忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    うどんで昼をノンビリととる。
    us.jpg壁の穴がやってるうどん屋さんが結構、レベルが高いんだよ…、って言うんできます。
    場所は池袋のパルコの中。
    レストラン街の中の一軒で、こじんまりして清潔でおしゃれすぎないおしゃれな感じがうどん屋さんにちょうどいい。
    名前は「饂飩四国」と言う直球。
    饂飩讃岐でないとこに、商売上手を感じたりする。

    81029f7d.jpeg讃岐のうどんはブームであって、理由はこの上もない本場感がるからでしょう。
    けれど実際、讃岐のうどんにこだわると、贅沢感が大いに阻害されるのですね。
    讃岐のうどんは何もくわえず、そのまま食べる!が一番おいしい。
    毎日食べれる日常食で、つまり値段を高くできない料理。
    手練手管で単価を上げる努力をすれば、するほど嘘になってしまう。
    讃岐と言わず、四国と逃げる。
    賢い上に正直でいい。
    テーブルの上に並んだ薬味の数々。
    七味に塩や醤油と言った全国共通のものに加えて、すった生姜や天かすや青い小口に切ったネギ、それに白ゴマする機械まで置かれているのが本場風。

    鍋焼きうどんをとって食べます。

    783483c3.jpeg今シーズンのお初の鍋焼き。
    深めで底がポッテリ膨らむ土鍋、ズッシリ。
    熱いですのでと声かけながら、蓋をとったらもうもうと湯気。
    グツグツブクブク細かな泡が鍋の表面をビッシリ覆う。
    うどん、具材がその泡の中で地団太踏むように小刻みに、体を揺らす…、おいしそう。

    鍋焼きうどんの鍋の素材。
    あるいはデザイン。
    地方、お店で違ってたのしい。
    うちの田舎はアルマイト製の丸い鍋。
    関西に行くとこうした深めの陶器の鍋。
    関東に来ると、同じような形だけれど、ちょっと深さが浅くなる。
    お店によっては鉄鍋使って作るとこもあり、例えば大阪の「今井」の四角い鍋で炊いた鍋焼きうどん。
    あぁ、なつかしい…、飛んでいきたい、さぁ、ココのうどん。
    エビの天ぷら、きつねのお揚げ。
    鶏肉、かまぼこ、ほうれん草に細かく刻んだ牛筋と、うどんの具として考えられる限りの具材をどっさりいれた「全部入れ」みたいな豪華。
    うどんも角張りいい感じ。

    058a64f9.jpegテーブルの上のネギと生姜をタップリのせて讃岐風味にして食べる。
    コシがあってなめらかで、グツグツ煮こんでなお歯ごたえをなくさぬうどん。
    こりゃ讃岐的。
    喉越したのしく、ズルンズルンとお腹の中になだれこんでくる。
    けれど出汁がドッシリと聞いて醤油の風味はほとんど最小限の、塩味スープは関西風。
    つまり、上方うどんの出汁で讃岐のうどんを炊いた…、そんな味わい。
    結構、おいしい、オモシロイ。

    えび天ぷらの衣がタップリ汁を吸い、れんげですくって飲むとおいしい。
    油の風味と出汁の香りが一緒にお腹に入ってく。
    しかも熱々。
    生姜の辛味が汗を促す、今の季節においしいゴチソウ。
    天かすタップリ投入しつつ、ズルンとゴクゴク、ハフハフ食べる。
    セットについた炊き込みご飯。
    これがとってもうまかった。
    讃岐の醤油。
    つまり風味と甘みの強い醤油をつかって味と香りを付けている。
    おこげの香りも濃厚で、ご飯を一口…、そして汁。
    口の中で雑炊のようにしてごっくん。
    お腹が喜ぶ、ココはかなりのめっけ物。

