忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2017/12 01
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    なんとかデスクは片付いて、あとは来週。
    日頃は日本中のお客様のとこを訪ねてお手伝いをしているみんなが集まって、一人一人の荷物をそれぞれ片付ければいい、そこまでなんとかたどり着く。
    ただネット環境が整わないのがちょっと残念。
    まあ、ちょっとづつ、あるべき形に近づけばいい…、ってそんな気持ちで仕事を終える。

    地下鉄にのり今日は北上。
    巣鴨まで行き山手線で新宿に出て、ちょっと酒でものみませう。

    わすれん棒っていう、できたばかりの焼き鳥屋さんにやってくる。

    wbo.jpgどんなところにも新陳代謝の激しいビル…、っていうのが存在してて、ざっくばらんに言えば「テナントが次々入れ替わってしまう曰く付きのビル」ってことになりましょうか?
    このビルも、比較的お店の出入りの激しいビルで、つい最近まで結構人気の居酒屋があった。
    お店の入り口。
    厨房の位置や壁のしつらえは前のお店のまんまで、賢く店を改装したんだなぁ、…って思う。
    昔はお店を作ると言えば、意匠をこらしてまずはお店の造りを考えお金を使った。
    お客様のために投資をするということが最大級のおもてなし…、出会った訳です。
    でも今は、お店に使うお金があったらもっと安く料理を食べてもらう努力をした方が良い。
    そんな具合に飲食店の店の造り方は随分かわった。

    このお店。
    新宿にしては料理は安い。

    87060d11.jpegただ焼き鳥の串一本分はちょっと小さめ。
    その分、いろんな種類の焼き鳥を食べ比べすることができるようになっている。
    せせりや正肉、ふくらはぎなんて希少部位まで揃ってる。
    タレもスッキリ甘み控え目。
    焦げた風味がなかなか旨い。
    ささみをとったら、上にタップリわさびを塗ってそれまでカラっと焼いている。
    わさびの香りがより一層に引き立って、辛味もドッシリ。
    酒がすすんでしょうがない。

    厨房の中もホールもみんな若い人だけで営業してて、元気の良さがなによりうれしい。
    とはいえ基本的なところはシッカリしてる。
    例えばタレ焼きと塩焼きはお皿を変えて出してきたり、付け合わせのキャベツは一旦、塩水くぐらせみずみずしさと塩をのせて出してくる。

    例えば肉じゃが。

    cb66d01a.jpegジャガイモほくほく。
    ニンジンしっとり。
    タマネギとろとろ、そこにタップリ豚バラ肉が風味を添える、おばあちゃん味にシッカリできてる。
    酒の種類も豊富でしかも、たのむとスタっとすぐやってくる。
    ちょっと注文が立て込んで、提供時間がかかってしまうとお酒を作る担当者が直接もってきてくれる。
    それで「ごめんなさいね、お待たせをして」って一言そえる。
    気持ちいい。
    BGMも昭和な楽曲。
    温故知新なやさしい雰囲気。

    鶏の唐揚げをたのんだら、チューリップの形になってやってくる。

    127bef55.jpeg昔、お誕生日や特別な日にお母さんが作ってくれた鶏の唐揚げは、みんなこんな形をしてた。
    なんだかうれしい。
    なつかしい。
    箸ではさんで持ち上げて口に運んで食べる唐揚げ…、それもおいしい。
    けれどこんな骨を指でヒョイとつまんでカプっと齧る鶏の唐揚げの格別なこと。
    うれしいねぇ…、って食べてたら、熱々のあたらしいおしぼりを、はい、どうぞ!ってさっと差し出す。
    挨拶ハキハキ。
    教育とても行き届いた気持ちいい店、お気に入り。

    〆のご飯に釜飯が用意されているのだけれど、ちょっと食べたいご飯があった。

    ゴーゴーカレーのウィンナカレー。

    gogoc.jpgちょうどこの居酒屋の裏っかわにお店があって、それじゃぁ、〆をはしごしてそこ。
    そう思ってやってくる。

    コッテリとした濃厚なルー。
    スパイシーで辛いのだけど、それが胡椒やカイエンペパーの辛味になってて不思議とカレー臭くない。
    千切りキャベツがサッパリ口をさせてくれ、このコッテリに心置きなく身を任せられる。
    ウィンナ4本。
    それにエビフライを追加でトッピングしてもらい、らっきょを薬味に追加してそれで1000円ちょうどの〆。

    ここのカレー。
    ご飯にかけるときお皿を持つ手の手首をグルンとまわしつつ、器用にまわして盛ったご飯の表面を全部きれいに隠すようかけまわしていくのが特徴。
    だからどこをすくいあげても同じようにカレーの味がするのがステキ。
    フライを揚げるラードまじりの空気に包まれ、パクッと食べて元気をもらう。

    明日は一日、お休みです!

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    パリな朝 HOME 火事場用のヴィタミンウォーター
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]