忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝を近所の蕎麦屋でしました。
    0147377e.jpeg四谷三丁目の気軽な蕎麦屋と言えば「弁天庵」が一番のオキニイリであるのだけれど、たまに食べたくなるのが「小諸そば」のかき揚げ。
    あるいは季節の変わり蕎麦でありまして、特に夏を中心としたこの時期は冷たいいろんな蕎麦が次々やってくるので気持ちがこっちの方に向かったりする。
    もともとかなり正直でシッカリとしたお店であります…、なるべく蕎麦は茹でたてで、天ぷらもお店でなるべく揚げるようにというポリシー、だから失望することがない。

    979ed791.jpeg今の季節の蕎麦は「ナスそば」。
    冷たい蕎麦に、煮込んで冷たくした茄子。
    カツオ節に茹でたオクラに大根おろし。
    すった生姜をタップリのせて、夏の季節のお腹にピッタリするレシピ。
    今日の青くて高い空にもピタリとはまる。

    ココのお店の好きなところがいくつかあってそれのひとつが薬味がタップリ、テーブルの上に用意されてるところであります。
    一味に七味、柚子胡椒。
    わさびがおいてあるとこは当たり前ではあるのだろうけど、ネギがタップリ。
    だから自分でのせるかのせぬか、好きにほどこすコトができる。
    「ネギ抜きで」なんて注文しなくてすむのがありがたくって、それが好き。
    これと一緒に小さいかきあげ丼をたのんで食べようと思ってたんだけど、食券販売機のどこにそれがあるのかわからず、右往左往をしてしまう。
    たまにしか来ないとこうした流儀がわからなくなる。
    しかも歳をとるとこうしたコトに対する直感力とか、把握力とかが弱くなってしまうのでしょう…、あぁ、歳だって朝から思う(笑)。
    ウロウロしてたらお店の人にこえかけられて、めでたく注文叶った今朝。

    茹でたてでお作りします、かき揚げも今、ちょうど揚げているところですから少々お待ち下さいネ…、って言われてそれでしばし待つ。

    7fb7f607.jpegおまたせしましたとトレーの上に2つの器が並んでボクを待っている。
    そば湯はいかがいたしましょう…、というのでそれでそば湯も貰う。
    冷たい蕎麦ではあるけれど、ぶっかけスタイルの蕎麦のツユはどんどん薄くなっていく。
    だからそば湯で割って飲むって、たのしみかたには適さない。
    なのだけれど、実は別の使い勝手がありまして…。

    ココのかき揚げ丼は、どっぷり甘辛タレにタップリ漬け込み浸したかき揚げをご飯に乗っけたスタイルで、しかもご飯にもタレがタップリ。
    かなり濃い味。
    だからそれだけ食べるより、わさびを乗っけてそば湯をかけてサラサラ、お茶漬けにするのがおいしかったりするのであります。
    油の風味と、ツルンとスベスベした玉ねぎと、わさびの風味に紅しょうが。
    朝のお腹がポワンと温かになる食べ方で、だからいつもそば湯を貰う。
    塗りの木器の湯桶がこうして用意されてるところがうれしく、こうしたところに手を抜かぬお店がやっぱりステキだなぁ…、って思ったりした。

    蕎麦はグルンとお鉢の中の具材も全部混ぜ合わせ、七味をパラリとかけて味わう。
    1350bdb5.jpegそれにしてもひさしぶりでありました。
    そうして食べた今日の麺…、ちょっとモチモチ、粘り気があり蕎麦というより生のひやむぎみたいな食感。
    それはそれでおいしかったりするのだけれど、蕎麦とはちょっと違うよなぁ…。
    こうしたぶっかけスタイルでネバネバモノと一緒に食べると、そのネットリとした食感が一層強く感じられ、お腹が重たくなる感じ。
    まぁ、しょうがない…、朝からちょっと食べ過ぎたよねって思いもします、ちと反省。
     

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ワイワイランチ HOME 寿司で〆
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]