近、かなりオキニイリのコンビニ食品。

    53cb7b27.jpegやわらかいかフライソースマヨネーズ味。
    セブンイレブンのPB商品。
    あられやポテトチップス、ビスケットとお手軽スナック食品の袋菓子。
    シリーズまとめてどれも105円って言う低価格にて、クオリティーげ結構高い。
    中でもコレ。
    シットリとしたスルメイカのフライなんだけど、たまらぬくらいにもうオイシイ。

    いか自体がそもそもやわらか。
    繊維がボロッと崩れる寸前まで叩いて崩した干したいか。
    ソースの味をあらかじめ染み込ませたのに衣をつけて、サクッと揚げる。
    そのサクサクをマヨネーズ味の調味液でわざわざ濡らしてシットリさせてる。
    噛むとクチャっとやわらかで、あれ?、これってどっかで食べたことがある味。
    なんだろう…、ってしばらくモグモグ。
    なるほど、わかった…、広島お好みのイカ天入りを食べてるときの味に香りがするではないの!
    歯ごたえかなりたしかで顎にガツンとくるのもまたゴチソウ。
    危険なのが、封を切ってしまうと結局、一度に全部食べちゃうところ、やめられないし、止まらない。
    しばらくかなりのオキニイリ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    確かに
    そんな感じの味ですね…、このいかフライ(←さっきセブンイレブンに走ってきました)。しかも結構、濃いめの味ですね~。まるで本当にお好み焼きを食べているような…。
    りりこりあさん / 2011/03/07(Mon) /
    そうなんです
    > りりこりあさん
    これでご飯が食べられそうなシッカリとした味。
    炭酸系のバチバチとした飲み物にピタッと来ます。
    それにしても、何をどのようにしたらこんな味になるんだろう…、ってちょっと不思議に考え込んじゃったりもしました。
    サカキシンイチロウさん / 2011/03/07(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    雪降るポレンアラジの日 HOME 蕎麦の昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]