忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    打ち合わせをロイヤルホストでのんびりしました。

    e2b7530e.jpgおかわり自由のコーヒーと、お腹がすけば料理もたのめる。
    何より頭の栄養になる甘いものが揃ってる。
    ドリンクバーのないロイホ。
    最近、少数派になりはじめているけれどやっぱりボクは「コーヒーのお替りいかがですか?」って聞いてくれるお店が大好き。
    ほどよくにぎやか。
    けれど、ウェイティングが出てしまうほど忙しくはなく、長居をするのに便利なお店。

    熱いコーヒーをたのんで一緒に、パフェをたのんだ。
    「ヨーグルトジャーマニー」。
    昔からあるロイヤルホストの定番のパフェ。
    コロンと分厚いパフェグラス。
    脚高なのが昔っぽくってゴージャス感を煽ってくれる。
    アイスクリームにカシスシャーベット、バナナに黄桃、ホイップクリーム。
    そこにタップリ、プレーンヨーグルトをくわえたモノで決して甘くないわけじゃない…、けれどヨーグルトの酸味とスベスベしたなめらかさのため舌がたのしくダマされる。
    ヨーグルトの持つ健康的なるイメージで、たくさん食べても大丈夫って頭も思い込んでくれるんだろうと思いもします…、それで好き。
    それにしてもこの商品名。
    ヨーグルトジャーマーニーってなんでついたのでありましょうや…、ドイツのヨーグルトがみんなこんなヨーグルトであるコトは絶対ないだろうし、謎は深まるオキニナリ。



    関連ランキング:レストラン(その他) | 渋谷駅神泉駅



    夜は家でご飯にしました…、お外も寒くあたたかいモノ作りましょうと、メインは鍋。
    とても簡単…、しかも具材は基本的にネギと豚肉でできる鍋。
    今日は分厚いわかめがあって、それも使ってみたけれどまずはお鍋にアゴの出汁をとる。
    785825c5.jpegそこにネギ…、本当は白髪ネギのように細く切りそろえたほうが美味しんだろうけど、そこまで手間と時間をかけるのは面倒なのでスライサーでしゃしゃっとスライス。
    都合4本ほどを使って鍋を出汁とネギで満して火をつけクツクツ煮えてきたらば、しゃぶしゃぶ用の薄切り豚肉をネギの上に浮かべるようにそっと置く。
    ユックリ熱が入っていくし、お湯でしゃぶしゃぶするときに肉のうま味がスープ煮溶け出すようなことなく肉がおいしく、やわらかになる。
    その肉で、ネギをクルンと巻いてポン酢や胡麻ダレつけて食べるというモノ。

    321b1005.jpg簡単…、旨い。
    ムッチリとした肉とシャキシャキしたネギ。
    それも時間が立ってくると、ネギがトロンとやわらかになりしかも甘みを増して肉をおいしくさせる。
    わかめを一緒にしゃぶしゃぶすれば茎はシコシコ、葉っぱはスベスベ、ポン酢をタップリまとって喉にツルンとやってくる。

    しかもスープがおいしくなってくのです。
    あご出汁だけで作ったスープ。
    最初はほんの少しの塩味と、うま味だけでできているのに、ネギの甘みが混じってほんのり甘くなる。
    甘さは出汁の塩の風味を引き立てる。
    豚肉の脂の風味や、肉から溶け出すうま味も溶け出してスープとしても見事な仕上がり。
    お椀にとってポン酢とちょっとたらして飲むと体が芯からあったまる。

    〆のご飯をスープで炊きます。
    ジャスミンライス。
    鍋の中のスープを漉して、必要なだけ鍋に戻して強火でググッと沸騰させる。
    蓋して沸いたら今度は中火で、水気がなくなってしまうまでガラスの蓋越しに覗くとご飯に幾つもの蟹の穴が空いてたけてる。
    しばらく蒸らして、蓋とるとパラパラご飯が出来上がり。
    ちょっとおこげもできていて、食べるとたのしいアルデンテ。
    出汁のうま味とジャスミンライスの風味がおいしい、〆のご飯にニッコリします。
    おかずの代わりに茹でエビをマヨネーズとスイートチリであえて、胡椒で風味をつけたの作ってパクリ、今日一日の〆とした。

    今日はちょっとお疲れ気味かなぁ…、ぼんやりしてると眠くなる。
    テレビにそれほどたのしい番組があるわけでなく、それで「AKIRA」をDVDでみながらしばらくボンヤリします。
    そうそうこんな動画を一本…、思わず鳥肌、拍手モノ。



    2009年に開催された「第62回全日本新体操選手権大会」における青森大学の男子新体操部の演技…、なのですけれど、スゴいです。
    人の体って鍛えあげればこれほどのコトができるようになるんだなぁ…、と。
    6人の体操選手たちは一糸乱れぬ演技の見事。
    実はこの動画、YouTube上では海外でかなりの人気を博しているようで時系列でこんな感想を書いてるユーザーもいるくらい。
    0:25 オッケー…。
    0:40 ワオ…。
    1:08 ワオッ!
    1:45 オーマイガー
    1:55 オウマイゴッド!
    2:11 おぉ、なんてことだ!
    2:52 チクショウッチクショウッ!
    時間が経つに従ってそのコメントがどんどん熱を帯び、興奮の度合いがぐんぐん高まっていくのがわかる…、この時系列をなぞりながら見るのもたのし…、オモシロイ。
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    アサンドイッチにチヂミのランチ HOME 渋谷の路地の長崎飯店
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]