忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    神奈川県のカウベルさんで、仕事ついでにランチの試食…、それも仕事のひとつと言えばひとつなんだろうけど、仕事というにはあまりにたのしく、それでただただランチの試食。



    昔、葉山や逗子で暮らしていた頃、おいしいステーキを食べると言えばカウベルに行くことだった…、そんな老舗でいろんなところにお店があった。
    今ではボクが今日やってきた本店と他に姉妹店がいくつかあるだけ。
    しかもこの店…、ステーキだけじゃなくてパスタやピザもメニューに揃ってる。
    時代を超えて地域の人に愛され続けるためには、お客様に常にたのしい提案しなくちゃいけないんだと、そんなコトを教わるお店。
    それらどれもの料理がキチンと、専門店の品質を保っているのがすごいところでもあったりするワケ。

    まずはサラダを食べましょうかと、いつもは大抵、目の前で固まりチーズを削ってタップリのっけてくれるシーザーサラダをたのむんだけど今日は趣向を変えてシーフード。



    お願いしたらば、おもしろい。
    ワゴンで大きなサラダボウルを運んできたかと思ったら、ワゴンの上にシェイカーひとつ…、それを持ち上げ、シャカシャカシェイクをして混ぜる。
    2種類のドレッシングをこうしてひとつに混ぜ合わせ、香りや風味を目醒ませてからかけると一層、おいしくなるからというコトで、なによりこういうパフォーマンスをしている人の笑顔がステキでお腹がなります。
    深いボウルの一番下には千切り大根。
    葉っぱ野菜に白身の魚に脂ののったサーモン、ホタテ、ボイルしたイカ、殻付きアサリと具だくさんにてかなりのボリューム。
    柑橘系のさっぱりとしたドレッシングと、醤油ベースの風味豊かなドレッシング。そこにトビッコが混ざってプチプチ、口の中で小さな爆発がずっと続いているようなたのしい食感。
    かなりタップリの野菜をあきることなくたのしめて、お腹の中にスキッと全部おさまっていく…、ありがたいなぁって思う一皿。

    そしてステーキ…、ヒレをもらいます。



    グリル野菜をサイドにしたがえ、焼き目のキレイで凛々しい一品。
    なにより鉄板じゃなく白いお皿にのってくるのが上等で、レモンの上にメンテルバターと、見た目もとても正統派。
    冷やっと芯の部分はロゼに仕上がる焼き加減…、塩の風味が絶妙でソースもなにも必要なほど味わい豊かでおいしく感じる。
    脂をほとんど持たないフィレの部分は、さっぱりしていて時に物足りなさをかんじさせる部位。けれどそれにブイヨンを煮込んで吸わせた大根を、焦げ目つくまでグリルしたのを下にしき、ジュワッとうまみが滲む食感くわえて補う。
    ボクがもし、おじぃちゃんになってもこれなら多分、ペロリと平らげられる…、そう言う料理がこれからもっと必要になるに違いないって思ったりした、お昼時。


    関連ランキング:ハンバーグ | 港南台駅本郷台駅



    それから移動…、湘南新宿線にのって北に向かってゴトゴト走る。
    大船をでて終点近くの古河に向かって2時間ちょっとの在来線の電車旅。
    ランチの試食でお腹もほどよく満たされている…、けれど大船といえば大船軒でありまして、手ぶらの2時間旅はさみしい。だからと鮨折り、ひとつ買います。



    鰺の押し寿司…、この大船軒の名物のこれ。
    強めに酢〆た鰺の切り身をターバン巻くようにクルンと折って、シャリの上に乗っけた鮨で、ときおり無性に食べたくなる味。
    そっけないほど甘みをもたず、お酢の旨味と、青い魚の風味で味わうシンプルなこれ…、噛めば噛むほど鰺の旨味がにじみ出し、少な目ご飯のお陰で口には魚だけしかないような、そんな豪華におそわれる。
    昔はもっと鰺がムッチリ、脂が強くて肉感的な味がした。
    今ではバッサリとした枯れた食感、味わいで、みずみずしさをなくしてしまったような気がする…、それでもご当地グルメのひとつでございましょうと、電車の中でほおばった。

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    大船軒
    横須賀市民なので葉山のカウベルと大船軒のお弁当は小さい頃からお世話になっています。
    つい最近、母が大船軒本社にカフェーが出来て、そこでできたての押し寿司を食べることが出来ると教えてくれました。
    是非、何かの折に鎌倉へ来られるような事がありましたら、行ってみてください
    しゅりこさん / 2013/08/28(Wed) /
    それはステキ!
    > しゅりこさん
    出来立ての押し寿司…、しかも大船軒のがいただけるなんて、ステキすぎます。
    おいしい情報、ありがとうございます。
    機会があったらぜひ、行ってみますネ。
    サカキシンイチロウさん / 2013/08/28(Wed) /
    親孝行 HOME グレースの朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]