忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    セガフレード・ザネッティにてちとひと休み。



    ココに来ると温かいラテをどうしてもたのみたくなる…、砂糖を入れていないのに甘く感じるエスプレッソを、ミルクの甘みが引き立てる。
    ミルクの泡がフックラとして、まるでクリームみたいにトロンと喉なでまわす。
    蒸気で沸騰させたミルクを、そっとエスプレッソの上においただけなのに、最後の最後まで壊れずずっとカップの中に漂って、なのに口にふくむとポッテリ舌の上にのっかり、フワッととろけてエスプレッソと混じってく。
    いつも感心するオゴチソウ…、今日もユックリ、泡が蓋して中がずっとあったかであってくれるのをたのしみ飲んだ。



    ケーキのショーケースの中にティラミスを発見し、突然食べたくなってこれ。
    これが見事なできばえで、マルカルポーネをフックラふんわりさせたクリーム部分がズブズブ、舌でつぶれる。
    潰れて甘い香りを吐き出し、スキッと後味とてもやさしい。
    エスプレッソの粉のビターな苦味と香り、底で支えるビスケット部分がエスプレッソでシットリ濡れてて、口の中が潤うおいしさ。
    おいしいなぁ…、レストランのティラミスはもっとどっしり重たくて、食後のお腹に蓋する役目をさせるレシピで作るけど、ここのはやさしい。
    軽くて一個があっという間にお腹の中に収まって、それでもスッキリ、お腹が重たくならないおいしさ…、思わず二個目に手が出てしまそうな味わい、オキニイリ。

    夜を自宅で…、凍ったしゃぶしゃぶ用の牛肉を使ってこれでミートソースを作りましょう。
    凍ったまんまの薄切り肉をまな板の上において包丁の背でガンガン叩く。すると細かく壊れてく。オリーブオイルを入れたフライパンにいれ、炒めていくとボロボロ焼けておいしい香りを出してくる。



    そこに玉ねぎ。それからトマトソースをくわえて味をみるとちょっとコクがない。
    デミグラスソースの素をそのまま入れて、コトコト煮込むとなかなかの出来。
    パスタを茹でる。
    リングイニとスパゲティーニがちょっとづつ。それぞれ一種類だけでは一人前には足りなくて、その両方をつかってやっと一人前の一歩手前になる分量。
    ゆで時間はどちらもほとんど同じで茹でて、ソースをあえて出来上がり。
    ちょっとソースが多めでまるでシートパスタをロングパスタに変えて作ったラザニアみたいな料理になった。
    ホツホツ肉が奥歯で潰れ、芯を感じるスパゲティーニと麺全体に歯ごたえのある平打ち麺のリングイニの食感が同時に口の中にあるっていうのもたのしい。
    レストランでは食べることができない料理にニッコリしました、堪能す。

    刺身用の生のホタテを使って一品。



    テフロン加工のフライパンを熱く熱したところにそのまま、油もひかずホタテを置きます。ブルブル細かく震えながら、体の中に蓄えた水気を出しつつ焼けていく。
    しばらくしたらヒックリかえして火をとめる。
    フライパンに醤油をたらすと醤油がクルンと丸まって細かく震えて焦げていく。

    焦げた醤油の上にホタテをのせて撫ぜると、醤油の風味と焦げた香りがこびりつき磯辺焼きのようになってきたらば出来上がり。
    食べるとサクッと歯切れ、ホタテの旨味が口に広がる。
    生のホタテのネットリとした粘り気のある食感も良い。
    けれど表面をこんがり焼くと、焼けたとこだけはカッチリとした歯ざわりがあり芯の部分はムッチリ生の触感がある。
    甘みや旨みも熱が入った分だけ凝縮されて、なにより焼けたホタテの香りが切ないほどにおいしく感じる。
    タケノコとさやえんどうとわかめを炊いて、鰹節を最後に散らして副菜とする。
    ご飯を軽く一膳食べて、体潤う、なんてすてきなオゴチソウ。

    拍手[7回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ティラミス
    わ~ぁ
    ティラミスおいしそう
    深夜にみちゃいけないわ~
    ( 〃▽〃)エヘヘ

    手作りのミートソースもおいしそうデスネ~
    お肉はひき肉ではなくてもオッケー
    なんですネ
    つんつんさん / 2013/10/21(Mon) /
    ひき肉も
    > つんつんさん
    ひき肉を使うときにも、自分で挽くとおいしんですよ。
    サカキシンイチロウさん / 2013/10/22(Tue) /
    ポール・バセット・クロワッサン HOME 天金CC
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]