忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新宿でちょっと小腹が空きまして、それで気軽な蕎麦屋にきます…、「信州屋」という立ち食い感覚の気軽な蕎麦屋で、結構うまい。
    sinshu.jpg蕎麦玉をプレス機の中にいれて突き出しながら湯の中に入れ、グラッと茹でて出来上がりという韓国冷麺を作るような作り方。
    麺の断面がまん丸で、切って仕上げるわけじゃないのでツルンと喉越しが良くって、しかも、そばの香りも強く感じる…、最近、気軽な蕎麦屋でよく見るようになったスタイル。
    ただその分、タレとのからみがあまり良くなく熱い汁麺やぶっかけそばにはいいのだけれど、セイロでおいしく食べるにはちょっと工夫がいると思う、一長一短ある食材。

    4bdb3ef7.jpegここはかなり強めのタレで、ガツンと味をのせる店。
    そのガツンと感が恋しくて、それできたらばオモシロ商品があるではないの。
    カレーつけそばっていう商品で、冷たくしめたセイロをカレーを付けダレにして食べるというモノ。
    このスタイルは結構好きでござりまして、ためしてみようと食べてみる。

    いろんな工夫が満載されてて、食べてかなりのオキニイリ。
    まずカレー。
    ピリッとかなりスパイシーで、トロンとなめらか。
    典型的なる蕎麦屋のカレー。
    それを何かで薄めないと、麺をつけて味わえない。
    普通はそばの付けダレで薄めるところ、ここは肉そば用に 肉を煮込んだ煮汁で薄める。
    だからかなりコッテリ味のカレースープができるのですね。
    肉もタップリ、この肉自体もすき焼き味でかなりドッシリ、味がしみてる。
    そしてそば。
    茹で上げキリッと水でしめたのを丼に入れ、なんとそこにタップリ、鰹節をのっけるのです。
    洗った麺の表面についた水気をそれがすいとり、しっかり麺にしがみつく…、その鰹節が今度はカレーを吸い込んで、まん丸麺にスープが見事にからみつく。
    しかもカツオの旨味、香りがカレーと一緒に口にドスンとやってきて、まぁ、おいしいコトったらありゃしない。
    2fe6ec3d.jpegいつか自分もためしてみようって思う工夫でござんした。
    さらしたネギや、わさびが薬味でついてきて、ネギをのせるとシャキシャキカレーがみずみずしくなり、わさびをのせるとカレーと違った辛さと香りが、鼻からムワンと抜けていく。
    おもしろいなぁ…、この料理。
    これを試作したときに、みんなで試食をしながらニンマリ、してやったりって思ったんだろう…、ちょっとした工夫で料理は見違える…、いい勉強の午後のコト。



    関連ランキング:そば(蕎麦) | 新宿駅新宿三丁目駅新宿西口駅



    yasaiitame.jpgそれにしても「信州屋」という店名…、新宿という街が信州に向かって開かれた街だった頃の名残でしょうか。
    今でも「あずさ号」は新宿発。
    8時ちょうどの電車は、あずさ2号じゃなくて、スーパーあずさ5号になってしまったけれど、今でもこの新宿が始発駅。
    あずさ2号は9時14分に東京駅に向かって小さな旅をする。
    「わたしはわたしは、あなたから♪」たったひと駅「旅立ちぃますぅ♪」ってコトであります。
    オモシロイ。

    そして夜…、ちょっとお腹がすきました。
    普通ならココで確実にパスタであります。
    でも現在。
    野菜を食べる!をテーマに食習慣の改善中でありまして。
    ならば食べるな、我慢しろ!とツッコミを受けるコトを覚悟で料理。
    週末に使い残したキャベツと玉ねぎ、アスパラガスを使って料理をチャッチャと作る。
    まずはソーセージ・ハムを切ってフライパンで炒めて脂を吐き出さす。
    そこに玉ねぎ。
    透き通ってきたらキャベツとアスパラガスをくわえてツナ缶…、油も一緒に放り込み塩と胡椒で味整える…、たったそれだけ。
    キャベツが甘くてシャキシャキしてて、アスパラガスがほろ苦く、食べはじめると口の中がとてもにぎやか、騒々しくてすごくたのしい。
    味はそれぞれ野菜の味と、ツナのうま味でできあがる…、簡単なのにおいしくて、簡単だからおいしく感じる、お風呂に入ってあったまる。
     

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    炒め物美味しそう!!
    お仕事柄当たり前かもしれませんが、サカキさんの料理は盛り付けがすごく綺麗ですね^^

    炒め物もパスタも、適度に空気が含まれてて口当たりが良さそうだなーと思っていつも見てます。
    かっちさん / 2013/06/10(Mon) /
    ありがとうございます。
    > かっちさん
    人から見られる立場になると、どんどん人がキレイになっていくように、料理も誰かに見てもらえると思うと、キレイになってくるんだろうと思います。
    褒めていただいて、ありがとうございます。
    はげみになります。
    サカキシンイチロウさん / 2013/06/10(Mon) /
    無題
    ハムとツナで炒め物?!二つとも大好きな食材ですが、一緒に炒めるのは意外に思いつきませんでした!本日やってみますね!
    クロさん / 2013/06/12(Wed) /
    喧嘩しないんです
    > クロさん
    不思議と喧嘩しないんですよね、この両方。
    沖縄料理でも、ツナは出汁代わり、ハムやスパムは具材のひとつと、ひとつの料理に共存させることがよくあるようです。
    ツナがないときは、かつお節を使ったりしちゃいます。
    サカキシンイチロウさん / 2013/06/12(Wed) /
    亜麻亜亭 HOME E・A・T
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]