忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新幹線で白石蔵王。「なだまん」という和食のお店にやってくる。



    福島の先、仙台の手前。のどかな街の人気のお店。
    まずは生ビールをいっぱいもらって、お通し代わりの野菜のマリネ。スライスオニオンににんじん、パプリカ。魚の端材の湯通しを自家製ドレッシングで漬け込んだモノ。
    みずみずしくてなめらかで、なにより野菜を肴に飲むビール。乙なものです。体にじんわり染みこんでくる。
    それにしても福島の駅を出た途端にスゴイ雨。雷ごろごろでお店の窓を叩きつけるような激しさにビックリします。でも今年の夏は雨が少なくて農家の人も苦労してるから、こういう雨も恵みの雨になればいい…、って。



    なるほど、そうね、と思ってニッコリ。
    今の季節のゴチソウをどうぞと、岩牡蠣。日本海から運んで来たもの。8月に入ってからはちょっと小さくなっちゃったからと一人2個づつ。
    小さいとはいえ、旨みは濃厚。
    縁のフリルの部分はコリッと歯切れよく、お腹の部分はムッチリぽってり。噛むとトロリと海の旨みが口の中へと流れだす。



    そして刺身の盛り合わせ。大きな漆の鉢にギッシリ、砕いた氷をしきつめてそこにいろんな魚が踊る。
    氷の波の中で刺身が泳ぐようにも見える贅沢。
    白つぶ貝にホッキにアワビ。甘エビ、生ダコ、カンパチ、マグロ。マグロは赤身に中トロ、大トロと部位が変わると味わい、食感、まるで違ってなんとも旨い。
    しめ鯖、帆立とパクパク食べて、ビールがいつしかむぎ焼酎に変わってく。
    四国にいた頃、マグロってほとんど食べたことがなかったんです。だからマグロは大人になって食べてビックリした素材。そんなご当地ネタをいいつつ、会話もお酒もグイグイすすむ。



    いかそうめんのちょっとたのしい食べ方があるんですよ…、と来た一品。
    スルメイカを細切りにしてズラリ並べて、ネギに生姜とここまでだったら普通に売られるいかそうめん。
    ところがココでは、それと一緒に「いかふ」がたっぷり。
    イカの内臓を熟成させた濃厚ペーストで、これにトプっとイカを浸すとたちまちイカの塩辛みたいな風味をまとう。とは言えイカは新鮮なイカ。噛んでるうちにイカそのものの旨み、風味に戻ってく。甘くてしかも大人味。こりゃたまらんね、とグビグビ、飲みます。



    仙台式の炭焼き牛たん。
    顎を使っておいしく食べて、サイドの漬物、南蛮食べる。その南蛮味噌がとてもおいしく、それだけもらって酒のあて。
    味噌から自家製なんですよ…、って。なるほどビリビリ辛いくせしてやさしい味わい、風味はそのせい。
    海ぶどうをシャキシャキたべて、たちまちトロリととろける食感たのしみ今日の〆とした。


    関連ランキング:和食(その他) | 大河原駅



    ちなみにその後、小さなスナックに突入し、飲んで歌っておおはしゃぎ。
    「歌恋」という愛らしい名前の愛らしい料理自慢のママがやってるスナックで、それでこの曲、歌ってみます。



    ハイトーンボイスのキレイな村下孝蔵の歌の中で、中でもキーが低めでボクにぴったりの曲。それでたまに唄うのだけど、カレンつながりで盛り上がる。
    やってくるお客様がみんなおなじみ、顔なじみ。
    しかもみんな歌自慢という、こういうお店がもう東京ではすっかり少なくなっちゃった。
    カラオケボックスでひたすら自分たちの世界を作って盛り上がる。それとは違った
    みんなでたのしみ分け合うたのしみ。いいんじゃないか…、と思ったりした。お開きタイムは水曜日。

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ホテルのバフェとクロックムッシュ HOME ランデブー
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]