    そののち移動、秋葉原からつくばエクスプレスに乗って北上。
    柏の葉キャンパス駅で降りて近くの焼肉屋さんで夕食兼ねて情報交換。
    tukuba.jpg実はそこのお店の社長に紹介したい人がいるから…、とそれで出会った人とたちまち意気投合。
    とても正しく正直に肥育された和牛をレストランの調理長や経営者に使ってもらう仕事をする人。
    宮崎の「尾崎畜産」という生産者が作る尾崎ビーフを試食しながら、一緒に何か仕事ができればいいですね…、って話があれこれ盛り上がる。
    赤身の旨いスゴイ牛肉。
    ホルモンなんか姿形がシッカリしててとても健康。
    聞けばまずは健康的な内蔵づくりをまずはして、それから徐々に太らせる。
    もうこれ以上太れぬところまで育ててやって、しばらく自由にさせてやると肉が勝手においしく食べられる準備をはじめるんだという、その段階まで我慢強く待つんだという。
    その分コストと手間はかかる。
    けれど自然の摂理にそった肉は絶対おいしく、体にも良い。
    この正直を分かってくれる人と一緒に、ステキなお店作りに人肌脱ぐことできれば…、って思って家に帰る夜。
    明日は出張、おやすみなさい、お星様。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    饂飩四国
    昔、心斎橋に仕事で通っていたとき、そごうの中にあったお店を利用したことがあります
    お店で製麺されていて、なかなか美味しいお饂飩をいただくことが出来たように記憶してます
    koutagawaさん / 2010/11/12(Fri) / URL
    いい店でした
    > koutagawaさん
    変なこだわりのない、とても柔らかな感じのするお店でした。
    他にも沢山、食べたいモノがあってまた期待なぁ…、って思いました。
    サカキシンイチロウさん / 2010/11/12(Fri) /
    無題
    母が学生の頃からあった甘味処に鍋焼きうどんがあって、母はたいてい鍋焼きうどんを頼んでいました。私は何故か食わず嫌いでしたが。あんみつや、ぜんざいがとびっきり美味しいお店だったのに、今は食べれなくなってがっかりですぅ。
    キョーコさん / 2010/11/12(Fri) / URL
    饂飩四国が壁の穴系列とは
    饂飩四国、大崎や渋谷にもあり
    夕食の一人ご飯のときに何度か入ったことがあります。
    お酒も呑めますし、
    炊き込みご飯 おいしいですよね~
    ただ うどんと 炊き込みご飯のセットにすると ちと多すぎるのですが サカキさまなら
    楽勝なのでしょうね!
    ここの冷たいうどんの かぼす が 小さいので 足りないのだけが難点ですが 冷たいののほうが好みです。
    しかし、炊き込みご飯と食べるなら あのお出汁のあったかいうどんのほうが おいしいし・・・、
    何を頼むか悩ましいお店です。
    池袋パルコにもあるのですねッ
    いいことを聞きました ありがとうございます。
    しろはなげさん / 2010/11/12(Fri) /
    甘味の店
    > キョーコさん
    松山でも甘味屋さんの食事メニューとして鍋焼きうどんを置くお店が結構ありました。
    おいしいですよね。
    鍋焼きうどんのあとのあんみつがまた格別美味しかったりした記憶があります。
    サカキシンイチロウさん / 2010/11/12(Fri) /
    壁の穴
    > しろはなげさん
    しかも、ボクが贔屓の元祖壁の穴ではなくて、暖簾分けでできた、でも今ではそちらの方が大きくなってしまった壁の穴の経営なんですね。
    粉物つながりで、たしかにこうした業態もおもしろいなぁ…、と思いました。
    ここの炊き込みご飯。
    ボクの母がつくるのに似ていて、ちょっとホロッといたしました。
    サカキシンイチロウさん / 2010/11/12(Fri) /
    鍋焼きの季節
    こんにちは。
    このお店、渋谷で入りました。「柔らかな感じ」しますね。
    変にこだわりを押し出していないからでしょうか。飲食店に限らず、理屈の多いものに辟易しているのかもしれないです。材料にこだわるとか手間暇をかけるって基本なのに、声高に言わねばならぬ時代なんですね。

    なんて、堅苦しい書き方になっちゃいますが。本当の意味でおいしい、そんな店やものが残ってほしいものです。

    鍋焼きうどんで、つるとんたんを思い出しました。お店、増えてますね。あの大きな器であつあつ、久しぶりに楽しみたいです。
    ryoko*さん / 2010/11/13(Sat) /
    つるとんたん
    > ryoko*さん
    つるとんたんの鍋焼きうどん。
    未食であります。
    あそこのおうどんのなめらかさはまた格別で、鍋で煮込むとおいしいだろうなぁ…、って思います。

    程よいおいしさ。
    そしてたのしさ。
    何度も行きたくなる飲食店って、基本的なコトをシッカリ守っているところだなぁ…、ってしみじみ思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/11/13(Sat) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    シュッチョウマエメシ HOME 東京・八重洲・初藤の朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]