忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    羽田空港から出発の今日…、出発までの時間をどこかでお茶にしましょと最初はアッパーデッキトーキョーっていう、ロビーフロアの空中階。オープン当初はデザインチェアが並んだフードコートに行った。



    この壮大な吹き抜け空間に負けぬ施設を作るには、存在感の高い椅子を置くのがいい…、という考えて作られていて、ところが今ではそのほとんどが撤去の憂き目。
    普通の椅子が並ぶ普通のフードコートのようになった。
    名残はミッドセンチュリー系の椅子がかたまる一角と、エマニエル夫人的なるぶら下がり椅子がある場所くらい。
    コンセプトが先走ると続かぬコトが多いけど、これほどあっさり趣旨替えした施設って珍しくって恥ずかしい。しょうがないから、移動する。

    ゲートの中に入ってイセタン羽田ストアでコーヒー飲んだ。



    それにしても静かで人気のない場所です。
    伊勢丹というブランドがJAL的なのか、ANA的なのかと考えてみれば、おそらくANA的なんだろうと思うのだけど、なぜかJALターミナルの方が充実しているしなにより人を集めてる。
    JALといえば三越的で、なるほど今は三越伊勢丹ホールディングス。三越時代の遺産がココで活きているのか…、って思ったりする。
    なんだか渋いコーヒーでした。そろそろ北に向かいます。

    飛行機にのり本州を縦にススッと飛んで行く。



    「今日は気流の関係で、揺れることが予想されます」と機内アナウンスがあった通りのフライトで、機内サービスもすべてスキップ。
    窓の下を見れば分厚い雲。
    目線をあげて遠くをみれば青い空。飛行機に乗り水平飛行がはじまるたびに、いつも感じる「分厚い雲も上は青空」。今日もしっかり目に焼き付けました。
    笑顔で元気にがんばる気持ちが青空なんだ…、と思いもしました。今日の午後。

    富山に来ました。韓国料理の専門店として頑張っているカエンで仕事。



    駅前の歓楽街が終わりを迎える今の場所。店をかまえてもう7年。
    開業直後は韓流ブームにのっかって、かなり繁盛。その繁盛につられるように同じような専門店がたくさん出来て、ところが今はちょっと逆風。
    そのほとんどがなくなっちゃった。
    けれどこの店。今でもしっかりおなじみさんに愛されていて、けれどこのままぼんやりしてるといつかはみんなに飽きられる。
    原点をしっかり守りながらも、新しいコトに挑戦しなくちゃいけないね…、っていろんなコトをあれやこれや。



    そういえば、渋谷のヒマラヤ焼きって料理で人気のお店の話に自然になって、あのやり方をサムギョプサルの石板でやってみたらどうなのかなぁ…、と。
    牛もも肉の塊肉がたまたまあって、それを石板で表面だけをこんがりと焼く。
    油を使わずキレイに焼けていくのにまずはビックリ。
    トングでおしてもグラグラ揺れない程度に焼けたらしばらく休ませ、薄切りにして山状に盛る。
    中はレアーのその肉を、蓄熱させた石板で好きなように焼きポン酢や塩を溶かしたごま油につけて食べると、うん、旨い。



    炭火で焼いた香ばしさはない。けれど脂を落とさず焼けている、しっとりとした食感やピトッと舌にはりつくようななめらかは、遠赤効果のなす技でしょう。
    この焼き肉を丼にして食べたら旨いに違いないと。
    大きなお鉢にご飯を持って、周りにサラダ野菜に辛味を和えた白髪ネギ。韓国海苔を散らしたところに肉を乗せ、チャチャッと作ったタレをタラリとかけまわす。
    あとはグシャッと混ぜて完成…、出来上がり。
    当然のようにおいしくて、あとはコレをどのようにして商品化して、売り込もうかとまたまたあれこれ考える。
    厨房の中で考える、経営のことは本当にたのしい、オモシロイ。


    関連ランキング:韓国料理 | 新富町駅県庁前駅富山駅前駅

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    富山のヨルアサ HOME タビノハジマリ、赤坂璃宮
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]