忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    野菜をたのしく食べたいなぁ…、ってモスに来ました。
    エビカツをレタスで挟んだ菜摘みを食べようと、「菜摘み下さい!」っていったんだけど、「申し訳ございません、先月で菜摘みは終わってしまいました」と…。



    なんて哀しい…、菜摘みはこれからずっとやってく商品だって思っていたのに季節限定商品だったようでございます。
    食べるのやめてしまおうか、って思ってしまった…、凹んだワケです。
    でもせっかく来たんだ、何か代わりに食べようと、それで結局、エビカツバーガーをたのんで食べる。
    野菜を食べに来た目的を達成しようと、サラダセットにいたします。
    アイスティーをサイドに添えて、まずはサラダをパクパクシャクシャク。ドレッシングを使わずそのまま野菜の味を味わう所存。
    レタスが甘くて、パプリカの香りとスライスオニオンの辛味をたよりにパクシャク食べると体が潤う、オゴチソウ。



    厨房の中で油で焦げる匂いがしてきて、そしてやってきたエビカツバーガー。
    内側がこんがり焼けたバンズを、ヨイショ!と持ち上げんがばかりの勢いでタップリ入った千切りキャベツ。
    これをみると、あぁ、モスってやっぱり日本のお店なんだなぁ…、って。
    マクドナルドもチキン竜田のような日本的なる商品を作るときには千切りキャベツを使うけど、千切りキャベツを使わせたらばやっぱりモスが日本一。
    日本一ってコトは、世界一でもありましょう!
    洋食をパンではさんだって感じがするのがたのしい…、噛むとクシュッとパンが歯切れてサクサクとしたパン粉衣が口にちらかり、それを千切りキャベツが拭ってスキッとおいしくさせる。
    なんだか気がすむ感じがしました…、オキニイリ。

    それはそうと、この店、おばぁちゃんスタッフが大学生らしきバイトくんたちを教育している。
    どちらも真面目で、特にバイトくんたちの真剣な顔が印象的…、教える方も教わる方も一生懸命でいいなと思った、午後のコト。

    ところでとうとう、iPhoneくんがdocomoからもでることになる…、iPhoneのシェアが突出している日本でますますiPhoneユーザーが増えるんでしょうネ。



    ボクが使ってるiPhone5と外観はほとんど変わらずスペックだけはかなり充実した「5s」はあんまり羨ましいとは思えない。
    実機が出てきてさわってみたら、気持ちが揺れるかもしれないけど…。
    なによりシャンパンゴールドを出すっていうのが気に食わない(笑)。
    中国人やアラブの石油成金さんには売れるんでしょうネ…、金無垢のロレックスをうっかり買ってしまう人たち向けかもしれない。
    そのうち「石入りモデル」なんて出したら結構、売れるかも…。



    一方、廉価版と言われる「c」にはちょっと惹かれる。
    Appleの製品って、最近しばらく人を突き放すようなストイックなうつくしさの方に向かっていっていたけど、これはポップで軽やかでいい。
    ケースとの組み合わせもオモシロイしネ。
    iPhoneという製品が、やっとコモディティになったってコトなんでしょう。
    これで防水モデルを出してくれればiPodの代わりに2台目に買っちゃいそうなたのしいガジェット…、そのうち、セブン-イレブンで売られていてもおかしくはない大衆商品になるかもしれない、どうだろう。

    オフィシャルビデオを貼っておきます。



    ちなみにビデオの中で一生懸命「安っぽくない堂々としたプラスティック」って何度も何度も、念を押しているのがオモシロイ。
    プラスティック=安っぽいっていう思い込みが市場にはあるんでしょうな。
    そんなコトはないのにね。
    例えばミッドセンチュリーの時代のプラスティックなんて、新しくて不機嫌なムードや気分を笑い飛ばすような軽やかな素材で、ボクは嫌いじゃないなと思う。
    それから…。
    ジョナサン・アイブっていつのまにか「ジョニー・アイブ」になってたのね。
    顔もフックラされたようでございます(笑)。

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ゴジュウサン HOME ハルチカの昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]