忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    冷たい雨がふる土曜の朝。

    dorosomen.jpg朝ごはんを何にしようか…、と冷蔵庫の中をみてもほとんど何もない状態。
    昨日の深夜までの出張で、サンドイッチ用のパンも具材もなにもなし。
    主食になりそうなモノが乾麺。
    そうめんがある。

    ド・ロさまソーメン。
    長崎出身の友人が、里帰りした土産に買ってくれたものを使って、ソーメンチャンプルーでもつくりましょうか、とまずはそうめん茹でてみます。

    かなり強烈な不思議ネーミング。
    さすがキリシタン文化に彩られた長崎らしい商品だなぁ…、とまずはビックリ。
    パッケージに宣教師風のイラストがかかれているので、多分、ド・ロさまっていうのはこれを作った人なんだろう…、と調べてみました。

    名前の由来は確かにド・ロ神父さま。
    明治初頭に長崎の出津ってところに赴任した彼があまりの貧しさに驚いて、素麺づくりを広めたのにちなんだ名前なんだそうな。
    ちょっと太めで茹でるとかなりの腰がある。
    強力粉と落花生油に塩だけという、だからコシがでるのでしょうネ。
    ちょっと早めに湯から引き上げ、ザルでザブザブ洗って冷やすと手にズッシリと細いながらも存在感のある麺線にビックリします。

    dorochanpu.jpg塩の味が印象的で、それにあわせてシンプル具材を用意する。
    買い置き玉ねぎ。
    それからピーマン。
    玉ねぎは薄くスライスしてしんなりするまで炒めておいて、そこに細かく刻んだピーマンを香りづけとしてパサッと散らす。
    常備しているツナ缶をパカッとあけて漬け込み油も一緒にいれる。
    軽く塩して蓋しておくと、おいしい水気がフライパンの底にたまってそうめんを待つ。

    麺を入れ、水気を飛ばすように強火でザザッと炒める。
    うま味が麺の中に入って、麺がしんなりしてきたらラー油と胡麻の油をかけて風味とテリをだしたら仕上がり。
    お皿に盛ってハフっと食べる。
    シャキシャキとした薄切りたまねぎ。
    茹でて炒めてムッチリとしたソーメンの食感からんで、焼きうどんとも焼きそばとも、焼きビーフンとも違った味わい。
    塩のうま味と玉ねぎの甘みが混じって、とてもやさしい朝の麺。

    ツナの油と香りがフワッと元気な匂いを吐き出して、ホツホツ、ピーマンの緑の風味が後味、風味をさわやかにする。
    今日は昼からちょっと仕事で外出をする。
    冷たい雨に立ち向かう、明るい元気でお腹を満たし、さてニッコリを出かけます。

    ところで昨日、神戸から最終便の飛行機で羽田に帰り、リムジンバスで新宿へ。

    7b0e6ced.jpgちょうど中国からの国産線が到着したというタイミングで、リムジンバスの中には八角や五香粉の匂いが充満していて、ココは上海?なんて思った(笑)。
    深夜近くで首都高も空いててスイスイ。
    新宿についた途端に、お腹が空いた。
    中華スパイスに空腹中枢を刺激されたからかもネ…、って。
    バスを降りたすぐ横に、KFCがあって遅くの時間もやっている。

    口の中が一瞬にしてチキンサンドイッチの味になってく。

    テイクアウトで買って帰ろう。
    そう思ってお店に入り、サンドイッチにフレンチフライをよろしくネ…、って。
    そしたら「深夜料金がかかりますがよろしいですか?」。
    ファストフードで深夜料金とはお初の経験。
    しかも20%もかかるんだという。

    深夜割増人件費を捻出するためなのだろうなぁ…、と思って快諾。
    深夜料金になったタクシーに乗って家に帰って食べる。
    夜中に食べるマヨネーズまみれのフライドチキンは背徳の味、レタスがシャキシャキ、野菜も食べたよ…、って頭に言い訳するのがたのしく、フレンチフライも野菜だよって、油まみれにウットリしました、金曜の夜。

    今週後半の出張の最後の仕事が神戸で行われたとあるパーティー…、なでしこリーグの今シーズン優勝チーム「神戸レオネッサ」の祝勝記念パーティーに出席するコト。
    nadesiko.jpgなでしこジャパンのチームリーダー、澤も所属しているチームで実はこのチームの会長とずっと懇意にさせていただいていて、そのご縁でここ数年間、毎年チームのキックオフの会には呼んでいただいていた。
    今年はやはり格別ですな。
    人が多い…、パーティーの参加者のみならずカメラの数が昨年までのざっと3倍ほどもありましたか…、やっぱり人は実績あげなきゃいかんというコト。
    人の値打ちは勝ち負けだけが決めるのじゃないってコトはわかっているけれど、人は重力の強い人に集まってくる生き物で、その重力の中に人気や実績、そして勝敗がある。
    がんばらなくちゃとじんわり思う…、がんばり過ぎぬ程度に必死にガンバロウ!
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    深夜料金
    私も昨夜11時頃に、熱が出てきた・・と電話してきた娘を迎えに新宿に行きました。
    仕事先から 慌てて犬の散歩だけを済ませて車でとんできたため、夕飯をいただいてませんでしたが犬連れの為、美味しそうなお店に目は行くものの入れず・・そこに淡ーくグリーンの看板発見(笑)
    openの看板をひっくりかえす閉店ギリギリタイムに飛び込み ジャンクな夕飯を車の中で頂きました。
    フレッシュネスは深夜料金はプラスされておりませんでしたよ(笑)
    ばろんさん / 2012/02/25(Sat) /
    フレッシュネス
    > ばろんさん
    なるほど…、フレッシュネスはオッケーですか!
    ボクの家の近所のフレッシュネスさんは、10時くらいでお店を閉めてしまう早じまい。
    今度、深夜営業しているフレッシュネスを見つけたら、覗いてみようと思います。
    それにしても深夜のジャンクフード。
    なんておいしいんでしょうね!
    サカキシンイチロウさん / 2012/02/25(Sat) /
    渋谷の路地の長崎飯店 HOME 梅田に神戸、メリケンパーク
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]