忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、仲間と一緒に新宿焼肉。
    「李宮」という店。

    rik.jpg西新宿の超高層ビル、アイランドタワーってビルの地下にある焼肉専門店。
    このビルが企画された当時。
    日本はバブルの頂点あたり。
    だからとてもゴージャスなビルとしてプランニングがなされてて、だからこの店。
    ビルの地下というのに中庭をもち、それをぐるりと囲むようにしてまるで一軒家を作るようなしつらえで店ができている。
    ビルが完成した頃には、もうそのバブルもかげりが見えてて、オフィスフロアーのテナント探しもかなり難航したと聞く。
    不幸なビルの不運なテナント。
    そのゴージャスなしつらえに、不似合いなほどに大衆的で気軽なメニュー戦略。
    つまりコストパフォーマンスが高くて重宝。
    ここぞというとき、知っていると便利なお店に今日も来る。

    焼肉の食べ放題がたのしめます。

    0be6ec2e.jpeg米国産ではあるけれど、カルビにロース、ハラミにホルモンと普通の焼肉店で出してる普通の肉はほとんど揃う。
    豚に鶏。
    野菜にシーフードなんかも揃い、けれどタンの用意だけ無い。
    無理をせず。
    決まった値段であれこれ肉をたのしむための最小限の素材だけにておもてなしをする。
    割り切り見事で、潔い。

    サンチュやサラダ。
    ナムルにキムチが食べ放題という、これがかなりうれしくってありがたい。
    肉をモリモリ、沢山食べちゃう罪悪感を取り去ってくれる免罪符的こうした野菜。
    普通の焼肉店ではどうしてもとるのをためらう。
    けれどいくら食べても同じ値段だ…、って思うと安心できる。
    うれしい限り。

    ホルモン、それからホタテ貝。

    a067a323.jpeg実はホルモン。
    ちょっと前まであまり好きじゃない食べ物だった。
    脂の塊。
    ちょっと癖ある匂いに食感。
    内臓そのもの…、ってビジュアル的にもちょっと苦手でずっと敬遠してたのだけど、ひょんな拍子で食べてみて、たちまちハマった。
    トロンと脂がとろける食感。
    冷やっと舌の温度が瞬間、下がってしまった?って勘違いするほどの脂の味わい。
    クニュクニュっとした腸壁のこの独特の噛み応え。
    噛んでも噛んでも旨味がまるでなくならず、なくならないばかりかどんどん旨味をタップリ、吐き出し続ける。
    食べなれるとこれほどおいしい牛の部分って他には無いかもなぁ…、ってボクの動物的な部分がつぶやく。
    決してハマりすぎることのないように…、ってボクの臆病者の部分が叫ぶ。
    そんなおいしさ。

    フランクフルトを焼いたりします。

    b89b8ac7.jpeg食べ放題。
    なにを食べても値段は一緒なんだから、なるべく原価が高く思える素材を焼かなきゃ…、ってわかっちゃいるけれど、でもこんなB級な物も食べたくなっちゃう。
    縦割り半分にしたフランクフルト。
    その内側から焼く。
    コンガリ、ジックリ。
    網の上にズラっと並べて、でもその場所場所で焼け具合が随分違う。
    時折、焼け目を確認しながら、場所を変え、方向を変えどのソーセージも同じ具合に焼けるよう世話を焼くのがまたおもしろい。
    ヒックリ返し、皮目を同じくジックリ焼いて、はい、出来上がり。
    マツカサのようにそっくり返る皮の表情。
    コンガリ焦げ目がうつくしく、しかもツヤツヤ、汗かく表面。
    齧るとパキっと皮がはじけて、お肉のジュースが口一杯にほとばしり出る。
    バーベキュー的たのしい一品。
    これもごちそう…、堪能す。

    それからチヂミ。

    9bbb84c5.jpeg食べ放題の焼肉で、肉以外のこうした料理には過大な期待をしないようにいつもしている。
    けれどこれ。
    カリッと表面キッチリ焼けてて、しかも中身はシットリ、ジューシー。
    ネギ、ニラ、キムチと最小限の具材を使い、でも見事なほどのおいしい出来。
    むしろあれこれ具材を入れぬ、こうしたシンプルレシピの方がチヂミはおいしくなるのかなぁ…、って思ったりもする。
    どうなんだろう。

