忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    青森であたらしく開業したとんかつの店にやってくる。
    988972c0.jpegたか久さんという、地元でずっと和食のお店をやっている人…、昔はずっとねぷたで一緒に跳ねてた人がはじめた仕事で、街の中。
    官公庁街の近くにあって、かつてコンビニエンスストアが入居してた建物をそのまま使ってリニューアル…、オープンキッチン、セルフサービススタイルの店。
    今、日本全国でコンビニエンスストアのリロケーションや閉店が相次いでいて、そんなお店を再利用したいろんなビジネスがスタートしている…、これもそんな仕事のひとつ。

    05b7dcd4.jpeg売り物は揚げたてのカツ。
    専門店の仕込み方。
    専門店の揚げ方で作ったカツ。
    仕入れを工夫するコトで、かなりのコストダウンをはかった。
    それを出来る限り安く、お客様にたのしんでいただくためにセルフサービスというスタイルをとる。

    地方のお客様にとってのセルフサービス。
    抵抗があるんじゃないかと最初は心配したんだけれどすんなり自然に受け入れられてる。
    上司と部下のサラリーマンがやってきて、どちらもおそらく60代にて、部下おじさんが甲斐甲斐しくも料理を取りに行ったり食器を下げたりしているところがほのぼのしてる。

    ちょっと時間がかかりはするけど、専門店クオリティの料理をたのしむコトができるということで、結構、昼はにぎにぎしい。
    試食の商品。
    ロースカツ丼とエビとヒレかつをたのんで試食。
    お膳の上が揚げ物だらけで茶色くなって見えるけど、あくまで試食でありまして…、どうぞ勘弁、お医者様(笑)。
    とは言え好物だらけの食卓。
    しかもカツを閉じた玉子がちょっと固めの仕上がり…、まさにボクのためにあるような仕上がり具合ににっこりします、さて、パクリ。
    7620e058.jpeg出汁が染みこむとんかつのほどよくおいしいコトに納得。
    甘み控えめの青森らしい濃い味のタレが、タップリご飯にしみこんでなかなかいける…、このカツ丼で白いご飯が食べられそうな甘美な誘惑。
    アブナイ、アブナイ。
    サックリ揚がった衣もおいしく、肉の下味にビリッときかせた胡椒も風味をよくしてくれる…、なにより揚げたて、作りたてというのが全てに勝るゴチソウ。
    明るいサービスも気持ちを明るくしてくれる…、そしてしばらく勉強会。



    関連ランキング:とんかつ | 青森駅

     

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ただいま東京! HOME 仙台で朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]