忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昨日にひき続いて、チャイナハウスすけろくで昼。

    d8a05af6.jpg昨日、一日。
    なぜ、ずっとかわらず繁盛店であり続けることができたのか?というようなコトをみんなで勉強。
    結局、仕組みとかシステムとかじゃなくて「一生懸命働いて報われる職場作り」と、「怠らずずっと教育し続けること」。
    その2つが揃って、はじめて「ココロの通った料理」が提供される。
    ココロのかよった料理でなければ、ココロを満たすことはできない。
    そういうコトなのでありましょうネ。
    そう思いながら厨房の中を見せてもらうと、笑顔で、けれど必死に鍋を振る姿。
    客席ホールに出ると、家族が仲良く、うれしそうに食卓囲む姿が見える。
    小さな子供を連れた家族。
    座敷に座って赤ちゃんを、あやしながらの食事の景色って、東京の都心にいるとなかなか目にはふれないモノです。
    ファミリーレストランって本当はこうして、家族がニコニコできる空間。
    お腹を満たして、仲良くなれる場所であって、若い人達がドリンクバーを目当てに群がる場所じゃなかった…、って当たり前なコトに気がついたりする。

    46cf548a.jpg昨日と違った支店のひとつで、店が違えば働く人も違ってる。
    けれど出てくる料理のレベルは、ほぼおんなじで、チェーン店だから当たり前とは思うのだけど、その当たり前に感動しちゃう。

    昨日はランチのセットをメインに試食した。
    今日は単品。
    例えばスープチャーハンなんて、粋な商品を試してみます。

    お米ご飯がもっているみずみずしさを閉じ込めて、外をカラッと焼いてパラパラさせる。
    それがおいしいチャーハンと言う料理。
    せっかくパラパラさせたチャーハンに、わざわざスープをかけて食べる贅沢。
    蛮行一歩手前の御無体なコト。
    一歩間違えればスープもチャーハンも台無しになってしまう料理で、だから敢えてしようとしないお店が多い。
    敢えてのコレを、さて試食。

    具沢山なチャーハンが、そもそもシッカリしていておいしい。
    パラパラ、口の中ではぜるような米粒。
    そこにスープがからんでみずみずさを感じるのだけど、焼けたお米の食感が台無しになるかというとそんなコトもない。
    スープ自体が独特で、スープ以上であんかけ以下…、って感じの濃度。
    だから炒めたご飯がスベスベになり、やさしくお腹に滑り込む。
    こりゃ、食欲がないときに来て食べたら元気が出るだろうなぁ…、ってそんな感じのたのしい料理。

    29b37f58.jpgそれからガッツリ系のセットをひとつ。
    焼き叉焼と目玉焼きの丼と、ソース焼きそばのセットというモノ。
    中国料理店でありますけれど、ソース焼きそばが昔からの名物のココ。
    もやしに豚肉、それからチリチリ、炒めた玉子が具材になった普通のソース焼きそばなのでありますけれど、ラードの甘みや、オイスターソースのフレーバーが、中国料理の野菜炒めのような味わいにしてくれている。
    シャキシャキとしたもやしの食感が、とても軽やか。
    麺の入った野菜炒めのような感じで、たしかにご飯のおかずにもなる。

    プルンと脂が透き通るジックリ煮こんで仕上げた叉焼。
    それを薄くきりわけて、ご飯に乗っけて煮込んだときのタレをタランとかけまわす。
    目玉焼きで蓋して、そこにチュチュっとマヨネーズで飾って完成。

    八千代っていう築地のお店。
    新鮮な魚を使った揚げ物が名物の店で、そこの名物メニューにチャーシューエッグっていうのがある。
    自家製叉焼に目玉焼き。
    腹をすかせた市場の人が、安くお腹を満たすために出来た料理に似た料理。
    まかない料理のような感じで、けれどなんともコレがおいしい。
    肉の脂がご飯の粒にしがみつき、スベスベ、口ですべっておいしい香りが鼻から抜ける。
    叉焼味のご飯を口に放りこみ、一緒にシャキシャキ、もやし混じりの麺を頬張る…、炭水化物が体の中を駆け巡る。

    328b8f61.jpgそれにしてもマヨネーズというモノは、いかにもおいしいモノであります。
    ここの名物の餃子を揚げてそこにチュチュっとマヨネーズ。
    これで十分、ビールが飲める。
    ご飯のおかずにもピッタリとくる。

    中華料理という料理。
    世界中のいろんなモノを飲み込んで、自分のモノにあっさり変える。
    例えばエビのマヨネーズ和え。
    まるで昔っからの中国料理であったかのように、自然な顔してメニューの中に居座っている。
    日本料理とマヨネーズがいまだに互いの落とし所をいまだに見いだせないのに比べて自由で、大胆…、感心します。

    ここの店では焼きそばフェアーを今やっていて、全部で5種類位の焼きそばがメニューにのってた。
    気になったのが塩焼きそばで、エビともやしと黄ニラがタップリ。
    ソース焼きそばと同じで具がふんだんで、野菜炒めのように感じる。
    塩の味と一緒に貝やエビ、野菜のうま味がドッシリしててしかも野菜の風味が良くて。
    何が秘密とジックリみると、野菜がこんがり焦げている。
    「火が作り出す料理」…、それが中国料理。
    強火でジャジャっと、熱した鍋に食材をキスさせるように触れさせて仕上げた…、だから油っこさは微塵もなくて焼けた風味だけが食材に移って仕上がる。
    家ではできぬゴチソウ。
    堪能しました…、これから移動、実家に戻り夜は母の料理を食べるコトとする。
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    温度
    値段に関わらず、
    美味しいと思う料理がありますよね。

    私にとっては、
    あったかい料理が
    ごちそうに感じることがあります。

    あったかい味噌汁に、
    一日を乗り越える活力を
    もっらたりします。

    もちろん、
    笑顔も添えられれば、
    言うことなしです。
    annaさん / 2011/11/02(Wed) /
    あたたかさ
    > annaさん
    温かい料理。
    うれしい料理ですよね…。
    温度的に冷たくても、ココロ温かくしてくれる料理もある。
    温かいお味噌汁なんて、本当にうれしいゴチソウです。
    明日も笑顔でがんばりましょう!
    サカキシンイチロウさん / 2011/11/02(Wed) /
    今夜は格別ですね!
    サカキシンイチロウ様、こんばんは。
    気がかりなことが一つ終わって、その後の帰郷となれば、今宵のお夕食は、格別な一食となられることでしょう。
    どうぞ、お仕事を離れた気持ちで、くつろいでください。
    過労死予備群さん / 2011/11/02(Wed) / URL
    格別な夜
    > 過労死予備群さん
    家族と一緒に食事することそのものが、特別な夜でした。
    おいしい食事とたのしい会話。
    そしてみんなの笑顔。
    それが何よりのシアワセなのだなぁ…、と思いました。
    サカキシンイチロウさん / 2011/11/03(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    実家で夜、朝 HOME 3014619681
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]