忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今日は一日、冷たい雨で仕事途中に、なか卯でうどん。

    a42b2025.jpeg一番スタンダードな「はいからうどん」をずるんとたぐる。
    なめらかな麺。
    やさしい出汁。
    それと一緒に、汁をたっぷり吸い込んで膨らんだ天かすスルスルフルフル、口から喉に流し込む。
    なんだかとてもなつかしい味。
    田舎の松山で学校帰りにたまに食べてたうどんの味。
    一杯100円くらいだったんじゃないのかなぁ…、具は無くネギと天かす、カマボコだけのまさにここのはいからうどんとおんなじ作り。
    学校通いの頃って不思議と、いつも腹ペコだった気がする。
    だから学校帰りに友人と、一緒に買い食い。
    その定番はうどんかお好み焼きだった。
    地域柄…、ってことであります。
    そう言や当時、うどんって食べ物。
    それは食事じゃなくて、おやつだったような気もする。
    なつかしい。
    今日も夕方、小腹満たしの大人のおやつにして食べる。
    体がポワンとあったまる。

    夜、ちょっとお腹がすいてそれで買い置き、カップメンを作って食べた。

    f51b6b9c.jpegサッポロ一番味噌ラーメン。
    インスタントラーメンの中でも好きなブランドがサッポロ一番。
    いたずらに生の麺をよそおわず、縮れてズルンとした喉ごしの昔ながらの麺にこだわる、インスタントらしい味。
    それがむしろ好ましい、オキニイリなのでありますけれど、ボクが一番好きなのは「塩」。
    セロリっぽい青い香りと自然な旨味がいくら食べても飽きない味わい。
    けれど先日、コンビニでこれをみつけてそのインパクトに抗しがたくて買っていた。
    「味噌2.5倍」という売り文句。
    何十%アップぐらいじゃ見過ごしていた。
    2倍程度でも多分、へぇーって思ったくらい。
    2.5倍という数字の魔力にグラっと気持ちが揺れてそうして作ってみたら、確かに濃厚。
    まるでお味噌のポタージュみたいなポッテリとした味わいに、ウットリしました。
    悪くない。
    しかも味が強いだけじゃなく、味噌独特の酸味がかなり効いていてだからスキッと後味さわやか。
    フリーズドライの具材もシッカリしてて、カップ麺のクオリティってスゴいよなぁ…、って感心しました、オキニイリ。

    ところでこれ。

    9606e927.jpegカップのへりに必死にしがみついて落ちぬように踏んばっている…、ように見えるかわいい人形。
    カップメンって名前なんだそう。
    カップ麺じゃなくて、Cup Men。
    カップラーメンにお湯を注いで、3分、あるいは5分待つ間。
    ペロンって蓋がめくれ上がってきそうになります。
    それを押さえるためのキッチンガジェット。
    シリコン製で、だからいろんな形の容器にフィットする。
    12グラムの重さがあって、どんな蓋でもキチンと押さえるだけの体重でもある。
    見た目だけじゃなく、機能的にもシッカリしてる。
    しかも、熱に反応して徐々に白く変色していく…、っていう、ちょっと待つのがたのしくなるようなギミックまでも備えてる。
    グリーン、オレンジ、ピンクの三色。
    なんだかほしくなっちゃいますね。
    なによりこうした商品を、創作しちゃう人がこの世にいるってことに、なんだかニッコリなっちゃうステキ。
    うれしくなります、オキニナリ。

    anago.jpgカップ麺をほぼ食べ終わった頃、そうだ、今日で賞味期限が終わってしまう頂き物があったんだ…、と。
    穴子の白焼き。
    封を切ったらば串を打って焼かれた穴子が、1本、2本。
    それが2段重ねになってて、都合4本。
    一本丸ごと焼かれてる、だから口をグワっと開いた頭もキチンと付いている。
    「お願いだから早く食べてくれよぉっ」って大声出して叫んでるような、そんな滑稽。
    よしよし、食べて差し上げましょう、と、軽く炙り直してそのまま食べます。
    ムッチリ、旨い。
    水分をほとんど飛ばしてガリっと焼いた、だからガッシリとした肉質でだからかなりの歯ごたえがある。
    江戸前寿司のふっくらと、口の中でとろけるような煮穴子もいい。
    けれどこうした歯ごたえ豊かで顎に直接、旨味が伝わる、そんな焼いた穴子もおいしい。
    ほんの少しの塩味と、煙の中で燻された脂の香り。
    それ以外は正真正銘、穴子の味だけというシンプルさ。
    寒さをむかえるこの時期の、生きるエネルギーを必死に体に蓄えた、命の味をいただくシアワセ。
    明日も元気でまいりましょ!

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    穴子・・・旨いですよねー
    昨晩のTVで「汚い旨い」
    店舗は汚いが、料理は旨い
    上野   平兵衛  とんかつ店
    大井   ブルドック  洋食
    一度行ってみたいです。
    問題児(岩手)さん / 2009/12/04(Fri) /
    ブルドッグ
    > 問題児(岩手)さん
    大井のブルドッグ。
    一度だけ行ったことがあります。
    本当に旨い。
    クラシックな味わいの問題児さんは多分、涙をながしちゃいそうな洋食レストラン。
    ぜひ、ご一緒しましょう。
    サカキシンイチロウさん / 2009/12/04(Fri) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    アメノヒノヨクアサノカサ HOME ツナおむすびにツナメルト
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]