忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ホテルについて、ソウルの街用に身支度をする。



    実は今回。かばんを忘れぬようにと荷物は最小限。このボディーバッグに入る分だけの荷物出来ます。捨てて来るつもりのシャツや下着。PC関係。街歩き用のバッグなどなど。
    必要なものができたら買えばいいんだと割り切りの旅。なんだか気持ちも軽やかでソウルは東京の隣の街…、って感じでたのしい。さぁ、街へ。

    時間はおやつどき。腹が減ってるわけでもなくて、それでなにかをつまみにビールでも…、と。TWO TWOっていうヤンニョムチキンの店にくる。



    かなりの軒数を韓国内に持ってるチェーン。鶏の唐揚げに甘辛ダレをつけて食べる料理が名物。
    ところがお店の中に入ると生活感が漂う店内。やる気のなさもバリバリで、どうしようかとビールと一緒にまずはジャジャン麺をたのんでしのぐ。
    これがうまけりゃ、鶏でもたのんで食べようか…、と待っていたらば続々、お客様が雪崩れ込んでくる。



    20人ほどでしょうか。中国からの観光客で、みんながみんな「鳥料理の盛り合わせ」みたいな感じのモノをたのんで食べる。
    にぎやかにおしゃべりしながら見る見るうちに平らげて、写真を撮って帰っていくのに圧倒されて、見れば彼らクーポンみたいなモノを手渡し帰ってく。
    旅行代理店がクーポンわたしているんでしょうか…、あるいは雑誌か何かに掲載されて、人気のお店になったのかもなぁ…。
    昔、ハワイが日本人の島だったころ、こういう景色をそこここでみた。街の表示や電車の中のアナウンスも、韓国語・英語・中国語・日本語の順番だものネ。
    まぁ、しょうがない。
    ジャジャン麺もしょうがない味。これもまたよし、お腹がソウルの匂いになった。

    明洞の街をそぞろ歩きで食後の運動。



    日本のお店が増えました。HottoMottoがかなり立派な店構え。
    お店の前のメニューブックやサンプルをみると弁当屋さんではなくて、日本料理の定食屋さん。
    店の中にはテーブル、椅子とかなりしっかりした様子。おしゃれでこれも韓国流。
    日本ではショッピングセンターブランドとして気軽なムードの「さぼてん」も、アジアに出ると上等な店のムードをよそおう。
    Sabotenと店名がアルファベットになるだけで、まるで違ったお店のようにみえるところも、なんだか不思議。



    日本ブランドだけでなく、地元の人が作る日本料理のお店も本当に増えた。
    目立つ場所に「あびこ」っていう看板みつけて、なんであびこ?って笑っちゃう。日本にいた頃、我孫子にいた人だったのかなぁ…。オモシロイ。

    とはいえやっぱりアメリカブランドがそのままストンとやってきて、お店を次々増やしていくのが韓国の外食市場の不思議なところ。
    特にファストフードのお店はそのまま。お店の中に入るとまるでアメリカ租界のような雰囲気。



    アメリカから日本にやってくるファストフードのお店はかなり苦労しますもの。日本風にローカライズし過ぎると本来の良さをなくしてしまい、けれどそのまま突っ張ると日本の人に嫌われる。
    例えば日本からすっかり撤退しちゃったダンキンドーナツもここではアメリカ流儀を謳歌してます。
    スムージーのジャンバ・ジュースもそのまんま。
    銀だこの運営会社が提携をした、コーヒービーンアンドティーリーフっていうスタバキラーももうすっかりと市民権を得ていたりする。というか、むしろソウルではスタバよりもこっちの方が、おしゃれでおいしく居心地がいいお店と認知されているんじゃないのかなぁ…。
    近くて遠いソウルという街。本格的にこれから堪能いたします。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    旅慣れているサカキさんでも、置き忘れはヒヤッと事件だったんですねー。私は心配性で荷物が子供のころから多いのです。荷物少なく旅できるのはとてもカッコいいと思います。気を付けてね!
    みやはらさん / 2014/11/19(Wed) /
    荷物の重さは心の重さ
    だと思うワタクシです。特に、旅にあっては。
    以前知人に「荷物の大きな女はバカそうに見える」という衝撃のコメントを頂戴し、激しく納得、それ以来「荷物を少なく」を心がけています。

    不思議なもので、あれこれ心配して用意しても、やっぱりあれこれ心配なんですよね。備えることで様々なトラブルを予測して憂いてるというか。
    そして大概、心配は杞憂に終わる(笑)。

    どうせ帰りにはお土産で重くなっちゃいますしね!行きくらい、身軽でもいいのかも知れませんね。
    楽しい旅を!!
    RHEIAさん / 2014/11/19(Wed) /
    考え事
    > みやはらさん
    先週は考え事をしながらの旅だったので、ぼんやりしてしまったのでしょう。
    慣れは禁物。
    ココロを引き締めて、でもニッコリを旅します。
    サカキシンイチロウさん / 2014/11/19(Wed) /
    軽やかに
    > RHEIAさん
    昔、ボクはスゴく心配症で、ちょっとした旅行にもスーツケースが欠かせぬ性格だったんです。
    けれど最近、どんどん荷物が少なくなってきました。
    ないもはしょうがない、と思えると気持ちも楽で軽くなります。
    生活、人生も同じなのかもしれませんね。
    サカキシンイチロウさん / 2014/11/19(Wed) /
    キリスト教が
    影響しているのでは、とK-POPアイドルなどを観ていて思うことがあります。
    日本人より、大陸的というか合衆国的というか。
    そんな感じがするのは、キリスト教(しかもプロテスタントじゃなくてカソリック)の信者が多いから?なのかもなぁ、とか。
    まあ宗教以前にも、日本人はきめこまやかですもんね~

    日本より寒いことと思います、ご自愛くださいませ!
    Eikoさん / 2014/11/19(Wed) / URL
    ロサンゼルス
    > Eikoさん
    ソウルに来ると、街の構造は日本に似ているけれど、そこで起こっていることはロサンゼルスに似ているようなぁ…、と思うことがあります。
    合理的で、どこかドライでなのにフレンドリーなさまざまなコト。
    隣にあって、異国だなぁ…、と思います。
    それがまたたのしいのですけれどね。
    サカキシンイチロウさん / 2014/11/19(Wed) /
    楽しんで下さいね~
    サカキサン

    翼も最近、国内旅行では
    荷物を減らして行けるように
    なりましたょ~

    Hotto Mottoもあるんですね~

    ソウルのスムージのお店に
    はまってましたょ~


    楽しんで下さいね
    つんつんさん / 2014/11/20(Thu) /
    ブームの日本食
    > つんつんさん
    鮨やとんかつ、うどんに天ぷらと、日本料理はすっかりブーム。
    CoCo壱番屋もあるんですよ。
    サカキシンイチロウさん / 2014/11/20(Thu) /
    鐘路でユッケ HOME LUCY
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]