忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    富山で目覚めて、富山のご飯…、いつものホテルで朝とする。



    羽釜で炊いたご飯が自慢の朝のバフェ。今流行の宿泊特化型のホテルで、つまり宿泊客のための飲食施設しかもたないホテル。
    だから力を入れているのは朝ご飯。
    そうそう、実は、夜鳴きそばのサービスっていうのがあって結構旨いラーメンを無料でふるまうサービスもあるんだそうな。チェックインするのがいつも遅くて、だから今まで一度も食べたことがないけど旅先でのサービスとしてはなかなかに粋。



    基本的に女性だけ、しかも笑顔にこやかなおばさんたちで運営している朝ご飯。
    シェフが作る朝ご飯といえば気取った洋食系を期待しする。
    けれど、作ってくれるのがおかぁさん的人たちならば、家庭的な和食や郷土料理をおいしく感じる不思議。
    そんな期待通りにここのメインはご飯と汁に富山のうまいもん。
    羽釜が置かれた厨房の周りにしつらえられたバフェカウンターであれやこれやと料理をとると、自然とニギヤカなお膳ができる。



    菜っ葉のおひたしや、大根と厚揚げの煮付けのような家庭料理をメインにすえて富山の料理を周りに飾る。
    鱒の押し鮨はやっぱり忘れぬコトができぬモノ。たった一口分なんだけど、スッキリとした酸味と鱒の脂の風味が絶妙で、よき前菜のような役割。
    昆布をぐるりと巻きつけた富山のかまぼこは、噛むとネットリ、昆布がとろける。
    氷見うどんをズルリとたぐって、ハリ、コシ、見事な涼しい味に舌鼓。
    それにしても「氷見」という場所。氷見牛があり、キトキトのぶりがあがってうどんがあってと、おいしいモノの宝庫のような場所でもあって、一度行ってみたいと思ったりする。



    鮭の塩焼きを身だけをせせってご飯にのっける。
    最初はハフハフ、炊きたてご飯が口でちらかる食感たのしみ、途中でそこに出汁をかけ、茶漬けでサラサラ。
    朝のお腹をたのしくみたす。
    プロじゃなくっておかぁさんたちが作るオムレツの不格好なコト。ほうれん草とチーズが入って、ご飯のおかずにぴったりで、これもいいなと思ってニッコリ。
    冬になればズワイの入ったカニ汁がメインになるけど、今は普通の味噌汁ゴクリ。
    これから東京、そして早速打ち合わせという、せわしないよな今日の朝。

    ちなみに本日、7月1日。ウォークマンの日なんだそうな。
    1979年の今日、衝撃的なるデビューを果たしたウォークマン。ボクが生まれてはじめて個人ローンを組んだのもウォークマン+コンポステレオ買うためだった。



    この頃のソニーには夢があったなぁ…。だって世界を作っていたもの。
    この後、携帯カセットプレーヤーをいろんなメーカーが売りだしたけど、その総称が「ウォークマンタイプ」って言われたほど。
    いまではみんなスマフォやiPodのようなモノで音楽聞いてる。
    ちなみに本日、iPodのニュージェネレーションが発売となる。世界はたしかに動いてる。

    拍手[6回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    氷見
    おっしゃる通り、氷見は美味しいものがいっぱい!優しくおだやかな街です。
    真冬にブリを食べに行き、その美味しさに感動しました。カワハギも最高だったんですけどね。

    ブリだけでなく、この時期なら貝が美味しいはず。
    今はなかなか行けないのですが、たまに通販で氷見気分を味わっています。

    温泉もありますし、ぜひぜひ!行ってみてください。
    みるみるさん / 2014/07/02(Wed) /
    それはぜひ
    > みるみるさん
    あぁ、みるみるさんのコメントを何度も何度も読み返し、これは行かなきゃと気持ちがすっかり日本海へと向かっています。
    おいしいものに温泉に、そしておいしい空気があれば、他に何もいらないなんて思いますネ。
    サカキシンイチロウさん / 2014/07/02(Wed) /
    羽田の璃宮 HOME 初音とブラック
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]