    ナムルにキムチもまたほどほどにおいしくて、〆にクッパやビビンパを食べてみようかと思いはするけど、炭水化物をあんまり食べちゃ負けてしまう(笑)。
    って、そう思いつつ我慢する。
    ビールに梅酒、それからマッコリ。
    飲む手は止めず、ただただひたすら食べ続け気づけば制限時間一杯。
    お店をあとに、〆、探す。

    歩いてちょっとの麺通団。
    つめたい冷やかけ、桜えびのおむすび、それから竹輪の磯辺揚げ。
    ぶっかけうどんではじまった今日一日の〆がこれまた讃岐うどんという偶然に、あっけらかんとニッコリとなる。

    mthb.jpgほどよき喉越し。
    ツルンとなめらか、しかも噛むと歯ごたえ豊かなここの麺。
    相変わらずの見事な出来映え。
    来る度、量が減ってくる天ぷらたちにはなんの罪もありますまい。
    プライスダウンにコストダウンが唯一無二の生き残り術?って、思われるほどの今の不景気気分がなやましい。

    冷たいうどんに冷たい汁。
    タップリのネギ、そしてすった生姜を溶かしてお酒にお肉で火照った喉とお腹をなだめる。
    一緒に熱いかけ汁もらって、それをお茶の代わりにフウフウ。
    息吹きかけつつズズッとすする。
    讃岐の出汁はやっぱりおいしい。
    いりこの酸味と軽い苦みを感じるちょっと独特で特別な故郷の味。
    なつかしい。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    会社の近く
    李宮はランチによく行きます。
    クッパかビビンバ。
    どちらもボリュームたっぷりで、
    ランチにしては野菜もたくさんとれるので、
    「がっつりお米を食べたい!でも野菜も!」
    という気分の時に行っちゃいます。
    美味しいですよ。
    tonamiさん / 2009/09/21(Mon) /
    ランチ!
    > tonamiさん
    なるほど、ランチで。
    韓国料理は野菜が沢山食べられるのが、ありがたいですよね。
    ここでご飯を食べた後、ポールバセットでお茶を、と企んでいたのですけれど日曜日の夜は早じまい。
    ちょっと残念ではありました。
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/21(Mon) /
    アイランドタワー
    1階の本屋とあまり相性がよくないなぁと思って以来、行っておらず、
    地下にこんなお店があったとは!
    1階のまぁるいところの飲食店は、最近また
    変わってたような気がします。
    あーたさん / 2009/09/21(Mon) /
    バーガーキングも
    > あーたさん
    一階の本屋さん…、相性の悪さがわかるような気がします。
    ボクもあまり好きじゃないんです。

    丸い窪みにズラっと並んだ飲食店。
    あのバーガーキングの日本再進出1号店がココにあって、今では当時の行列が嘘のようにひっそりしています。
    穴場です(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/21(Mon) /
    LOVEランド
    でんと置いてあるLOVEが目印で、マクドナルド本社がありそれで、一階のロイヤルホストの設計図に珍しく江頭さんが手を入れた、そしてそういう構い方をなさった最後の店が入っています。レジの横の壁に、江頭氏が設計者の手で描かれています。まだ残っているようでしたら、今度「李宮」ご利用の際にでも、壁絵をご覧ください。
    「李宮」残念ながら私はロイヤルホスト以外の店を利用したことがなく、このような素敵な店があったんですね。

    ジッサさん / 2009/09/21(Mon) /
    イルフォルノ
    > ジッサさん
    イルフォルノの夢の跡でもありますね。
    このビルの隣のヒルトンホテルにある床屋をずっと長く使っていたものですから、とても身近なビルでもありました。
    ただこのビルのロイヤルホストよりもちょっと歩いた三井ビルのお店がずっと好きだったものですから、その点では縁が薄く今まで3度ほどしかここのロイヤルホストは使ったことがありませんでした。
    江頭さんの痕跡。
    ぜひ、次の機会には探してみようと思います。
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/21(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ゲツアサンド HOME アヴァンシャネルにアネックス
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]