忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜を家飯…、祝日らしき夜にしましょうと、あれやこれやと。
    2213773b.jpegまずは鶏の唐揚げ作る。
    鶏の胸肉、もも肉をぶつ切りにして、それをまずはタレに漬け込む。
    醤油ににんにく、生姜を叩いたモノにそれから紹興酒…、合わせ調味料と肉をジップロックに入れてそのまま空気を抜いて冷蔵庫の中で休ませる。
    色がほどよく変わったところで水気をとって片栗粉をまぶしてサクッと二度揚げ。
    千切りキャベツを敷いたところに盛りつけて、そのまま食べても鶏のうま味が十分おいしく、スイートチリをつけて食べると、これがムチュンと味わい深い。

    14536a6f.jpeg熱々状態もおいしいけれど、ちょっと冷めた頃合いがうま味が落ち着き肉もフックラ、おいしく感じる。
    食卓に唐揚げがドッサリおいてある光景ってなんてステキと思う夜。

    それからレタスの炒めモノ。
    朝に使ったサンドイッチ用のレタスをほぼ丸のまま。
    芯だけくりぬき、ザックリちぎって煙が出るまで熱したフライパンにバサッと入れたらチキンストックをちょっとだけ。
    ふりかけ蓋して蒸し焼きにする。
    オイスターソースをかけてパクリと。
    シャキシャキ、繊維がたのしくてしかもツルンと焼けたレタスの肌はなめらか。
    オイスターソースのうま味がレタス本来の甘みをひきたて、なんとおいしいオゴチソウ。

    それから〆にカシミールカレー。
    丸大食品のレトルト商品でソースだけが売っていて、それを使って作ってみます。
    じゃがいも茹でて鶏を焼き、細かく切った茄子をポトポト、軽く煮込んで出来上がりという簡単にしてこれが本格的なるカシミールカレー。
    龍角散のような匂いと、スキッと脳天突き抜ける爽快感を持った辛味…、うま味も自然でロイヤルホストのカシミールカレーもかくありなんって感じのゴチソウ。
    お腹もほどよく満たされて、よき夜となる、月曜日。

    0f4541eb.jpegそれにしても今日は揚げ物が重なった…、天ぷら、フライドチキンに夜の唐揚げ。
    油のコトが気にはなるけど、我慢できないダメダメおじさん(笑)。
    こんなフライヤーがあればいいかも…、ってかなり思った。

    フィリップスから発売される「ノンフライヤー」。
    「揚げずにフライものを作る」コトができるという調理器で、どうなっているか?って言うと、高温に熱した油を空気に混ぜて、それを素材に吹き付けるコトで調理をしているというのであります。

    うーん、科学でございます。
    空気で揚げる。
    だから最小限の油で揚げたように仕上げることができるという。
    しかもサクサク。
    だって油槽に浸かっていない。
    浸かっていないということは、ずっと乾いた状態で調理することができるという、ヘルシーなのにおいしければいいな…、って思う。
    唐揚げだったら300gくらいまでを12分ほどで調理できるみたいで、大家族にはむつかしいけどボクのような世帯にはいいかもね…、って思ったりする。



    ヨーロッパではもう2年以上前に発売されていて、おそらく日本の規制に合わせてカスタマイズするのが大変だったのでしょう。
    ヨーロッパの家電ショーでこれが発表されたとき、これで体にやさしいフレンチフライ屋さんを作るコトができぬかと問い合わせたけど埒が明かずに断念をした…、そんなコトを思い出す。
    お値段30000円ほどで、ポチッと手に入れるコトができるようであります…、どうしよう(笑)。
     

    拍手[6回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    岩のり・スタバ HOME てんやの昼にケンタッキーフライドチキンライスのおやつ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]