忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新宿三丁目のブラックエプロンで朝を始める火曜日の今日。



    スタバで朝食をとるのってひさしぶりのコトであります。コーヒーの香りではじめる朝って気持ちいいもの…、だから昔はスタバで朝をよく過ごしてた。
    けれど別にスタバばかりがそういう場所じゃないだろうよと、最近ご無沙汰。
    今日はスゴく早起きをして散歩しながら街に出ようと、それで歩いた先のこの店。
    朝から結構にぎやかで、しかもコーヒーカウンターで豆を計って袋詰めする仕事をテキパキする人がいる。
    サラサラ豆が袋の中に滑りこむ音を聞きつつ目を覚ます。

    深煎りドリップコーヒーとマフィンを食べます。



    ハムにふっくらとしたオムレツ、チーズ…、マフィンで挟んだサンドイッチがショーケースの中にあり、それを取り出しあっためてくださいね…、ってお願いして食べる。
    案外これがふっくらしてて、マフィンブレッドのホツホツとした胚芽の食感は控えめだけど、噛みごたえがシッカリしてる。
    ハムもムッチリ、チーズの旨味と確かな塩味がフッカリとした玉子の食感ひきたてて、オーブンであっためただけとは思えぬおいしさ…、注文してから作るからおいしんだって言い張るマクドナルドのマフィンよりも、こちらのほうが料理のように感じる不思議にフフッと笑う。
    なにより今日オススメのコーヒーが香り高くて、濃くてビターなはずなのにスイスイ喉を滑ってお腹を温める…、それがうれしくニッコリします。仕事にそろそろいきましょう。


    関連ランキング:カフェ | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅



    さて最近、ビデオを借りて見るといえばホラー映画かアメリカテレビドラマシリーズのどちらか…、って決まっていたりするんだけれど、ひさしぶりに韓国映画を借りて観た。



    「蜜の味」っていうタイトルで、けれどサブタイトルや英語タイトルはテイストオブハニーじゃなくて「The Taste of Money」というモノ。
    金という蜜のような甘い存在に群がる人たち、翻弄される一族のドロドロとした愛憎劇という、韓国ドラマが得意としている内容で、それが半端なホラー映画以上にホラーでスゴかった。
    上流階級のおどろおどろしい世界を描いて話題になった「ハウスメイド」っていう映画を撮ったイム・サンス監督の作品で、そのハウスメイドの続編としての側面も持っていたりする。



    劇中、登場人物たちが映画をみるシーンがあるのだけれど、それがハウスメイドだったりするのが粋で、オモシロイ。
    ちなみに内容はかなりブラック。
    もともと階級意識の強い韓国…、しかも最近、ますます貧富の差が激しくなる傾向にある、その社会構造をえぐる社会派ドラマのようにもみえる。
    とある事件が起こってしまい、だからサスペンスのようにもみえるんだけど、なんの結論も、なんの救いも用意されてはいない不思議なエンディング。
    結局これはコメディーとしてみるのがおそらくいいんだろう…、と、気持ちの置所を作るのにちょっと難儀する。それが監督の狙いなんでしょう。
    ボクはかなり好きな映画でオキニイリ。



    群集劇の様相を呈するこの映画の、主役は一体誰だろう…、と考えるとそれは文句なく、富豪一族の女主人「ユン・ヨジョン」だろうと思うのですけど、彼女が枯れた女としての気持ちを癒すシーンがなかなか濃厚。
    あたかもホラーな様相を呈しております…、大人映画でございます。

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    米料亭 HOME 風呂を炊く
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]